国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年9月

非常にシンプルな送金案件

基幹産業育成資金、長期管理権委譲渡資金などと言われる資金に関しては、欧州の運用会社でPPP運用された資金を日本に送金する際に、Receiverが受けるコミッションのことを指しているという話を前のブログで書きました。 すな …

単純明快に説明すれば、この案件は、短期アルバイトだ

世間では、色々噂される巨額資金の謎は、欧州の運用会社でPPP運用された資金を日本に送金する案件です。すなわち、運用会社と銀行が関係して作業を行っています。 これは、当然なことです。欧州にある運用会社でPPP運用された資金 …

神の目からみたときに、あなたの行動は、評価されるか?

読者の皆さん、プロビデンスの目をご存知ですか?プロビデンスの目は、1ドル札にピラミッドに目を描いている印刷がありますが、その目のことをプロビデンスの目であると言われています。日本円では、1000円札の野口英雄の目と裏面に …

地上の楽園を目指すには、それは、「送金」を実行すること

人は、極楽浄土に行きたいと昔から願っていた。そのために、どうすれば、その境地に行けるかを常に考えていた。悟りの世界とは、すなわち、悩みからの解消をどうすればいいのかを考えて、祈った。 その中で、悟りに近づくための祈りとし …

存在を問われる巨額資金の謎、その答えは・・・

本ブログのテーマである「巨額資金の謎」の答えは、PPP運用された資金⇒運用会社の運用益の額面(コンピューター上のスクリンショットで確認できるデーター上の資金)ということになります。 日本で、随分マスコミでも話題になりまし …

現金調達への一番の近道 それは、この送金に参加すること

「基幹産業育成資金」「長期管理権委譲渡資金」とかつては、言われ、現在では、企業育成資金と呼ばれる資金は、すべては、国際的な送金「WIRE CASH Transfer」と言われる送金案件として、海外では呼ばれています。その …

英語表記で説明する意味

筆者は、なぜ基幹産業育成資金、委譲渡資金、企業育成資金についての話を、国際的に行われている送金案件における呼び名に変えているか?は、理由があります。日本でなぜ、この制度が不信感を持たれて、事実が確認できないのか?といえば …

送金ビジネスの本質を理解する

送金ビジネスおける立場について説明 Sender=送金者 Sender Mandate=送金者に直接つなぐ委託者(コンサルタント) Receiver=送金先の受取人(口座名義人) Receiver Mandate=Rec …

レシーバーチームを育成するためにサポートを行っています。

9月になり、本ブログのアクセス数も増えてきています。残暑はまだありますが、また、秋に向けて動きが出てきているのでしょう。 本ブログでは、この資金の制度について、わかりやすく伝えています。あくまでも国際金融における送金案件 …

預金封鎖があるといわるが、それを回避する手段は有る。

ネットのニュース記事を見ていると「1946年2月16日に日本政府は、預金封鎖をおこなったことがある」という内容が記載されていました。昭和21年、日本が敗戦後まもない頃、預金封鎖が行われた事実はあります。しかし、そのときは …

次世代リーダーが知るべき経済システムについて

本ブログのテーマは、日本経済の底上げするための財源確保をどうするかということをテーマに説明しています。政府財源は、国民からの税金と、国有財産の売却というもの以外、収益となるものがありません。 税収を増やすためには、どうす …

外部コンサルタントに委託する理由

このブログのテーマである資金は、国際金融における送金案件であると本ブログでは、説明しました。どこかに隠された政府によって管理された資金ではありません。民間の運用機関によって、運用されている資金であり、同時に、銀行間の国際 …

シンプルな説明で、結果を重視で案件を行う

9月になりました。収穫の秋にしたいものです。さて、大企業に出される資金は、PPP運用益の送金をする際に、Receiver(受取人)役になるAccount Holder(口座名義人)の募集案件であることは、伝えました。PP …

« 1 2 3

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.