国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年8月

この資金のことを、ズバリ シンプルに説明すれば、こうなります。

物事は、シンプルであれば、物事は結果を生み出す。複雑であれば、結果につながらないということが言えます。 この資金が無償提供される理由についても、複雑に説明しても、理解を得ることが難しいです。 簡単に言えば、欧州で運用して …

資金に流れを知れば、この制度が理解できる。

大企業の経営者に提供される資金で、巷に噂になっている話は、欧州の運用会社で運用されているPPP運用された資金を日本に送金する際に、資金の受け皿(Receiver)になる方を募集している案件になります。運用者(Sender …

近代金融史を調べれべ見えてくるストーリー

さて、前回のブログで、「長期管理権委譲渡資金」「基幹産業育成資金」などと言われる名称は、PPP運用されて資金のReceiverが受け取る名義貸しコミッションに対する日本的な言い回しで資金を説明しているという内容を書きまし …

ブランディング化が成功した資金名称?

日本では、「長期管理権委譲渡資金契約」があるのか?「基幹産業育成資金」が存在するのか?ということが話題になっています。 この資金については、国際的な送金案件で、PPP運用益の送金を行う際に、Sender(送金者)がRec …

経済対策で一番効率的な政策は外貨運用益を自国に送金することです。

ネット検索をしていると、メディア報道でまたもや「長期管理権委譲渡資金」と「基幹産業育成資金」について、マイナス報道を書いている記事を見つけました。確かに、PPP運用された資金を日本に向けて海外送金する案件ですが、日本的な …

国際送金の業務の実態について

大企業(東証一部、銀行、信用金庫)の代表権者に提供される無償巨額資金の謎という話でブログを書いています。 欧州の運用会社でPPP運用した資金を日本に送金するための案件であるということをこのブログで説明しています。この案件 …

国際基準でこの送金制度を理解するべき

東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人に提供される資金は、PPP運用された資金の送金する際に、Receiverになるということで得る収益であると述べました。すなわち、PPP運用の送金は、運用側は、Sender(送金者)に …

本案件を成立させるには他人事にならないことが重要

電話相談や、メール相談を日本全国から受けています。詳しく説明しているので、この資金についての本当に有るか?などの質問は最近はありませんが、「どうやったら、成約できるのか?」という質問が多く来ています。 確かに、これは、人 …

日本は、世界一財源をつくることができる仕組みがある。

何事も回りくどく言わずに、わかりやすく説明することが成功法だと思っています。すなわち、日本場合は、世界基準とは違う表現で説明しているために、この資金の意味がわからず、あまり受け入れてもらえないということが言えるのではない …

Receiverバンクが指定される理由は?

大企業の経営者に無償で提供れる資金の謎について説明しています。これは、PPP運用者(Sender)が、第三国にある指定の銀行口座に資金を送金する際に、第三者の口座(Receiver)を経由して送金する必要があると説明しま …

この特殊案件は、運用者の送金に関しても、かなりコストがかかる作業である。

大企業の代表者に提供される返還不要の資金とは、「送金ビジネス」であるということを本ブログで伝えています。日本では、かつては基幹産業育成資金と言われていましたが、現在では、資金を出す対象の企業が基幹産業に限定しないというこ …

送金プロジェクトについて

本ブログでは、欧州の運用会社でPPP運用された資金を東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人 本ブログでは、欧州の運用会社でPPP運用された資金を東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人に資金提供する理由を説明しています。 …

通常通りの説明と違う視点から説明したほうが理解しやすいのではないだろうか?

企業育成資金と言われる東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人に無償提供される資金については、それは、欧州でPPP運用された資金を日本に送金する案件であるということを書きました。第三者の口座を経由して資金を動かさない限り、 …

これは、民間ビジネスとして捉えて考えれば理解できる。

ビジネスの世界で、レンタルするということも重要なビジネスの手法になります。すなわち、このブログで書いている資金提供案件は、名義人として銀行口座をレンタルするという仕事をおこなったことで、その謝礼としてコミッションが手に入 …

民間ビジネスにおける資金調達案件と考えるのが正しいでしょう。

筆者は、このブログで記載している送金に関する仕事を外国で行っておりましたので、PPPにおける送金は、送金できる先の口座主を探して、紹介する仲介ビジネスとして捉えていました。 送金システム上、72時間以内に送金者が口座主( …

この制度は、国際金融を活用した資金調達ビジネスである。

日本では、企業育成資金という名称で、企業に提供する補助金のような意味合いで、説明されていますが、世界的に見れば、この資金は、PPP運用した資金を送金する案件であることは、本ブログで何度も説明しています。 ロンドンにおいて …

国際貢献事業を展開

戦後史を語る上で重要な話があります。日本が占領下から独立することになったのが、1951年のサンフランシスコ講和条約であります。1945年にポツダム宣言に調印後日本は無条件降伏をし、その後6年間は、連合国の占領下にありまし …

皆生きれる社会を作るのは、その使命に気付いた人の作業である。

国家が緊急事態になり、国が機能しなくなった時に組織される民間の警護組織のことを「自警団」といいます。すなわち、経済対策についても、国がお手上げ状態になれば、誰かが、自警団的に、経済を支えるために、資金を投入する必要が生ま …

1 2 »

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.