国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

MSA資金

銀行における最高のセキュリティーレベルにおける案件

長年、存在について謎だといわれていた企業育成資金について、説明をしています。すなわち、この制度は、銀行管理されたTRUSTの資金ということになります。TRUSTとは、銀行が資産を預かり、後世の人のために資産防衛をしながら …

TRUSTにおける引き出し条件を理解しよう。

youtu.be 企業育成資金と言われる大企業(東証一部、銀行、信金)の代表権者個人に返還不要の資金として巨額資金が無償提供される給付金制度について、追求していけば、『TRUST』という制度が関係しています。 前々回から …

歴史的背景とTRUSTの制度を理解すれば、この資金の本質が見えてくる。

youtu.be 2月も最終日、明日から3月になります。月日は経つのが早いです。日本には「企業育成資金」という戦後から続く大企業経営者に提供される巨額資金があるということについてブログで紹介してきました。 本当にそんな制 …

国難を乗り越えるためには、橘資金と育成資金の仕組みを理解すれば、簡単に問題解決ができる!

大企業経営者に提供される資金として都市伝説のように言われていた資金ですが、真実を言えば、橘資金(皇室資金)であるということが言えます。橘資金は、もともとは、大正天皇の皇后である貞明皇后の資産を戦後復興財源としてイングラン …

1月も最終週です。2月からは積極的にアプローチしていきます!

1月も最終週になりました。今年は、正月明けからコロナ渦による緊急事態宣言でした。今年はスタートから非常に厳しい状況になっています。外出を自粛するように政府から要請がありますので、それに従い、経済も自粛ムードがであります。 …

コロナ不景気で育成資金の給付金制度を活用してください。 

  育成資金(橘資金)についての話をこのブログでは紹介しています。これは、海外で運用された資金を送金し、指定都市銀行の申請者の個人口座に資金を振込む案件になります。 このことは、過去のブログでも説明をしています …

赤字国債を発行しないために、この制度を活用する。

今、多くの国民が給付金を求めている中で、大臣の話で「給付金は、税金で賄っていると思っているのか?赤字国債で賄っているのだ。借金で給付金をだしているということは、後世にこの借金を残すのか?」という発言が、ニュースで話題にな …

国難救済は、この制度の活用が急務です。

このブログのテーマである育成資金及び橘資金(皇室及び旧財閥の資産をイングランド銀行に信託して運用して企業代表者(東証一部・銀行・信金)に提供する資金)の活用方法について説明をしています。   MSA総合研究所の …

日本の國體に守られた資金

育成資金及び橘資金という産業育成のために作られた給付金制度についてこのブログでは説明しています。   この資金は、大正天皇の皇后である貞明皇后の資産及び旧財閥の資産を復興財源として活用するためにイングランド銀行 …

緊急事態宣言下で、全国民を助けることができるのは、この制度以外ない。

コロナ渦における国民救済の急務を言われています。すべての国民が困窮していないとしても、相当多くの方が困窮しているのは事実です。緊急事態宣言下で、生活必需品などの最低限のものは、需要はありますが、行動制限を受けることで、影 …

人脈次第でコロナ渦の時代にも大きな現金資産を作れる案件

政府からの給付金は、もう出さないということを明言しているということで、メディア報道されています。コロナ渦のとどまるところしならない経済危機であることは事実です。一昨年よりは回復しているということを言いたい政府ですが、現実 …

国民(民間)が力を合わせて、日本を救済する時期が来た。

コロナ渦における経済危機に於いて、政府からは給付金を再度おこなうことはないという方針であるということがメディアの報道で流れています。   すなわち、政府救済を求めても、実際のところ難しいといえます。最後の砦は、 …

国難の救済には、この資金以外ない、緊急事態宣言で早急に動かすべき

緊急事態宣言が首都圏、全国の大都市圏を中心に拡大、そして全国に拡大へという話になってきています。東京のコロナ感染者数も1日2000人を超える日もあり、非常に緊迫した状況になっています。   経済への影響も深刻さ …

コロナ渦の中、日本経済支えるにはこの資金の活用が重要です。

コロナ渦で新年早々、非常に厳しい状況になっております。日本の経済状況です。これは世界的なことです。感染症拡大防止のために人の移動を最大限に制限することになっており、経済への影響は非常に大きいものになっております。 &nb …

1月12日になりました。本日から完全スタートです。

数日ぶりの更新です。 1月12日になりましたので、今年の育成資金の仕事も本日から開始されます。 旧財閥の育成資金は、東証一部・資本金130億円以上という希望がありますが、製造業、基幹産業であれば、資本金100億円あれば相 …

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.