MSA総合研究所は、米国財務省資産 SRPに関するシンクタンクです。国連及び米国が中心となり世界連邦プロジェクトを推進するためのプロジェクト資金の仕組について考察しています。
ブログ

未分類

G7を支える年間、日本の2京円以上の債券取引市場 企業育成資金の仕組みを理解することで、日本の円安問題を回避できる仕組みが見えてくる。

□G7を支える年間、日本の2京円以上の債券取引市場 企業育成資金の仕組みを理解することで、日本の円安問題を回避できる仕組みが見えてくる。   PPPというのは、MTN(中期債)、G7LTN(G7の長期債)などの …

日本でも存在するPPPについて、PPPの常識を知ることでビジネスチャンスが広がる。

□日本でも存在するPPPについて、PPPの常識を知ることでビジネスチャンスが広がる。   PPPといえば、都市伝説だという人がいますが、PPPについて本当のことを知る人も少ない、わかってしまえば、そんな話か?と …

企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。

□企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。   企業育成資金について現実化させている取引というのは、一体どういうことでしょうか?その答えは、日本では馴染みのない制度「M …

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ     企業育成資金の解説について言えば、巨大資金、京の単位の資金が有るという説明を言う人物をみたことがあるが、厳密を言えば、間違いである。 &nb …

病院案件の締切日は、今月末10月31日です。

企業育成資金の病院案件 350床以上、決算書の資産の合計50億円以上の病院理事長に対して企業育成資金を提供する案件になります。 締め切りは、2021年10月31日になります。10月31日までに申し込みを完了させてください …

企業育成資金の最新募集要項 2021年年末までの案件

企業育成資金について、最新情報を入手した結果を言えば、 1,東証一部 資本金100億円以上の製造業、インフラ、小売業、その他業種相談可能 提供額(資本金✕100倍以上) 2,銀行 提供額(預金高✕3倍から5倍) ____ …

アフターオリンピックに来る不況に対応するには、育成資金を活用するべきです。

最近の日本の経済の動向が非常に厳しいものになってきています。オリンピックのあとは、どの開催国でも不況になりるというジンクスがあります。東京オリンピックが終わり、同時にコロナによる緊急事態宣言の延長、また、最近は、ピークを …

企業育成資金を申請したい方へ

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所では企業育成資金の申請業務のサポートを行っています。 直接の申請も受け付けておりますが、この案件は一般的に仲介者を経由して行うケースが多いため、仲介者の方のご紹介からのサポート …

新しいページの開設 業務連絡

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所は資本主義社会を支援する事業を展開しております。 基本的には、コンテンツは全て無料で見れるようにはしておりますが、もしこのコンテンツを利用して収益が上がるようなことがあれば M …

育成資金を活用して、合同会社による不動産管理会社を設立して、企業救済および投資コストの削減を行うモデル

最近は、企業の業績が悪く、自社ビルを売却するという話が増えています。確かに、不動産売却をして、収益改善するということは一つのアイデアですが、東証一部で資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業の場 …

小口の育成資金の仕組み

PPP運用を活用した小口の育成資金案件。資本金100億円以下の東証一部企業、製造業企業を対象にした小口の育成資金案件ですが、申請から資金提供まで3ヶ月程度かかるという話を以前書きました。 中央銀行(FRB)が行う特殊運用 …

「代表者利益の配当」という概念が重要

育成資金の制度について、説明するには、単純明快は説明方法は、 「国家の機密費から、東証一部資本金100億円以上、銀行、信用金庫に所属されている企業代表権者は、『代表者利益の配当』がもらえる」 というのが単純でいいのかと思 …

MSA総合研究所の立ち位置と目的、それとプロの育成資金コンサルタントの養成講座を開く意義について解説

企業育成資金の案件におけるMSA総合研究所の役目としては、一つは、企業育成資金についての案件説明を行うこと、もう一つは、資金者に書類を渡す前に、書類申請で間違いなく記載しているかのチェック及び申請後に行われる手続きの流れ …

1から始めるプロの育成資金コンサルタントの成り方。MSA総合研究所の役割

今回は、1から始めるプロの育成資金コンサルタントの成り方。MSA総合研究所の役割について説明します。 1,まずは、本ブログを熟読して、企業育成資金ついて理解を深めす。これは、自習です。 2,MSA総合研究所の電話番号に電 …

MSA総合研究所のビジネススキームについて解説

MSA総合研究所の育成資金におけるビジネススキームとしては、基本的には、財閥系育成資金の業務をサポートしています。 財閥系育成資金とは、旧財閥の私財を米国FRBでPPP運用した財源を日本の産業支援のための財源として資金提 …

企業育成資金における三権分立制度について解説!

企業育成資金の三権分立という話を書きたいと思います。 三権分立とは、一般的に民主主義国家における「立法」「司法」「行政」の権限をそれぞれ分離して独立して行うことを指します。一つのところに権限が集中して独裁的なことをが行わ …

米国支援の企業育成資金が国家の財政難を救済する最後の砦になる!

日米同盟における米国政府が行っている日本の基幹産業企業、製造業企業向けの給付金制度のことを「企業育成資金」といいます。 企業育成資金には、東証一部 資本金100億円以上を対象とする米国政府が主催している企業育成資金と、東 …

大口資金を早急に動かしたい理由について解説します。

大口案件を早急に動かしたい理由について解説! 日本における産業支援制度を説明する中で、大口資金を早急に動かしたい理由は存在します。 その一番の理由は、米国管理された日本の企業育成資金の財源は、天文学的数字になっていること …

« 1 2 3 10 »

MSA総合研究所(SRP研究 シンクタンク)
資本主義社会の発展に必要な資金SRPについて研究して資金提供できる仕組みについて説明しています。歴史的資産と言われ、世界最大の資産といわれるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)の財源について研究して、ODA開発援助の歴史、そして、未来への目標について常に研究し、実務レベルで業務を遂行しているシンクタンクになります。

MSA Research Institute (SRP Research Think Tank)
We research SRP, a fund necessary for the development of capitalist societies, and explain the mechanism by which it can be funded. It will be a think tank that is constantly researching the history of ODA development assistance and its goals for the future by studying the financial resources of the SRP (Sovereign Royal Portfolio), which is considered a historical asset and the largest asset in the world, and conducting its work on a practical level.

MSA総合研究所 理事長 Mr.Manabu Kotani

メテ財団 グローバル担当・アンバサダー Mr.Manabu Kotani
企業育成資金・資金本部として申請窓口として業務を行っています。

 

MSA Research Institute Mr. Manabu Kotani
Mr. Manabu Kotani, Global Ambassador, Mete Foundation
Mr. Manabu Kotani is in charge of the application process for the Corporate Development Fund and the Fund Headquarters.

【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

MSA Research Institute
Free consultation on corporate development funds available at any time
10:00 a.m. to 8:00 p.m., seven days a week

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msa@msa.tokyo

Line登録 https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

If we are unable to respond to your call because we are in the middle of a meeting, we will call you back from the call history. We do not respond to blocked calls.

If you wish to have a meeting with us, please call us in advance and we will hear the details of your request.

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

Interviews will be held at a designated conference room in Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Please register as a LINE friend.
If web conferencing or other means are required, we will use LINE ZOOM or other means.

【LINE登録】

https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

We hope you will find the information provided by MSA Research Institute useful.

Related Blogs

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

Flag Counter

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.