国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年9月

本案件を日程的にスムーズに実行するためのは、

東証一部、銀行、信用金庫の代表者に送金される「企業育成資金」について説明しています。前回のブログでは、初日の面談日は、土曜日か日曜日に行うことが理想的ということを書きました。これは、本案件を行っている主催者からの意見です …

申請スケジュールについての説明 

企業育成資金と言われる東証一部、銀行、信用金庫の基準を満たした経営者に対して送金される案件について説明をしています。 この案件における主催者からの希望は、面談日を土曜日か日曜日に行い、国への申請は、月曜日に完了させ、火曜 …

それぞれの運用ファンドが行っている案件をまとめてみると

基幹産業育成資金、企業育成資金などと言われている意味について言えば、この資金を運用している運用会社は、欧州の1つの会社によって行われています。また、日本向けに送金案件している運用ファンドが2箇所あるという説明をしました。 …

自国で問題解決できないときは、外国から解決をする

長年謎とされてきた巨額資金の謎、それは、送金の案件「WIRE CASH Transfer」と言われる欧州の運用会社からの日本への送金案件であることを本ブログで伝えています。 そろそろ、多くの関係者がこの事実に気づくべき時 …

資本金500億円以上・業種は、製造業・基幹産業にのみあるサービス

随分昔に「資金の先送り制度」ということを書いたことがあります。主催者に確認したところ、本案件を行っている運用ファンドは、2箇所、Z運用ファンドとK運用ファンドがあると話をしました。どちらも同じ欧州の運用会社で運用していま …

我々の重要な任務

ここ数回に渡って、日本の金欠病についての話を書いています。結論から言いまして、日本の金欠病の末期がんである「赤字国債」を治療したいと思って、日本国内のどんな治療法(増税に増税をしても)を対策しても解決する手段がないのです …

特効薬が必要だ

前回のブログでは、「金欠病」についての話を書きました。現在の金欠病は、日本の国が日本の中央銀行(日本銀行)に対して大きな借金をしているという話をしました。 日本の中央銀行に対して巨額な借金を国がしていることで、実は、その …

特効薬とは、

前回のブログでは、「金欠病」についての話を書きました。現在の金欠病は、日本の国が日本の中央銀行(日本銀行)に対して大きな借金をしているという話をしました。 日本の中央銀行に対して巨額な借金を国がしていることで、実は、その …

恐ろしい病魔から打ち勝つためには

今、コロナウイルスにおける経済危機が続いています。そのために、それ以上にひどい病魔があります。それはなんでしょうか? それは、「金欠病」です。この病気の対応策は、ワクチンなどの予防では、対応できません。この金欠病をなんと …

シンプルに説明してシンプルに伝える。

送金案件である「企業育成資金」についての説明をする上で、理解しなければならないことは、K運用ファンドもZ運用ファンドも同じ欧州の運用会社でPPP運用された資金を送金する案件になります。すなわち、KもZもファンドオーナーは …

地方財源の確保が急務である。金融機関の再編成時代が推進すれば、地方への民間財源のチャンスがなくなる

地銀再編の波が来るのではないかというニュースが流れています。新政権では、地銀再編を推進する可能性が高く、各地にあるファイナンシャルグループの傘下で、業績の悪い銀行がグループ企業になるか、もしくは、吸収合併して消滅するかの …

日本の経済支援案件をクリアーに説明すれば・・・

筆者がなぜこのブログを書き始めたか?それは、日本では、大企業の代表者に提供される資金について「機密資金」などと言われ、実態について理解されていないことを知り、その内容について、説明をすることにしました。筆者は、外国での生 …

国難を回避するには自ら行動をする

この案件は、欧州の運用会社からの送金案件であることを伝えています。すなわち、民間名義の運用された資金を日本に送金する案件です。歴史的な大きな出来事で生まれた運用ファンドですが、条件さえ満たせば送金を行い、普通に使える資金 …

プライマリーバランスの健全化を目指すのであれば、これ!

新たに首相がもうすぐ誕生するという状況下で、ニュースの話題になったのが消費増の必要性についてです。政府は、プライマリーバランスの健全化を目指すという目標を掲げるには、税収を如何に増やすかという問題に直面します。その中で、 …

現場は地道な努力を続けている

大企業の企業代表に対して巨額な資金提供されるという話のほんとうの意味を説明してきました。本ブログの読者は、その意味がよく理解できてきたのではないでしょうか?月間1万アクセス以上ある本ブログを経由して、関係者が、本当は、欧 …

業界情報、知らなければ露頭に迷う

基幹産業育成資金、長期管理権委譲渡資金についての謎ということで、空白の10数年と書きましたが、実際には、2003年頃から10年数年間行っていなかったということです。現在は、企業育成資金という名称で行っていますが、運用会社 …

この資金の制度が理解できれば、本質が見えてくる

基幹産業育成資金、長期間管理権委譲渡資金といわれ、現在では企業育成資金と呼ばれる資金は、すべて、PPP運用された資金の送金案件であるという話は、本ブログでは伝えています。また、この案件を動かしているのは、運用会社と銀行の …

長期間空白の時代があった驚愕の事実

大企業の経営者に提供されるという巨額資金の真相は、「欧州からPPP運用益の送金する際に、日本側の口座主(receiver)になる方に支払われるコミッション(謝礼)」であるということを説明しています。 非常にシンプルな案件 …

« 1 2 3 »

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.