持続発展できる資本主義社会をつくるために提案するシンクタンク

誰も教えないお金の大学校

企業育成資金の新制度「東証プライム 資本金100億円以上、銀行の代表権者」に申請基準なりました。

2022年4月より東証の名称が大きく変わります。それに従い、企業育成資金の基準も東証の新基準に対応することになりました。東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方が対象に政府補償で資金調達をした資金を民間プロジェクト資金として提供します。(返還不要、免税、免責、免訴)

提供金額は 東証プライムは、資本金の100倍、 銀行は預金高の3倍程度となっています。ご相談ください。

 

誰も教えないお金の大学校

MSA総合研究所では、「誰も教えないお金の大学校」という教育機関プログラムを実施しております。国際金融について関心のある方に対して教育目的にセミナーを実施しております。国際金融の仕組みを理解することで、日本経済に貢献できる人材育成を目指しております。

 

 

 

★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定! 

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

第3回目 開催
日時 2022年4月21日(木曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名
場所
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会
■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
講師 当ブログ筆者による講義を行います。
本ブロブの読者であれば無料参加できます。
宜しくお願いたします。
感染対策のためにマスク着用をお願いします。

 

PPP運用スキームを用いた資金提供のモデルを公開。

企業育成資金は、日本の産業支援のために1951年からスタート舌制度になります。これは、ICC 国際商業会議所フランスに日本が加盟した時点から始まっています。ICCの規約に「譲渡可能なクレジット」という仕組みがあり、政府保証された資金をもとに、海外の金融機関から資金調達をすることで、その資金の一部を基準を満たした企業の代表者に資金を返還不要の資金として提供しています。資金については、西ヨーロッパの銀行、プラットフォームによって行われているPPP(私募プログラム)によって、運用された資金で財源を作り償還するモデルで申請者ご本人は、資金の返済義務が発生しません。また、この資金は、国家に貢献する資金ということもあり、「免税、免責、免訴、返還不要」の資金として、申請者ご本人に提供されます。
対象者は
1,東証プライムの資本金100億円以上 (東証一部から東証プライムに変更になりました。)
2,銀行
3,信用金庫の預金高3000億円以上
上記の企業に所属する代表権者個人を対象にしてます。
※1は、保険会社、証券会社は対象外
※3は、機関限定ですので、詳細はご確認ください。
□私募プログラムで行われているために、主催者情報などは非公開になります。この規約は、米国証券法のインサイダー取引に関する規約に関係しています。
□申請書類
1,名刺6枚、2,会社案内2部 3,パスポート 4,指定都市銀行の個人用銀行口座通帳 5,便箋  6,社用封筒(大6枚)(小6枚)
※申請時 個人用の銀行印が必要になります。
※封筒はツメをおらない。中心で中折りはOK
※面談時、上記ものを持参していただければ、面談会場で書類を作成します
※面談後 10日以内に指定口座に入金します。(コンプラチェックで合格の場合)
申請書類説明文ダウンロード↓
企業育成資金 申請書類説明

 

 

本資金 資金本保と余剰資金本部について

育成資金の申請条件

◎東証プライム 資本金100億円以上の企業 業種 製造業、鉄道、電力 その他

◎銀行

信用金庫 預金高3000億円以上 (期間限定 要確認)

上記の条件を満たした企業代表者(代表権を持った社員)(個人)(日本国籍)が申請可能な返還不要の給付金制度になります。

東証一部企業代表者の場合 資本金✕100倍
銀行の場合 預金高✕2倍~3倍程度

※事業契約書いよっては、資金が増額される場合があります。
◎申請費用は無料です。育成資金が支給されるまで一切費用は発生いたしません。本制度の詳細については、当研究所にお問い合わせください。不明な点はすべて回答致します。宜しくお願い致します。
◎申請から資金投入、精算作業まで最短1週間で完了します。

※企業育成資金は、資金本部での審査、監督省庁での審査がございますので、ご希望に添えない場合もございます。その点はご了承ください。

企業育成資金申請希望者様へ

当研究所では企業育成資金申請サポートを行っております。企業育成資金への申請作業は完全無料でおこなっております。事前にメール及び電話でご相談の上、その後を実際に面談をし申請をサポートさせていただきます。よろしくお願いいたします。

企業育成機構@MSA 総合研究所

企業育成資金申請サポート

※新規仲介者様へ※

仲介者様へ育成資金への申請についての相談を多数いただいております。新規でお問合せ頂く場合、すでに全国に当研究所のサポート業務を行っている会員様が多数いますので、その方を経由してご相談ください。また、紹介者が全くない方に限り、事前にメールもしくはお電話で現在の活動状況についてご報告いただき、対応方法についてご相談させていただきます。

企業育成資金についての申請無料相談随時実施中!

