持続発展できる資本主義社会をつくるために提案するシンクタンク

PPP運用スキームを用いた資金提供のモデルを公開。

企業育成資金は、巨大な資金を企業経営者(個人)に資金提供するサービスになります。なぜそれができるかは、海外で行われているPPP運用をベースに資金の創出をおこなっているからです。申請者ご本人が企業の代表者であれば、企業と同等の価値があるということを想定して、その同等の価値から与信枠を海外の金融機関で認定し、それをベースにFRBのライセンスを持ったPPPトレーダーによって資金の創出を行います。資金本部からは、先に大きな資金提供を受けますが、結論から言えばPPP運用益により資金を戻すことができるために資金提供ができるというスキームになります。企業経営者は、なにもしなくても資金が自由に使え、同時に返還不要の資金となります。

本資金 資金本保と余剰資金本部について

育成資金の申請条件(大口案件)

◎東証一部 資本金100億円以上の企業 業種 製造業、鉄道、電力 その他

◎銀行

◎信用金庫 預金高3000億円以上

上記の条件を満たした企業代表者(代表権を持った社員)(個人)(日本国籍)が申請可能な返還不要の給付金制度になります。

東証一部企業代表者の場合 資本金✕100倍
銀行、信用金庫代表者の場合 預金高✕2倍~3倍程度

※事業契約書いよっては、資金が増額される場合があります。
◎申請費用は無料です。育成資金が支給されるまで一切費用は発生いたしません。本制度の詳細については、当研究所にお問い合わせください。不明な点はすべて回答致します。宜しくお願い致します。
◎申請から資金投入、精算作業まで最短1週間で完了します。

※企業育成資金は、資金本部での審査、監督省庁での審査がございますので、ご希望に添えない場合もございます。その点はご了承ください。

2021年12月末までの案件(病院350床以上 直近の決算書の資産の部の合計が700億円以上)

企業育成資金において、期間限定になりますが、病院と信用金庫の案件があります。
◎病院は、350床以上になります。決算書上の資産の合計700億円以上 大手医療法人の理事長が対象。
資金提供額 目安 1床✕5000万円から1億円(350床以上)

 

2021年12月末まで信用金庫 預金高3000億円以上

◎信用金庫は、預金高3000億円以上から相談可能。
提供金額 目安 預金高✕2倍から3倍

代表理事が対象になります。今年2021年末までの案件です。ご相談ください。(期間限定)

東証一部資本金50億円から100億円(製造業)企業代表者向け2次資金 企業育成資金

2次資金の制度については、本資金という東証一部資本金100億円以上、銀行の代表者が企業育成資金を受けた場合同時申請で受けることができる企業育成資金の制度になります。よって、単体で企業育成資金を受けることができませんので、本資金の案件が実行されるまで長期間待たされうことがありますので、申請時には、その上を承知の上で申請してください。ただ、ご友人か関連企業で本資金を受ける立場のある企業代表者がいれば、同時申請をすれば、一緒に2次資金として資金を動かすことができますので、目安として資本金の100倍程度の資金提供が2次資金として調達可能になります。

 

企業育成資金申請希望者様へ

当研究所では企業育成資金申請サポートを行っております。企業育成資金への申請作業は完全無料でおこなっております。事前にメール及び電話でご相談の上、その後を実際に面談をし申請をサポートさせていただきます。よろしくお願いいたします。

企業育成機構@MSA 総合研究所

企業育成資金申請サポート

※新規仲介者様へ※

仲介者様へ育成資金への申請についての相談を多数いただいております。新規でお問合せ頂く場合、すでに全国に当研究所のサポート業務を行っている会員様が多数いますので、その方を経由してご相談ください。また、紹介者が全くない方に限り、事前にメールもしくはお電話で現在の活動状況についてご報告いただき、対応方法についてご相談させていただきます。

企業育成資金についての申請無料相談随時実施中!

当研究所では、企業育成資金についての無料相談を随時お電話で行なっております。当研究所にお電話いただき企業育成資金の相談ということをお伝え頂ければ、具体的な相談内容についてお伺いします。お電話だけで対応が難しい場合は東京都港区六本木の指定場所にて面談によりご相談いたします。

企業育成機構@MSA総合研究所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

当研究所では、財閥系企業育成資金についての研究と申請業務の無料相談をおこなっています。日本には、主に2種類の企業育成資金があります。1つは、米国政府から食糧支援における贈与金を中心にして運用して財源を作っている(米国)政府系育成資金と戦前から日本一と言われた財閥家系の私財を運用して企業育成資金の財源にしている財閥系育成資金との2種類があります。当研究所では、主に財閥系育成資金の申請業務についての無料相談を随時おこなっています。また、財閥系育成資金を活用して、どのようなことが可能などを研究してブログ等でレポートしております。当研究所の会員メンバーには、詳細情報も共有しておりますので、本案件に関係を持って活動したいという方は、当研究所にお問い合わせください。宜しくお願いいたいします。

企業育成機構@MSA総合研究所 
企業育成資金申請チーム

 

最新情報・ブログ投稿

人格なき社団の概要

MSA総合研究所について

MSA総合研究所は、東京都港区を所在地として設立されたシンクタンクです。持続継続できる資本主義社会をつくるために企業育成資金の研究を行い、関係者に活用を促進するための提言を行うシンクタンクです。

MSA総合研究所は、企業育成資金について研究しているシンクタンクです。日本経済の発展ための研究を行っています。資金の活用方法、申請方法についてもご相談ください。

随時無料相談実施中!   

メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで
Email:   msa@msa.tokyo  

無料相談電話番号 TEL 03-6820-0086 (東京 )

MSA総合研究所 LINE QRコード

質問等がございましたら、LINEをご利用ください。

 

MSA=Marketing System Association  の略称です。

企業育成資金の説明 (本制度は民間事業になります)

※企業育成資金は、通年募集をしています。いつでも応募できます!

企業育成資金についての紹介者へ

仲介者を経由して申請する場合は、MSA総合研究所では申請サポートを致します。ご相談ください。
※仲介者に対する紹介料などは、直接ご相談ください。ご説明致します

※申請可能かどうかの調査回答も致します。ご不明な点がございましたら、下記のメールもしくは、電話番号に問い合わせてください。
メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで

 TEL 03-6820-0086 (東京 )

----------------------------------------------------------------------------------------

企業育成資金について

企業育成資金は、運用組織によって運用され、中央銀行の送金ネットワークを中継して日本の指定銀行に送金されますが、政府財源ではありません。
民間資産の運用になりますので、送金に関すること、本案件で直接関係する業務遂行者は、民間人によって行われる案件になります。
資金は、国際協定によって活用されていることもありますので、資金の活用する際には、本人の活用方法は、自由裁量ですが、それ以外の資金で関係国への経済援助の財源も含まれています。
また、この制度を促進するために、民間人のコンサルタントも介入することができるようになっています。現在は、本制度のことを「企業育成資金」と呼ばれていますが、
企業育成資金に申請できる対象者は、(東証一部、銀行、信用金庫、大手医療法人理事長の日本国籍を有した代表権者個人)と決まっています。案件の詳細については、本ホームページで随時募集内容について告知しております。参考にしてください。

MSA総合研究所では、「企業育成資金について研究し、日本経済発展のために寄与したいと考えています。」本案件について詳細を伺いたい方は、当シンクタンクにお問い合わせください。

※企業育成資金に関する相談業務、申請代理業務、コンサルティング業務に関してすべて無料で対応いたします。下記の問い合わせ先からご連絡ください。

「企業育成資金」の申請業務を代行しているコンサルタント・仲介者様へ、

申請先が分からず困っている方も多くいるかと思っております。

企業育成機構、MSA総合研究所は、主催者である資金本部より広報業務及び資金本部と連携して本業務の募集事業及びコンサルティングを行っております。確実な申請ができますので、是非、ご相談ください。

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

MSA総合研究所では、真剣に日本経済の発展ために活動しています。

政治では解決できない経済対策を促進するために全国の個人の資本主義経済の発展に寄与したい有志を集めて、企業育成資金の活用を促進するお手伝いをしております。

私達は、21世紀の令和の時代に如何に日本経済を立て直すかをテーマに研究し、提言しております。

資本主義経済の中心は、資本です。市場に十分な資本があってこそ資本主義経済が円滑にまわり、そこで生活する国民生活の幸福にも繋がります。

資本主義社会の根本は、銀行家が資本を運用し資金を増やし、その資金を資本家に分配することで資本家が資本をもって、産業をお越し、産業が生まれたことで、労働者は仕事の場を得て、安定した収入を得ることができ、国民生活の安定に繋がります。

資本主義社会は、国家と銀行家は関係はありますが、国家が資本を提供するモデルになっておりません。民間組織である銀行家が資金を生み出すモデルによって、資本主義経済を作っています。

政府では景気回復について、論議されていますが、借金を伴わない形での通貨流通量を増やすことは、国の審議だけでは、決定することができません。あくまでも、民間人による資本主義発展のための企業育成資金を動かす活動が必要になります。それは、国際法で決まっています。民間人が、東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者に対して、企業育成資金の制度をきちんと説明して、活用することで、欧州に保管している日本に使用権がある巨額資金を移動して、日本市場で活用することができます。

日本経済の発展の希望がないわけではないのです。日本経済を発展するための方法を多くの関係者が理解していないことが原因しています。
すなわち、資本主義経済の発展は、資本主義経済の発展の歴史と、資本をどうやれば、効率的に増やすことができるかを知ることから始まります。

MSA総合研究所の見解は、関係者に資本主義経済の発展のプロセスについて理解をしていただければ、日本経済の発展は必ずできると確信しています。「失われた30年」と言われる時代の終局は、近いと考えています。私達は、あくまでも本制度を研究し、助言することを目的にしております。

MSA総合研究所では、随時無料相談を実施しております。詳しくは、「無料相談窓口」をご覧ください。

企業育成機構@MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email :msa@msa.tokyo

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

最寄り駅は、麻布十番駅(徒歩5分程度)

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.