企業育成資金を始めとする私募プログラムからの資金調達方法についての研究および支援事業を展開しています。割引債、割引ゴールド、割引株のPPPについての案内・秘密厳守で企業育成資金の申請をします。

すべての国家対象 人道的支援 寄付プログラム 各国US$10Bの無償寄付

デジタル米国債通貨を発行する財団から、世界のすべての国家に対して、人道的支援としてUSD10Bの寄付が受けられる制度があります。国家元首が式提供する財団と調印することで、人道的支援としての寄付を受けることができます。発展途上国などではドル不足でドル決済が出来ずに困っている状況にある国が多数あります。そのような国家の貿易を支援する目的で、政府保証によってドル決済を支援する仕組みがあります。MSA総合研究所の代表は、世界的デジタルUSーTボンド通貨のを発行する財団の日本、東アジア代表のアンバサダーを努めています。対象は世界のすべての国家が対象です。ご興味がございましたらご相談ください。

「誰でも参加できる年金や給料のようなPPP給付金システム」パソコン、スマートフォン教室 1日1組3人まで マンツーマン教室 随時参加者募集  IN 東京都港区麻布十番

PPPの世界では、いろいろな内容が存在しています。
筆者は、注目しているのが、スイスのプラットフォームが提供している小口のPPPのスキームです。これは、一般の普通の方でも参加できるスキームで、発展途上国で人気が上がっているPPPのスキームになります。
当然ユーロ基準でのPPPになりますが、毎月年金や給料のように運用益が得ることが出来、誰でも参加できる金額からスタートできるスキームが最高です。
このようなスキームを提供できるのは、プライベートバンクが発展したスイスの企業だからできるプラットフォームと思いますが、プライベートバンクでは、数千万円の運用が最低といわれますが、このスキームは、日本円で数十万円からスタートが出来き、一般的に言われるPPPの通常運用益といわれるレベルの運用益が1年の資金のブロックで実現しています。
存在するのは、日本円とユーロの為替リスクがありますが、ユーロベースでの運用ですから、これは、非常にメリットがあります。
この誰でも参加できる年金のようなPPPシステムです。
必要なものは、インターネット環境とパソコンとスマートフォンがあれば、すべて完了できます。簡単に言えば、パソコンでスイスの企業のプラットフォームにつないで作業をします。
「今後は、誰でもできる年金や給料のようなPPPについての勉強会、パソコンとスマートフォンの使い方」の勉強会を開催します。
この仕組については、かなり複雑ですので、マンツーマンで教える必要がありますので、1日一組で、最大3人まで 教室は、東京都港区麻布十番(麻布十番駅4番出口集合)になります。そこからご案内します。 勉強会には、ノートパソコンとスマートフォンを持参ください。興味のある方は、メールで問い合わせください。
msasouken@gmail.com

TEL 05053396105 直通

※これは、仲介者を募集している案件でなく、PPPを実際に行ってみたいというご本人様のみにしてください。
※場所は。麻布十番駅4番出口から集合でご案内します。
※1日1組最大3人まで
※持参するもの ノートパソコン、スマートフォン、パスポート、運転免許証をご持参ください。インターネットアクセスする際に身分証明書が必要になります。
※勉強会は無料です。2時間から4時間 開催時間は、メール、電話で打ち合わせの上決定します。

企業育成資金申請窓口 無料相談実施中!(電話&メール)

当会で、企業育成資金についての無料相談を随時開催しています。
当会は、企業育成資金の正規申請窓口です。
□割引株PPP案件 □ゴールドブリッジローリング取引案件 相談窓口

TEL 03-6820-0086
午前10時から午後8時まで
メール相談(24時間)Email: msasouken@gmail.com

案内資料

企業育成資金の解説 まとめ ←説明用資料です。ダウンロード

企業育成資金の私募(募集内容について)

 

★2022年8月末で基準が変更になります。

現在―2022年8月末

 1東証プライム 資本金100億円以上
2銀行
3信用金庫の預金高3000億円以上
***************

2022年9月1日以降
1東証プライム 資本金300億円以上
2銀行
3信用金庫の預金高3000億円以上
**************

上記の企業の代表権のある個人

 

企業育成資金とPPPセミナーについて
お金についての歴史を知れば、通貨の仕組みが理解できる。基本がわかれば、なぜ、企業育成資金(PPP)であるか理解できる。

MSA協定について(企業育成資金の基本的ルール)

