国家の民間財源として巨額な財源を生み出すことができる仕組みを活用することで、産業活性化、地方創生、日本経済に貢献する事業を展開しています。持続可能な日本経済の発展を支援しています。
ブログ

月別アーカイブ: 2020年8月

この難局をどう乗り切るか?

日本経済の底上げをするにはどうしたらいいのか?ということを本気で考える時が来たと言えるのではないだろうか。 昨日の発表で、今年の4月から6月期のGDPの落ち込みが、約28%であったと報道発表された。倒産、廃業件数も中小、 …

日本の新しい形の経済システム「ベーシックインカム」導入に向けての話

ベーシックインカムを実現するには、「企業育成資金」の財源を活用するのが手っ取り早いといえる。例えば、1憶2500万人いる国民全体に毎年300万円(1人)に支給するとすれば、必要な財源は、375兆円になります。それだけの財 …

日本は、ベーシックインカムを実現できる財源のある国家である。その方法は、国でなく民間財源から生み出されている。

資本主義経済の末期に来ているなぁと思うことがあります。インターネットで情報が統制されたことで、世の中が便利になりましたが、簡単に情報に対する順位が決められる時代になりました。よって、従来のビジネスモデルではやっていけない …

猛暑に負けるな、活動を止めるな、気合を入れて資金を動かす。

最近の猛暑で、筆者も外出をしたくなくなっています。コロナの患者数も増えているということですから、なおさらです。といっても、企業育成資金について、全国からオファーがあれば、説明しています。 東証一部企業、銀行、信用金庫など …

送金の案件とは・・・

「欧州の運用会社から日本に向けて送金する案件」=「企業育成資金」 の案件ということになります。 運用する元財源については、歴史的ないろんな話はありますが、日本向けに運用されている資産は、巨額にあるということが言えます。 …

八月八日 末広がりの日

今日は、8月8日、商売をやっている人は、末広がりということで、「八」の数字を好む傾向があります。 もうすぐお盆になります。夏場になれば、コロナの感染者数が減るのではないかと思っていましたが、感染者数が最近はまた増えてきて …

« 1 2

MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。MSA総合研究所では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

MSA総合研究所【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所|企業育成資金申請代理 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.