国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

未分類

年始の予定について発表します。

年始の予定について発表します。 【企業育成資金】旧財閥資金は、1月12日よりスタートします。銀行決済は、火曜日、水曜日、木曜日に限定されています。 東証一部 資本金130億円以上 製造、基幹産業、その他業種の代表権者個人 …

資金の使い方について論議していきます。

今年の育成資金の申請は終了しています。皇室資金である橘資金は、銀行が開いていある間であるならいつでも対応するという考えがあると資金提供者が話していますので、年末ぎりぎりまで相談は可能です。 年末も押し迫り、実際には案件が …

本年度の予定

育成資金は、12月18日が最終日ということですが、銀行対応日が火曜日、水曜日、木曜日ということですので、本日が最終日ということになります。 「企業育成資金」について 東証一部、資本金130億円以上の企業代表者様、信用金庫 …

日本を影で支えている金融制度

今から約150年前、明治維新が始まり、廃藩置県が行われました。それぞれの城主が藩を持ち、それぞれの藩主が独自の予算を持って、統治していました。明治時代になり、中央集権化により、首都東京にすべての機能が集約されるようになり …

単刀直入に説明致しますと

日本の基幹産業に対して、戦後復興期から資金提供された話が色々噂されていますが、その資金の正体は、結論から言いまして、皇室から提供された資金ということになります。 以前のブログでも説明しましたが、大正天皇の皇后である貞明皇 …

本年度の企業育成資金は、もうすぐ締め切りです。

企業育成資金には、2種類 旧財閥資金と皇室資金です。旧財閥資金については、東証一部 資本金130億円以上の製造、基幹産業、その他の業種の日本人代表権者個人に対して資金提供しています。また、銀行、信用金庫(預金高5000億 …

11月最終日

11月も最終日になりました。あと一週間で本案件については、新規受付が終了時期になります。基本的には、12月第一週迄に行ってほしいという資金提供者側からの希望があります。 東証一部で資本金が500億円を超える企業に関しては …

企業育成資金の申請は、今年も残すところ2週間です!

◎重要連絡事項◎ 今年は、12月5日頃までに企業育成資金の書類申請をしなければ、実行が出来なくなる可能性が高いということです。最終的には、12月10日までに資金実行を終わせたいという考えがあるということです。 理由として …

年内申込み 締切間近

企業育成資金の今年の申込みは、12月10日前後で終了になります。もう一ヶ月切っていますので、年内の申込みをされる場合には、早い目に対応をお願い致します。

振込作業、持ち帰り作業(精算作業) この作業を行うのが企業育成資金の業務です。

この案件にとって、重要なことは、振込作業と同時に行う精算作業(持ち帰り作業)になります。申請書類の6点セット(①名刺、②会社案内、③身分証明書コピー、④振込用通帳コピー、⑤確約書、⑥事業計画)については、これは、国への資 …

MSA(相互安全保障条約)における管理資産についての解説

長期保護管理権委譲渡資金について、この資金は、皇室の接収財産を欧米の運用組織、具体的に言えば、運用はFRBにおける運用された資金をイングランドの運用会社本部によって管理された資金ということになります。 MSA(相互安全保 …

資金提供の実行件数を増やすことをが仕事になります。

企業育成資金(基幹産業育成資金)という大企業の企業経営者に提供される資金は、皇室の資金と旧財閥の資金と2種類あると説明しました。皇室の資金は、戦後復興期に「償還金」などと言われ、30年間の償還契約により資金提供されていま …

銀行、信用金庫の案件 預金高5000億円以下は注意が必要です。

企業育成資金について、重要報告 「銀行」「信用金庫」の案件について、預金高5000億円以下の金融機関に関する無償提供される「企業育成資金」は、実施されない可能性があります。 預金高5000億円以下の銀行、信用金庫の場合は …

究極の美学、言わずして偉大なことを成し遂げる。それが国家を支える財源になっている。

借金しても返済しなければ、結局は、そのしわ寄せは、近い将来やってくる。 企業育成資金という国家の安全保障費の内、20%は、民間財源として運用されている財源がある。しかし、その財源については、今から66年も前に決められた国 …

地方経済の救世主は、銀行、信用金庫の代表者と企業育成資金のコラボ企画だ

地方経済の救世主になるのか? 地銀と信用金庫・・・政府方針などでは、地銀再編などという話をよく耳にします。 しかし、企業育成資金という存在を認識していただければ、地銀の存在、信用金庫の数の多さは、実は地方救済の起爆剤にな …

請求金額を増額は歓迎ですが、減額はできない資金!

コロナの影響は、特に中小企業を中心に激震が走っています。倒産、廃業企業が増えています。体力のある大企業であっても、大きな赤字が続いている状況になっています。やはり、前年度比マイナス28%というGDPは、過去に経験したこと …

環境問題を救う財源は日本から捻出できる

環境問題について世界的に統一した動きがあります。それは、緊急に対応しなければ、世界の環境破壊が止まらない。人類の生きていける地球環境ではなくなる。それを防ぐために、世界が協力するべきだ。 という流れ、地球環境変化、すなわ …

神を見せる方法を伝授している

人生において、どのような「生き様」を描くかは、その人の思考に大きく影響される。人は、何かを行ってみたいという熱い思い心の奥底にもって生まれてくる。はじめから、何もできない人で死ぬまで終わらしたいという考え方はない。 生き …

« 1 2 3 4 9 »

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.