当研究所では、企業育成資金についての無料相談を随時お電話で行なっております。当研究所にお電話いただき企業育成資金の相談ということをお伝え頂ければ、具体的な相談内容についてお伺いします。お電話だけで対応が難しい場合は東京都港区六本木の指定場所にて面談によりご相談いたします。よろしくお願いいたします。

 

企業育成機構@MSA総合研究所 
企業育成資金申請チーム

 

PPP(Private Placement Programs)について

PPPについて

PPP(Private Placement Programs )と西ヨーロッパで行われている私募プログラムがございます。MSA総合研究所では、PPPについての教育プログラムを行っております。国際金融について知識を得たい人に対して教育プログラムを実施しております。
※PPPというのは、キャシュバック【現金担保】をもとに、欧州の銀行がクレジット・ラインを発行をして、クレジット・ラインを発行したものをICC:国際商業会議所本部(フランス)の500番規定である「譲渡可能なクレジット」の規約をもとに貿易プラットフォーム企業に対してクレジット・ラインをリースすることで、クレジット・ラインのリース料から収益を得るモデルです。
貿易プラットフォーム企業は、国際貿易におけるあらゆるシーンで緊急的な資金が必要な際に、短期売買における資金を融通することで、大きな収益を上げる方法です。詳細については、MSA総合研究所では、教育プログラムで説明しております。(無料相談も実施中)
一般的には日本から欧州のPPPには参加できないと言われていますが、プラットフォームによっては、それに対応したモデルを用意しているという情報もございます。対応通貨は、USドル、もしくはユーロです。1M(ミリオン)の残高証明があれば、できるという情報もあります。
国際金融について知識を得たいという方に教育プログラムを実施しています。(誰も教えないお金の大学校)
キャッシュバック、クレジット・ライン、PPP、国際送金という世界を知ることで、信用創造の世界が理解できるようになるかと思います。MSA総合研究所はあくまでも教育を行う研究機関(シンクタンク)であり、勧誘を行うものでありません。

PPP貿易プラットフォームの仕組みと申請方法など一式の説明

PPP(私募プログラム)については、一般的に詳細の情報が公開されておりませんが、MSA総研では、PPPプラットフォームとの独自の関係があり、PPP貿易プログラムの入口を開くことができました。
あくまでも私募プログラムであるので、ご紹介者がなければ、申請することもできない仕組みになっております。MSA総研では、英国の国際弁護士グループ及びプラットフォームとの関係により日本市場におけるPPP貿易プラットフォームに申請希望者に対して、日本語で対応できる仕組みを構築しております。
ただ、これは、欧米の制度でございますので、FRBの面談は、日本語対応はありませんが、基本的な簡単な受け答えで、対応が可能になります。事前に国際弁護士よりアドバイスを受けることができ、面談の心得は理解できます。
その他、申請用紙であるKYCに関しても英文になりますので、必要事項の入力業務は、国際弁護士事務所がコンプラチェックを行い対応します。ご本人対応しなければいけない部分は、サイン証明(公証人役場)、PROOR OF LIFE(生存証明) 新聞の日付と本人写真、パスポート写真、 PROOF OF FUNDS(残高証明)これは、銀行が発行するA4サイズの残高証明(銀行員2名のサインと名刺)の添付に関しては、申請者が自らの対応になります。
さほど難しい話でなく、テキパキと対応できることが、FRBの面談に合格できる条件になります。それには、書類作成及びコンプラチェックを行う上での国際弁護士事務所とプラットフォーム、また、現場でのFRBとの調整が不可欠になります。あとは、申請者ご本人が積極的にPPP貿易プラットフォームに申請する作業すすめることで、PPP貿易プラットフォームの参加資格とFRBから合格することができます。
これは、テキパキとした作業を行える人物のみが、合格を勝ち取れます。この試験にパスすれば、残高証明の用紙のみで、PPP貿易プラットフォームが欧州の銀行に依頼をしてクレジット・ラインを発行して、そのクレジット・ラインでPPPプラットフォームに参加することができ、毎月もしくは、毎週、プラットフォームからのクレジット・ラインのリース料として資金が支払われるようになります。
残高証明はご本人ものですが、残高証明を提示すれば、補助金のように資金が振り込まれるということは、プロジェクト資金の調達として最高のプログラムと言えます。