企業育成資金の基本的ルールになっている法令は、1954年に日米間で結ばれた相互安全保障法が関係しています。日米相互防衛援助協定と呼ばれています。

□第5条資金についての解説、(これは、政府と分離して保管すると明記しており、第三者から影響受けない独立した資金になります)

□この条約は、国連に登録された国際条約になります。 99年間の期限(2053年まで)

米国(米軍)管理している日本の平和維持資金(産業支援制度)について

資金の保管について書かれています。

特権である(免税、免責、免訴、)についての記述

下記のURLから全文がダウンロードできます。↓↓↓

https://kokkai.ndl.go.jp/minutes/api/v1/detailPDF/img/101903968X01519540312

最近の投稿

企業育成資金の解説【償還制度とPPP運用について】

私募プログラムの仕組み(法律・ビジネススキーム)

企業育成資金の仕組み

 

企業育成資金という話を聞けば、多くの方が、極秘で大きな資金を運用されており、天文学的数字の資金を管理する資金者から資金提供されるという話を信じている方が多くいます。
しかし、実際の話しは、日本国(政府保証)により投資銀行より資金調達(融資を受けて)、その財源の半分は、企業の代表者へ返還不要の資金として提供し、半分は、米国FRBのPPP運用をして、投資銀行へ資金を返済するというモデルで資金提供が行われています。
日本国(政府保証)・国家が支払いを保証するということで、投資銀行から資金調達(借入)を調達します。確実に返済するために、利益保証できる運用方法、FRBのPPP運用により、投資銀行の資金を完済することで、本制度は、返還不要の資金として申請者に自由に活用できる資金を提供できます。動かす金額が大きいために驚く方もいますが、安心して使える制度になっています。是非、ご活用ください。

償還制度の解説(東証プライム 資本金100億円以上、銀行の代表権者個人申請)

償還制度による資金提供のスキームは、昭和26年よりスタートしています。政府保証をすることで、投資銀行より資金の融資を受けて、その資金の償還方法については、運用によって償還するという仕組みです。

効率よく運用償還するために、米国FRBが提供するPPP運用による償還が行われ、安全で確実に短期間で返済可能にしています。PPPは、米国の連邦法における1933年米国証券法、愛国者法が関係しており、インサイダー取引の禁止、テロ、反社会体制関与、マネローンダリングの禁止が決められております。財源に関してはは、財務省に関与する資金の禁止、中央銀行(日銀)に関する資金の禁止が決められています。よって、資金調達については、民間の投資銀行を通じて、民間の名義人、民間プロジェクトとして、インサイダー取引にならないために、プライベート(私募)による募集が行われています。非公開で関係者を経由して、案件が進められます。簡単に言えば、紹介者からの紹介なしでは、本案件には申請出来ないということになります。MSA総合研究所では、良きパートナーとなるめの支援を行っています。

余剰資金本部 (信用金庫預金高3000億円以上の代表理事向け案件)

企業育成資金には、余剰資金本部が行っている信用金庫の預金高3000億円以上の理事長を対象に資金提供する私募による募集案件があります。余剰資金本部によって運用されて積立されている資金から、資金提供される案件であります。また、その資金も運用して財源を元に戻すことを行っています。積立金⇒資金提供⇒運用による財源確保⇒積立金 という循環型で資金提供を行なっています。企業育成資金における余剰資金本部の役割は、政府保証で償還制度によって資金提供が出来ない案件に対して、資金提供を行うということを行っています。また、償還制度で資金提供が難しい業種・企業に対しての資金提供も、余剰資金本部が対応する場合があります。これは、運用条件を満たしていることが最低条件になります。資金提供をして資金運用が出来て初めて、本制度が成り立ちます。こちらの案件も私募による募集方法によって行われています。余剰資金本部の資金も免税、免責、免訴、返還不要資金として提供されます。

MSA総合研究所では、良きパートナーとなるめの支援を行っています。

PPP運用の基本を知る。

企業育成資金の仕組みでいちばん重要な部分は、PPP運用ということになります。PPP運用とは、一体どんな運用でしょうか?取引としては、FRBのトレーダーライセンをもった専門のトレーダーが、特定のクライアントに対して、大口の中期割引債(MTN)など中心に割引債の短期転売取引により収益を上げるモデルで投資者にリターンをバックする投資モデルです。投資者は、自ら持つ現金、アセット、ゴールドなどの担保力を提供することで、トレーダー銀行がそれに対するクレジット・ラインを発行します。トレーダーは、トレーダー銀行でクレジット・ラインを発行されたことで、その資金力を使って、割引債の転売を行います。銀行券の割引債の場合、満期になれば、確実に現金化できますので、転売することで、割引率の範疇であれば、利益が確実に確保することができます。割引されたMTNの短期売買を繰り返すことで、大きな収益になります。これは、証券市場におけるプロ市場で閉鎖された環境下で行われるトレードになります。公開募集をしておらず、私募として非公開で募集されています。

