MSA総合研究所について

MSA総合研究所は、東京都港区を所在地として設立されたシンクタンクです。持続継続できる資本主義社会をつくるために企業育成資金の研究を行い、関係者に活用を促進するための提言を行うシンクタンクです。

MSA=Marketing System Association  の略称です。



MSA総合研究所のロゴマーク・持続発展できる循環型資本主義社会をイメージしたデザイン

MSA協定を基にした企業育成資金の説明 (本制度は民間事業になります)

世間一般では、大企業の企業経営者に向けて無償で提供される資金といえば、なかなか信じてもらえない話になります。しかし、国際金融の頂点においては、一定の基準を満たした経営者に対して資金提供する案件は存在しています。この案件を行っているのは、日本国内企業ではなく、欧州の資金運用会社によって行われています。欧州の運用会社で運用された運用益を日本に送金するという案件になります。その際、欧州の中央銀行から日本の中央銀行へ送金(中継)をして日本の指定銀行に向けて資金を送金するという案件になります。

なぜそのような案件を行っているかは、第二次世界大戦が大きく関係しています。戦争時代における敗戦国の凍結資産を戦勝国が接収し、その資産を管理し預かり資産として欧州の運用会社が資金運用したことが始まります。MSA協定という相互防衛援助協定が結ばれ、同時に戦後復興財源の活用ルールについても決定されました。すなわち、敗戦国の接収資産を欧州の運用組織により運用することで、その財源を復興財源として活用することになりました。日本でも、江戸時代から続く資産家の資産が凍結がなされたことで、その財源も戦後、欧州の運用組織により長期運用されました。運用当初の接収資産も当時の金額で数千憶円という規模で運用されました。現在の金額でいえば、数百兆円規模での投資運用されたことになります。また、70年以上の長期運用されたことで、現在まで得た運用益は、天文学的数字まで膨らんでいるといわれています。(運用データー上の資金ですので、実際に現金として使える資金ではありません。)

その巨額運用益を欧州から日本に送金をして、日本で使える資金にするという目的を持った案件になります。本案件に対しては、欧州の運用会社、中央銀行の送金ネットワークを使い日本に送金しています。また、日本の資金の受け取り銀行は、某都市銀行に指定されています。海外では、「wire cash transfer」と言われています。日本語訳すれば、「送金の案件」になります。

第三者の接収された資産が運用され、なぜ、日本の基幹産業企業の経営者の提供されるのでしょうか?
それは、MSA協定といわれる国連に登録された国際協定により、運用資産の再活用できる基準を決めたことが関係しています。
すなわち、戦前からあった日本の民間財源の接収資産を欧州で運用され、その資産の提供先が、本来の所有者には、返還されないで、第三者である日本の実業家を経由して資金を提供することで、産業復興に役立てました。
また、欧州から日本の基準を満たした実業家個人に送金された資金は、実業家個人の自由裁量活用分、日本及び関係国の活用分と資金が分配され、日本の産業の発展のためと同時に世界経済に貢献する財源として活用されました。戦後復興期から現在に至るまで約200社の実業家が活用したといわれています。2005年ころからしばらく、本案件は、休止されていましたが、それでは、日本経済を復興させる財源がないということで数年前から再開されています。

この資金は、欧州の運用会社によって運用され、中央銀行の送金ネットワークを中継して日本の指定銀行に送金されますが、政府財源ではありません。民間資産の運用になりますので、送金に関すること、本案件で直接関係する業務遂行者は、民間人になります。
ただ、巨額な資金を送金するために、政府機関による審査及び移動許可、使用許可は必要になります。
また、資金は、国際協定によって活用されていることもありますので、資金の活用する際には、本人の活用方法は、自由裁量ですが、それ以外の資金で関係国への経済援助の財源も含まれています。

また、この制度を促進するために、民間人のコンサルタントも介入することができるようになっています。現在は、本制度のことを「企業育成資金」と呼ばれていますが、対象になる実業家は、(東証一部、銀行、信用金庫の日本国籍を有した代表権者個人)と決まっています。対象になる方へのコンサルティング事業は、民間事業として行われています。

MSA総合研究所では、「企業育成資金について研究し、日本経済発展のために寄与したいと考えています。」本案件について詳細を伺いたい方は、当シンクタンクにお問い合わせください。

※企業育成資金に関する相談業務、申請代理業務、コンサルティング業務に関してすべて無料で対応いたします。下記の問い合わせ先からご連絡ください。

「企業育成資金」の申請業務を代行しているコンサルタント・仲介者様へ、申請先が分からず困っている方も多くいるかと思っております。申請手順、制度についての説明、また、クライアントから依頼されているが、その先の対応をどうするか不明な方は、当シンクタンクの無償相談にご連絡ください。この制度は、あくまでも民間事業における資金調達支援事業になります。本資金は、政府財源ではありません。資金の移動方法に関しては、国際法、国内法が関係していますが、民間事業に対する許可申請のみを国に対して行っています。

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email : msa@msa.tokyo

MSA総合研究所では、真剣に日本経済の発展ために活動しています。政治では解決できない経済対策を促進するために全国の個人の資本主義経済の発展に寄与したい有志を集めて、企業育成資金の活用を促進するお手伝いをしております。

私達は、21世紀の令和の時代に如何に日本経済を立て直すかをテーマに研究し、提言しております。

資本主義経済の中心は、資本です。市場に十分な資本があってこそ資本主義経済が円滑にまわり、そこで生活する国民生活の幸福にも繋がります。

資本主義社会の根本は、銀行家が資本を運用し資金を増やし、その資金を資本家に分配することで資本家が資本をもって、産業をお越し、産業が生まれたことで、労働者は仕事の場を得て、安定した収入を得ることができ、国民生活の安定に繋がります。

資本主義社会は、国家と銀行家は関係はありますが、国家が資本を提供するモデルになっておりません。民間組織である銀行家が資金を生み出すモデルによって、資本主義経済を作っています。

よって、欧米バンカーが運用した資金を中央銀行を通じて資金を日本市場に調達するモデルを活用して日本の市場経済を活性化する必要があります。
すなわち、日本における企業育成資金の制度の活用です。戦後、欧米の中央銀行にて長期運用・保管された資金を日本で活用するために、その制度を研究して、国際ルールに従って資金を日本に移動し、日本経済の発展に寄与できるようにするための提言を行うことを目的に活動しているシンクタンクです。

国では景気回復について、論議されていますが、借金を伴わない形での通貨流通量を増やすことは、国の審議だけでは、決定することができません。あくまでも、民間人による資本主義発展のための活動が必要になります。それは、国際法で決まっています。民間人が、東証一部企業、銀行、信用金庫の代表者に対して、企業育成資金の制度をきちんと説明して、活用することで、欧州に保管している日本に使用権がある巨額資金を移動して、日本市場で活用することができます。

日本経済の発展の希望がないわけではないのです。日本経済を発展するための方法を多くの関係者が理解していないことが原因しています。
すなわち、資本主義経済の発展は、資本主義経済の発展の歴史と、資本をどうやれば、効率的に増やすことができるかを知ることから始まります。

MSA総合研究所の見解は、関係者に資本主義経済の発展のプロセスについて理解をしていただければ、日本経済の発展は必ずできると確信しています。「失われた30年」と言われる時代の終局は、近いと考えています。私達は、あくまでも本制度を研究し、助言することを目的にしております。

MSA総合研究所では、随時無料相談を実施しております。詳しくは、「無料相談窓口」をご覧ください。

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email : msa@msa.tokyo