PPPを用いたプロジェクトファイナンスの考え方

PPPにおけるプロジェクトファイナンスの方法について説明します。
まずは、資金の調達に関しては、自らの自己資金があるのが、一番すばらしいのですが、なかなかそれができる人は少ないと思います。その場合は、資金調達の方法としては、銀行融資もしくは、投資会社から資金の借入を行う場合が多いかと思います。
例えば2億ドル調達したとします。その場合は、半分の1億ドルを直接投資として半分を自由に使えるようにして、半分の1億ドルは、欧州のPPPプラットフォーム会社にて現金預金によるクレジット・ラインを発行して、それをリースすることで収益を得ます。1年から3年運用すれば、300%以上の収益が確保できます。
PPPは、参加することができれば、クレジット・ラインのリース料を稼ぐだけの話ですから損失がありません。必ず利益がでる仕組みになっています。
はじめの50%の資金(PPPに投じた1億ドル)が300%増えれば、50%✕3倍(300%)=150%(3億ドル)の資金が生まれたことになります。そうすれば、150%の資金(3億ドルから借り入れした資金を返済します。本来の借入金が2億ドルですから、3億ドルがあれば、完済できます。PPPを3年問題なくプラットフォームで行うことができば、5倍から10倍は可能にですから、プロジェクト資金は十分に返済でき、自由に使える資金及び、追加でPPPで運用する財源も手に入れることができますので、この仕組で資金調達できれば、財源が枯渇することがありません。
PPPにおけるプロジェクト資金の作り方という参考になるアイデアを書きました。PPPプラットフォームに常に受入れていただけるかという問題がありますが、基本的には、プラットフォームとうまく付き合えば可能です。しかし、これは、私募によって行われる案件ですので、拒否される場合がありますので、拒否された場合には、このモデルの実現は不可能になります。

MSA総研オリジナル PPP貿易プログラム(日本市場向け)

インターネットを調べると多数の海外のプラットフォームがPPPについての説明文やWEBサイトが見つけることができます。しかし、すべて外国のサイトであり、日本語での情報が皆無といえます。
また、海外のサイトで紹介されているPPP貿易プログラムは、SWIFTMT799もしくは、Swift MT760のブロックファンドメッセージをプラットフォームに打電することが条件になっています。
もしくは、SBLCを発行して、支払保証をしなければ、PPP貿易プログラムにエントリーできないという説明になります。それでは、エントリーする方にとって、リスクが生じます。
もし、その先が本当でなければ、SBLCで保証するとなれば、万一の場合は、トラブルの原因になります。また、日本の銀行では、MT799などのSwiftメッセージを先打ちしないことで、資金があってもPPP貿易プログラムに参加できないでいるユーザーもいるのは、事実です。
リスクがなしで、行える方法は、唯一、銀行発行の残高証明の用紙(POF)のみでPPP貿易プログラムにエントリーできる方法です。この方法は、日本側のクライアントは、全くリスクはありませんが、プラットフォームとクレジット・ラインを発行する銀行側には、リスクが生じます。
しかし、今までPPP貿易プログラムにエントリーしたくてもできなきなかったクライアント様に向けて当方の提案により日本向けのオリジナル貿易プログラムを開設していただきました。
すなわち、POFは、残高証明の用紙のみ、あとは、お客様にお願いして、13ヶ月は絶対に資金を動かさないと約束できる方のみ、プラットフォーム側がリスクをとって欧州の銀行でクレジット・ラインを発行してPPP貿易プログラムに参加することができるようになります。これは、日本市場にとっては、朗報なニュースになります。
当然、審査、認可を出すのはFRBになりますので、直接申請者が面談することになります。申請者がFRBの面談、資料提出後、認可された場合に限り、PPP貿易プログラムに参加できます。
申請費用、申請に関するアドバイスは、一切無料です。また、書類作成サポート(国際弁護士)による対応も無料になります。
あくまでもこの制度は、申請者本人がFRBと面談、認可、契約を結ぶものです。仲介者は介在してはいけない条件になっています。ただ、私募プログラムであるのために、ご紹介者がなければ、申請できない条件がありますので、申請後は、申請者ご本人がFRBとの面談を受ける必要があります。アドバイスは可能ですが、ご本人の努力も必要になりますので、ご理解ください。

PPPにおけるフローモデル(日本市場向け MSA総合研究所監修)

