MSA総合研究所は、米国財務省資産 SRPに関するシンクタンクです。国連及び米国が中心となり世界連邦プロジェクトを推進するためのプロジェクト資金の仕組について考察しています。

PPPの仕組み

  • HOME »
  • PPPの仕組み

私募プログラムの仕組み(法律・ビジネススキーム)

企業育成資金の仕組み

 

企業育成資金という話を聞けば、多くの方が、極秘で大きな資金を運用されており、天文学的数字の資金を管理する資金者から資金提供されるという話を信じている方が多くいます。
しかし、実際の話しは、日本国(政府保証)により投資銀行より資金調達(融資を受けて)、その財源の半分は、企業の代表者へ返還不要の資金として提供し、半分は、米国FRBのPPP運用をして、投資銀行へ資金を返済するというモデルで資金提供が行われています。
日本国(政府保証)・国家が支払いを保証するということで、投資銀行から資金調達(借入)を調達します。確実に返済するために、利益保証できる運用方法、FRBのPPP運用により、投資銀行の資金を完済することで、本制度は、返還不要の資金として申請者に自由に活用できる資金を提供できます。動かす金額が大きいために驚く方もいますが、安心して使える制度になっています。是非、ご活用ください。

償還制度の解説(東証プライム 資本金100億円以上、銀行の代表権者個人申請)

償還制度による資金提供のスキームは、昭和26年よりスタートしています。政府保証をすることで、投資銀行より資金の融資を受けて、その資金の償還方法については、運用によって償還するという仕組みです。

効率よく運用償還するために、米国FRBが提供するPPP運用による償還が行われ、安全で確実に短期間で返済可能にしています。PPPは、米国の連邦法における1933年米国証券法、愛国者法が関係しており、インサイダー取引の禁止、テロ、反社会体制関与、マネローンダリングの禁止が決められております。財源に関してはは、財務省に関与する資金の禁止、中央銀行(日銀)に関する資金の禁止が決められています。よって、資金調達については、民間の投資銀行を通じて、民間の名義人、民間プロジェクトとして、インサイダー取引にならないために、プライベート(私募)による募集が行われています。非公開で関係者を経由して、案件が進められます。簡単に言えば、紹介者からの紹介なしでは、本案件には申請出来ないということになります。MSA総合研究所では、良きパートナーとなるめの支援を行っています。

 

PPP運用の基本を知る。

企業育成資金の仕組みでいちばん重要な部分は、PPP運用ということになります。PPP運用とは、一体どんな運用でしょうか?取引としては、FRBのトレーダーライセンをもった専門のトレーダーが、特定のクライアントに対して、大口の中期割引債(MTN)など中心に割引債の短期転売取引により収益を上げるモデルで投資者にリターンをバックする投資モデルです。投資者は、自ら持つ現金、アセット、ゴールドなどの担保力を提供することで、トレーダー銀行がそれに対するクレジット・ラインを発行します。トレーダーは、トレーダー銀行でクレジット・ラインを発行されたことで、その資金力を使って、割引債の転売を行います。銀行券の割引債の場合、満期になれば、確実に現金化できますので、転売することで、割引率の範疇であれば、利益が確実に確保することができます。割引されたMTNの短期売買を繰り返すことで、大きな収益になります。これは、証券市場におけるプロ市場で閉鎖された環境下で行われるトレードになります。公開募集をしておらず、私募として非公開で募集されています。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6820-0086📱070-8401-7928 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】Email: msa@msa.tokyo

MSA総合研究所(SRP研究 シンクタンク)
資本主義社会の発展に必要な資金SRPについて研究して資金提供できる仕組みについて説明しています。歴史的資産と言われ、世界最大の資産といわれるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)の財源について研究して、ODA開発援助の歴史、そして、未来への目標について常に研究し、実務レベルで業務を遂行しているシンクタンクになります。

MSA Research Institute (SRP Research Think Tank)
We research SRP, a fund necessary for the development of capitalist societies, and explain the mechanism by which it can be funded. It will be a think tank that is constantly researching the history of ODA development assistance and its goals for the future by studying the financial resources of the SRP (Sovereign Royal Portfolio), which is considered a historical asset and the largest asset in the world, and conducting its work on a practical level.

MSA総合研究所 理事長 Mr.Manabu Kotani

メテ財団 グローバル担当・アンバサダー Mr.Manabu Kotani
企業育成資金・資金本部として申請窓口として業務を行っています。

 

MSA Research Institute Mr. Manabu Kotani
Mr. Manabu Kotani, Global Ambassador, Mete Foundation
Mr. Manabu Kotani is in charge of the application process for the Corporate Development Fund and the Fund Headquarters.

【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

MSA Research Institute
Free consultation on corporate development funds available at any time
10:00 a.m. to 8:00 p.m., seven days a week

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msa@msa.tokyo

Line登録 https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

If we are unable to respond to your call because we are in the middle of a meeting, we will call you back from the call history. We do not respond to blocked calls.

If you wish to have a meeting with us, please call us in advance and we will hear the details of your request.

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

Interviews will be held at a designated conference room in Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Please register as a LINE friend.
If web conferencing or other means are required, we will use LINE ZOOM or other means.

【LINE登録】

https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

We hope you will find the information provided by MSA Research Institute useful.

Related Blogs

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

Flag Counter

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.