企業育成資金の申請方法の解説

企業育成資金の申請方法について(申請フローの解説)

① MSA総合研究所の電話もしくは、メールで対象企業の申請者が申請可能であるかを確認してください。
② 資金本部に確認後、申請可能かどうかを回答します。
③ 申請者と紹介者代表1名とで、当研究所指定の面接会場に起こしください。(東京都港区内)※紹介者の代表者もしくは、申請者が事前に企業育成資金の説明を希望される場合は、ご説明いたします。(面談場所は、東京都港区の指定場所)※案件がなく冷やかしでの説明依頼はお断りします。悪しからず
④ 初回面談実施(申請者及び資金本部との面談)申請意思の確認
⑤ 申請者への手続きを開始、法的手続き、銀行の手続きの準備ができた時点で、資金本部より連絡をして、本契約を行います。(東京都内指定場所、指定時間に実施します)
⑥契約完了後、(火曜日、水曜日、木曜日)の内、いづれかの日程で入金、精算作業を行う。(指定銀行にて)

※申請者が銀行の代表権者の場合は、申請者の所属銀行の御本人個人口座への入金も相談可能です。不明な点がございましたら、MSA総合研究所にご相談ください。

企業育成資金の申請受付は、MSA総合研究所にご相談ください。無料相談実施中!

企業育成資金は、東証プライム 資本金100億円以上の企業代表権者様を対象に資本金×100倍の提供を致します。銀行に関しては、預金高×3倍から4倍という基準で資金提供します。
これは、日本国の保証と償還制度、米国PPP運用の制度を活用し、免税、免責、免訴、返還不要の資金として提供されます。資金は、自由に活用することができます。
例えば東証プライム 資本金300億円の企業の場合、代表者様に3兆円の資金提供されます。(資本金の100倍基準)
銀行の場合は、預金高3兆円の場合、3倍から4倍ですから、10兆円前後の資金提供がされます。金額が大きいので驚かれますが、これは、国家が保証するということで巨額な与信枠を得ることができ、国際的金融機関から資金を調達し、資金提供します。償還制度については、米国FRBのPPP運用を用いて、民間プロジェクト資金として運用し償還します。一般的に、PPPの運用期間は、最長5年間という規定がありますが、償還は、1年以内に完了できます。申請費用は無料です。私募プログラムで行われている制度ですので、非公開案件になりますが、主催者に当研究所がご案内いたします。
申請者ご本人様、仲介者様で申請方法、申請場所がわからないなど問題がある場合には、ご相談ください。無償にて完全サポートいたします。MSA総合研究所にメールもしくは、お電話をください。LINEでの相談も受け付けています。

誰も教えないお金の大学校

MSA総合研究所では、「誰も教えないお金の大学校」という教育機関プログラムを実施しております。国際金融について関心のある方に対して教育目的にセミナーを実施しております。国際金融の仕組みを理解することで、日本経済に貢献できる人材育成を目指しております。

★誰も教えないお金の大学校セミナーについて

MSA総合研究所では、国際金融、PPP、企業育成資金についてのセミナーを行っています。日本では馴染みのない制度ですが、米国及び西ヨーロッパのプライマリーバンクを活用して、PPPが行われています。その制度についての概要の説明を行っています。

企業育成資金についての解説(PPP 私募プログラム)