MSA総合研究所では、日本でFRBの認可によって行われているPPPについてのコンサルティングを行っています。PPPとは私募プログラムであり、非公開プログラムになりますが、認可、契約に関しては、申請者本人が、FRBの担当官と直接面談、契約を行う仕組みになっています。よって、第三者の介入ができませんが、FRBの認可が出れば、MSA総合研究所のサポートでイギリスのプラットフォームが提供する貿易プログラムに参加することができます。
PPPについて言えば、いくら案件に参加したいと考えても、ご紹介者がなければ、エントリーできない仕組みになっており、まさに高級会員制クラブのような仕組みになっています。PPPにおける貿易プラットフォームの関係者からのご紹介がなければ、審査をされることもありません。
MSA総合研究所では、PPPへの入口へのご案内と、イギリスの国際弁護士、IMFの認可を得たUnlimitedアカウント(無制限口座)を用意して、PPPの参加者が安全に収益を得るモデルを提供しています。
一般的には、Swift MT799のメッセージを日本の銀行は対応してくれませんが、MSA総合研究所の提案により、日本の三井住友、三菱UFJの外貨預金(ドルかユーロ)の残高証明(A4サイズ)、もしくは、ゴールドのSKR 5年以内の銀行発行のもの(三井住友、三菱UFJ)に対しては、欧州の銀行が、MT799もしくは、MT760のメッセージを打電する必要なく、クレジット・ラインを、発行するサービスを行っています。当然、エントリーされる方が、FRBによってクリーンマネーであるいうことが調査されて認定された場合にのみ、対応が可能になります。
日本の金融システムでは、エントリー不可能と言われたPPPにエントリーするために日本仕様のプラットフォームのモデルをご案内することが可能です。イギリスの老舗プラットフォームに対して、日本市場向けのPPPが実現できるようにMSA総合研究所の提案によって実現しました。

MSA総合研究所 日本向けPPPスキームの紹介

PPP の申請スキーム

PPPの申請方法

希望者がいれば、
1、東京でMSA総研代表と面談。
(PPPの姿勢の手順の説明、人物の性格、資金計画などを考慮して、参加可能かどうかを判断します。

2,人物、資金、期間的に問題なければ、必要書類(POF、CIS、パスポートコピー)を提出していただき、国際弁護士がコンプラチェックをして、KYC(申請書類を作成します。)

3,KYCができれば、FRBに連絡をして、面談手配します。

4,ビデオ面談(インターネットでWEB面談)を行います。

5,FRBの面談が合格になれば、KYCを最終的に仕上げて、FRBからの認可が取れれば、PPPにエントリーできます。

6,PPPプラットフォームのプログラム、短期、40週間プログラムなど参加できるプログラムを決めて、銀行がクレジット・ラインを発行して、PPPに参加する。

7,毎月、収益がペイマスター経由して、資金が指定口座に入金されます。

■申請書類

(下記の2種類の申請書類をダウンロードして必要事項を記載の上、MSA総合研究所にメールください。)

Client Information Sheet(PPP申請書類 日本顧客用)

Letter of Intent(1)

 

MSA総合研究所Email: msasouken@gmail.com

PPP収益に対する税務処理。

各自確定申告を自らおこなってください。

法人税及び個人所得税の対象事業です。

税務処理に関しては税理士と相談してください

最新情報

PPPについてですが、小口の案件 100万ドルからの案件ですが、ロシア情勢の悪化、国際金融情勢の不安から、3月からのスケジュールで、100万ドルから参加できるPPPの案件が、各プラットフォーム企業で見当たりません。PPPは、1000万ドル以上の案件は、いくつかのプラットフォームが行っていますが、小口案件は、いつ出るか不明のために、一旦この募集はストップしてください。
USD1000万ドル以上では、相談可能ですから、その場合には確認は出来ます。小口案件をご案内しようと思っていましたが、プラットフォーム会社がリリースしないために、どうも3月中にはなさそうな気配です。確実な情報がありましたら、その際にご連絡差し上げます。
よろしくお願いいたします。

 

 

最新情報・ブログ投稿

人格なき社団の概要

MSA総合研究所について

MSA総合研究所は、東京都港区を所在地として設立されたシンクタンクです。持続継続できる資本主義社会をつくるために企業育成資金の研究を行い、関係者に活用を促進するための提言を行うシンクタンクです。

MSA総合研究所は、企業育成資金について研究しているシンクタンクです。日本経済の発展ための研究を行っています。資金の活用方法、申請方法についてもご相談ください。

随時無料相談実施中!   

メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで
Email:   msasouken@gmail.com

無料相談電話番号 TEL 03-6820-0086 (東京 )

MSA総合研究所 LINE QRコード

質問等がございましたら、LINEをご利用ください。

 

 

MSA=Marketing System Association  の略称です。

企業育成資金の説明 (本制度は民間事業になります)

※企業育成資金は、通年募集をしています。いつでも応募できます!

企業育成資金についての紹介者へ

仲介者を経由して申請する場合は、MSA総合研究所では申請サポートを致します。ご相談ください。
※仲介者に対する紹介料などは、直接ご相談ください。ご説明致します

※申請可能かどうかの調査回答も致します。ご不明な点がございましたら、下記のメールもしくは、電話番号に問い合わせてください。
メール対応、24時間  電話対応 午前10時から午後8時まで

 TEL 03-6820-0086 (東京 )

----------------------------------------------------------------------------------------

企業育成資金について

企業育成資金は、運用組織によって運用され、中央銀行の送金ネットワークを中継して日本の指定銀行に送金されますが、政府財源ではありません。
民間資産の運用になりますので、送金に関すること、本案件で直接関係する業務遂行者は、民間人によって行われる案件になります。
資金は、国際協定によって活用されていることもありますので、資金の活用する際には、本人の活用方法は、自由裁量ですが、それ以外の資金で関係国への経済援助の財源も含まれています。
また、この制度を促進するために、民間人のコンサルタントも介入することができるようになっています。現在は、本制度のことを「企業育成資金」と呼ばれていますが、
企業育成資金に申請できる対象者は、(東証一部、銀行、信用金庫の日本国籍を有した代表権者個人)と決まっています。案件の詳細については、本ホームページで随時募集内容について告知しております。参考にしてください。

MSA総合研究所では、「企業育成資金について研究し、日本経済発展のために寄与したいと考えています。」本案件について詳細を伺いたい方は、当シンクタンクにお問い合わせください。

※企業育成資金に関する相談業務、申請代理業務、コンサルティング業務に関してすべて無料で対応いたします。下記の問い合わせ先からご連絡ください。

「企業育成資金」の申請業務を代行しているコンサルタント・仲介者様へ、

申請先が分からず困っている方も多くいるかと思っております。

企業育成機構、MSA総合研究所は、主催者である資金本部より広報業務及び資金本部と連携して本業務の募集事業及びコンサルティングを行っております。確実な申請ができますので、是非、ご相談ください。

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

MSA総合研究所では、真剣に日本経済の発展ために活動しています。

政治では解決できない経済対策を促進するために全国の個人の資本主義経済の発展に寄与したい有志を集めて、企業育成資金の活用を促進するお手伝いをしております。

私達は、21世紀の令和の時代に如何に日本経済を立て直すかをテーマに研究し、提言しております。

資本主義経済の中心は、資本です。市場に十分な資本があってこそ資本主義経済が円滑にまわり、そこで生活する国民生活の幸福にも繋がります。

資本主義社会の根本は、銀行家が資本を運用し資金を増やし、その資金を資本家に分配することで資本家が資本をもって、産業をお越し、産業が生まれたことで、労働者は仕事の場を得て、安定した収入を得ることができ、国民生活の安定に繋がります。

資本主義社会は、国家と銀行家は関係はありますが、国家が資本を提供するモデルになっておりません。民間組織である銀行家が資金を生み出すモデルによって、資本主義経済を作っています。

政府では景気回復について、論議されていますが、借金を伴わない形での通貨流通量を増やすことは、国の審議だけでは、決定することができません。あくまでも、民間人による資本主義発展のための企業育成資金を動かす活動が必要になります。それは、国際法で決まっています。民間人が、東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者に対して、企業育成資金の制度をきちんと説明して、活用することで、欧州に保管している日本に使用権がある巨額資金を移動して、日本市場で活用することができます。

日本経済の発展の希望がないわけではないのです。日本経済を発展するための方法を多くの関係者が理解していないことが原因しています。
すなわち、資本主義経済の発展は、資本主義経済の発展の歴史と、資本をどうやれば、効率的に増やすことができるかを知ることから始まります。

MSA総合研究所の見解は、関係者に資本主義経済の発展のプロセスについて理解をしていただければ、日本経済の発展は必ずできると確信しています。「失われた30年」と言われる時代の終局は、近いと考えています。私達は、あくまでも本制度を研究し、助言することを目的にしております。

MSA総合研究所では、随時無料相談を実施しております。詳しくは、「無料相談窓口」をご覧ください。

企業育成機構@MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.