国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年9月

ビジネスの成功は、全てを網羅した連携する仕組みが重要です。MSA総合研究所はその仕組をもっています。

この案件をすすめる上で、本案件を実行する立場、資金者との連携は事情に重要になります。MSA総合研究所は、説明と広告塔として、情報を周囲の仲間に流しています。すなわち、ビジネスをする上で、連携が重要になります。 それぞれ、 …

月間成立目標5件 達成を!

MSA総合研究所では、毎月、案件成立目標を5件と定めています。 面談は、土曜日もしくは、日曜日に行います。 面談場所は、都内の面談希望者の指定する場所:当研究所が面談手配を行います。 面談日程などは、MSA総合研究所の方 …

安全保障費の捻出をすることが、国家にとって重要課題

電力料金に関して、電力施設維持費するための財源について、国民負担1.6兆円増という新聞記事を見ました。電力会社は、基幹産業ですし、地域ごとに有る電力会社は、このブログで説明している案件「送金案件」のReceiverに申請 …

この案件は、民間財源であるという所以

ブログの読者から、毎回楽しみにこのブログを見ていますというメッセージを頂くことが励みで継続して続けています。 多くのメディア報道では、巨額資金を大企業に提供することは、そんな話は存在しないという論調で書かれています。また …

明確な目標があり、本案件を実行している。

この資金の謎に迫るには、まずは、PPP(private placement program) と言われる運用について理解することが重要です。PPPを行っているのは、欧州の銀行及び米国のFRBです。 複数の中央銀行間で銀行 …

どの角度から説明するかで、本案件がかなりカッコいい仕事に見えてくる!

この案件に関して、よくある質問で、「私は、この仕事をする上で、どんな立場といえばいいのでしょうか?巷にいる悪質なブローカーと思われたくないので・・・」ということを言われます。 確かに、その気持よくわかります。民間経由で行 …

本案件の大意がわかれば、説明も明確にできる。

この案件を説明する際に、どの角度から説明するのが一番良いのかということを考えているのですが、やはり、最終目的が何のために行っているのか?それを中心に考えるのが重要ではないかと結論に至った。 最終目的は、「MSA」です。M …

怪情報に振り回されるな。基準は明確に決まっている。

企業育成資金と言われる送金案件について、説明しています。案件の詳細については、過去のブログでいろいろ説明しているので、ここでは、説明しませんが、重要なことは、主催者(資金者)以外の人が広めているデマに話を信用してはいけま …

初日面談がすべてを決める。

本案件で、非常に残念なことは、せっかく基準を満たした方が、申請しようと思って、申請をしましたが、結局、資金を受けられなかったという話があります。 それは、やはり、付き合っている人が悪い場合に、そのようなことが起こります。 …

見る角度かければ、話も変わって見えますが、一番重要なのは、Receiver(受取人)です!

当ブログのタイトルである資金の謎について、随分説明してきました。この資金は、日米英の3国の金融機関が関係して運用された資金を送金する案件ということになります。英国の運用会社、米国の銀行ネットワークをつかったPPP運用、そ …

国家の治安維持のためにベーシックインカムを行うことは、この財源を使えば可能である。

日本の社会システムは、所得制限、累進課税という制度を強調する形で、高額所得者から資金徴収して、低収入な方は、税制優遇などする政策を強調して行っています。それでは、長期的に見えて、高額所得者になれる商才の有る方は、日本から …

国家にとって重要な安全保障の財源について

巨額資金の送金案件の資金の送金には、目的があって行っています。すなわち、なぜ、このような巨額資金の送金を可能にしているのでしょうか?まさに特別扱いに感じる案件です。 その答えは、この送金された資金が転送されますが、その使 …

東証一部、資本金100億円から150億円企業の代表者の場合、どんな企業が対象になるか?

東証一部で資本金100億円から150億円の企業代表者がこの資金を申請しようと思えば、どんな条件であるか?という質問が時々あります。 主催者からの回答は、資本金が小さい場合(資本金150億円以下東証一部)は、製造業・基幹産 …

本来は、この案件は、愛国心をもった方が行う平和維持活動です。

この案件の目的は、「国家にとって安全保障費用を獲得する作業」すなわち、国内外の平和維持費用を作るために、送金案件を行っていると理解すれば、実は分かりやすいです。 MSA(Mutual Security Act)=相互(M …

最終目的から見れば、この案件の意味がよく理解できる。

本案件の最終目標は、どこになるのか?それは、日米における安全保障費用を稼ぎ出す案件ということになる。 新聞報道などを見ていると日米同盟の重要性を首相が語っている。すなわち、日米同盟の重要性というのは、日米における安全保障 …

安全保障問題をサポートするビジネスモデル

前回のブログは、国家の安全保障に関する内容で書きました。すなわち、この資金のもつ意味は、欧州に運用本部があり、運用された資金を送金する案件ですが、運用者は、資金の送金先になる(Receiver)受取人を募集している案件で …

日本の安全保障問題について真剣に考えたことがあるでしょうか?

安全保障問題について、考えたことが有るでしょうか? そんな問題は、総理大臣と防衛大臣が考えればいいと思っている方も多いかと思います。 安全保障を短縮すると「安保」となります。安保という文字を見ると、日米安保ということを連 …

申請費用は無料です。

前回のブログは、本案件に申請する場合には、土曜日、日曜日の面談スタートが、申請作業をスムーズにできるという話を書きました。 今回は、本案件(企業育成資金)に申請するときに何らかの費用が発生するのか?という回答です。申請者 …

1 2 3 »

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.