企業育成資金は、日本の産業支援のために1951年からスタート舌制度になります。これは、ICC 国際商業会議所フランスに日本が加盟した時点から始まっています。ICCの規約に「譲渡可能なクレジット」という仕組みがあり、政府保証された資金をもとに、海外の金融機関から資金調達をすることで、その資金の一部を基準を満たした企業の代表者に資金を返還不要の資金として提供しています。資金については、西ヨーロッパの銀行、プラットフォームによって行われているPPP(私募プログラム)によって、運用された資金で財源を作り償還するモデルで申請者ご本人は、資金の返済義務が発生しません。また、この資金は、国家に貢献する資金ということもあり、「免税、免責、免訴、返還不要」の資金として、申請者ご本人に提供されます。
対象者は
【資金本部案件 本資金:別名 本償還】
1,東証プライムの資本金100億円以上 (提供金額)資本金×100倍
2,銀行(都市銀行、地銀、ネット銀行:提供金額 預金高×3倍~4倍)
【余剰資金本部案件 臨時案件 随時相談】
3,信用金庫の預金高3000億円以上
上記の企業に所属する代表権者個人(日本国籍)を対象にしてます。
※1は、保険会社、証券会社は対象外
※3は、期間限定ですので、詳細はご確認ください。
□私募プログラムで行われているために、非公開案件になりますが、資金本部によって通年募集されています。
□申請書類
1,名刺6枚、2,会社案内2部 3,パスポート 4,指定都市銀行の個人用銀行口座通帳 5,便箋  6,社用封筒(大6枚)(小6枚)
※申請時 個人用の銀行印が必要になります。
※封筒はツメをおらない。中心で中折りはOK
※面談時、上記ものを持参していただければ、面談会場で書類を作成します
※面談後 10日以内に指定口座に入金します。(コンプラチェックで合格の場合)
申請書類説明文ダウンロード↓
企業育成資金 申請書類説明

育成資金の申請条件

◎東証プライム 資本金100億円以上の企業 業種 製造業、鉄道、電力 その他
◎銀行
信用金庫 預金高3000億円以上 (期間限定 要確認)
上記の条件を満たした企業代表者(代表権を持った社員)(個人)(日本国籍)が申請可能な返還不要の給付金制度になります。

東証一部企業代表者の場合 資本金✕100倍
銀行の場合 預金高✕2倍~3倍程度

※事業契約書によっては、資金が増額される場合があります。
◎申請費用は無料です。企業育成資金が支給されるまで一切費用は発生いたしません。本制度の詳細については、MSA総合研究所にお問い合わせください。不明な点はすべて回答致します。宜しくお願い致します。
◎申請から資金投入、精算作業まで最短1週間で完了します。通常は、10日から2週間程度

※企業育成資金は、資金本部での審査、監督省庁での審査がございますので、ご希望に添えない場合もございます。その点はご了承ください。

企業育成資金申請希望者様へ
当研究所では企業育成資金申請サポートを行っております。企業育成資金への申請作業は完全無料でおこなっております。事前にメール及び電話でご相談の上、その後を実際に面談をし申請をサポートさせていただきます。よろしくお願いいたします。

企業育成機構
MSA 総合研究所
企業育成資金申請サポート

企業育成資金についての申請無料相談随時実施中!

当研究所では、企業育成資金についての無料相談を随時お電話で行なっております。当研究所にお電話いただき企業育成資金の相談ということをお伝え頂ければ、具体的な相談内容についてお伺いします。お電話だけで対応が難しい場合は東京都港区六本木の指定場所にて面談によりご相談いたします。よろしくお願いいたします。

 

企業育成機構
MSA総合研究所

企業育成資金申請チーム

 

所在地、目的について

MSA総合研究所は、東京都港区を所在地として設立されたシンクタンクです。持続継続できる資本主義社会をつくるために企業育成資金の研究を行い、関係者に活用を促進するための提言を行うシンクタンクです。

MSA総合研究所は、企業育成資金について研究しているシンクタンクです。日本経済の発展ための研究を行っています。資金の活用方法、申請方法についてもご相談ください。

企業育成資金についての無料相談実施中! 

メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで
Email:   msasouken@gmail.com

無料相談電話番号 TEL 03-6820-0086 (東京 )

MSA総合研究所【日本私募プログラム研究会】 LINE QRコード

ご質問がございましたらLINEでも対応いたします。よろしくお願いいたします。

 

企業育成資金についての紹介者へ

仲介者を経由して申請する場合は、MSA総合研究所では申請サポートを致します。ご相談ください。
※仲介者に対する紹介料などは、直接ご相談ください。ご説明致します

※申請可能かどうかの調査回答も致します。ご不明な点がございましたら、下記のメールもしくは、電話番号に問い合わせてください。
メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで

 TEL 03-6820-0086 (東京 )

----------------------------------------------------------------------------------------

 

随時無料相談を実施しております。詳しくは、「無料相談窓口」をご覧ください。

企業育成機構@MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

【日本私募プログラム研究会】MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。当研究会では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

【連絡先】

【日本私募プログラム研究会】
MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.