• 月. 7月 15th, 2024

日本の資金と米国の資金といわれる企業育成資金について

Byadmin

5月 11, 2021
日本の資金と米国の資金といわれる企業育成資金について
企業育成資金について話を聞くと、昔から日本の資金や日本ルートという表現、また、米国資金とか米国ルートなど、日本と米国という言い方をする人がいます。
さて、どのような制度になっているのでしょうか?
資金の管理方法に2種類あるということです。日本に巨額にあると言われる企業育成資金は、米国管理された資金ということになっています。
また、さほど多くはないですが、日本政府が管理した産業用の管理資金がありますが、これは、財政法44条資金などと言われる資金ということです。
また、企業育成資金に申請して、東証一部で資本金50億円から100億円で小口資金と言われる案件は、出る資金も基本資本金の10倍までという通常の育成資金にくらべて少額になっているのは、日本政府が直接管理している産業用育成資金が少ないということが言えます。その資金はすでに現金化されれいる資金ですので、使用範囲が広く、米国管理された資金のように縛りがすくないので、活用方法は色々あるようです。
通常の大口案件でできない企業へ資金提供をするためにこの資金が活用されたりするようです。
しかし、予算的には余裕があまりないということです。
巨額な予算をもって資金提供をしているのが、東証一部・資本金100億円以上、銀行、信用金庫・預金高5000億円以上の企業代表者に提供される大口の育成資金です。これは、国家予算の数百年分の資金がすでに日本に送金済みになっており、海外運用されている資金も合わせると国家予算の数千年分の資金が運用益が存在しており、資金本部としては、こちらの巨額にある資金を動かしたいというのが本音です。
実際に救済をもとめているのは、資本金の小さい企業が多いのですが、企業育成資金が財源に余裕があるのは、資本金が巨額な東証一部企業、銀行、信用金庫の代表権社個人を対象にする大口の育成資金になります。
いずれにしろ、ここで言う大口の育成資金の案件は、米国管理された資金であり、米国側の管理者は、歴代副大統領ということです。
さて、米国管理された大口育成資金にも2種類があります。
これは、米国からの食料支援金の積立金をベースにした政府系育成資金と財閥私財を運用した財閥系育成資金です。
なかなか複雑な産業育成資金制度ですが、この制度を理解して仕組みを活用しれば、日本はいくらでも財源を確保する方法があります。
資金本部としては、積極的に大口の育成資金の案件を行いたいと思っています。
よって、申請書類だけで、申請者本人が直接面談に来なくても電話対応だけで入金する「前振り込みの制度」も実施しています。
ある意味、数兆円という規模の資金提供案件が、5点セットという申請用紙と資金本部から電話対応で電話面接を受ければ、資金が入金されるのですが、すごい案件ですね。
※申請費用は当然無料です!
本制度に対するお問い合わせは、当研究所まで
MSA総合研究所より

By admin