• 月. 7月 15th, 2024

最近人気

Top

PPPの世界を極めるには、海外送金を極める必要があります。それをおこなうには、先ずはWiseの無料登録からスタートしてください!

ブログ

無償還ローン:返済不要融資資金の仕組みについての解説(欧州投資銀行とPBにおけるサービ

 返済不要資金の仕組み(無償還ローン)

日本では都市伝説的に言われている返済不要の融資について説明します。これは、欧米では、BGの収益化ということで国際金融の世界では説明されている仕組みになります。大量のアセットを保有しているアセットホルダーからアセットの使用権を期限付きでリースします。その後、アセットのリース情報を銀行に持ち込み、銀行でBG(銀行保証)を発行してもらいます。その際には、数十万ドルの委託料が必要になります。その後銀行から投資銀行に対して、SWIFT MT760BGを送信して、投資銀行は、そのBG情報を見て、BGを担保とみなしBGの額面に対して65%〜80%の融資を実行します。融資を受ける顧客は、融資の支払い保証をする保険に加入します。つまり、銀行もリスク回避のために支払保証保険に加入後に融資を実行します。(ノンリコースローン)、保険料は、数十万ドルかかります。

BGのリース期間は、365日+ 1日です。銀行から融資が行われた際に、すぐに、BGのリース料と管理費をPBに支払います。それで、残った資金については、融資を受けた投資家が自由に資金を活用することができます。また、その資金については、無償還ローンということになりますので、返済不要の資金として活用することができ、PPPへの投資、プロジェクトへの投資ができます。

 

これが、仕組みになります。

 

※この償還金に申し込むのは、国籍、性別、業種、企業の規模、特に基準はありません。融資保険料が払えることと、プロジェクトがあることで申請可能な資金です。10億ドルの無償還ローンの資金調達で、保険料は、80万ドルです。最低融資額の200万ドル程度であれば、返済保証保険の保険料は、11万ドルほどです。

TEL 03-6820-0086    070-8401-7928
午前10時から午後8時まで
メール相談(24時間)Email: msasouken@gmail.com

開発援助の目的は、「マネーサプライ」

国家における通貨の供給の方法というのは 中央銀行が その国の通貨を発行しておりますので 中央銀行が銀行券を貸し出すことで資金を供給しているというのが一般的な通貨供給の仕組みとなります。

しかし 中央銀行からの資金供給を行うだけであれば これは民間であれ 政府であれ 借入ということになりますので一定期間が過ぎれば必ず返済をするかもしくは 借り換えを行うかどちらかにしなければいけません。この仕組みですと 雪だるま 方式で借金が膨らんでいくことになり 市場経済が発展すればするほど 借金が増えることになります。この問題を是正するために開発援助 プログラムというものが存在しています。

SRP 米国財務省 管理資産からの開発援助 プログラムに関して言えば、 この資金に関しては 資金譲渡をするということで資金の返済を求めていません。 つまり 外国から外貨収入を得たということで 援助国に資金を投入をし 援助国で返済不要の資金として現地通貨で資金が市場に残っていれば これは 市場での預金として資金が保全 されることになります。これは 貿易黒字になったと同じ意味になります。

中央銀行だけではできない 通貨流通量を増やす仕組みとなるわけです。SRP が行う開発援助 プログラムは基本的には 貿易黒字としての扱いとなり 資金提供されることで 援助国としては市場に資金を残すことが可能となります。よってこれは外貨運用を行うことによって収益を得る モデルになっているわけです。

米国償還|日米相互防衛援助協定(MSA協定)について

企業育成資金の基本的ルールになっている法令は、1954年に日米間で結ばれた相互安全保障法が関係しています。日米相互防衛援助協定と呼ばれています。

□第5条資金についての解説、(これは、政府と分離して保管すると明記しており、第三者から影響受けない独立した資金になります)
□この資金については、国連に登録された条約ということになり、簿外資金に対する管理、資金の活用方法については、国連に登録されたルールに従って資金を活用するようになっています。現在では、簿外資金における分配比率は、政府50%:民間50%と決まっています。

□この条約は、国連に登録された国際条約になります。 99年間の期限(2053年まで)

米国(米軍)管理している日本の平和維持資金(産業支援制度)について

資金の保管について書かれています。

特権である(免税、免責、免訴、)についての記述

下記のURLから全文がダウンロードできます。↓↓↓

https://kokkai.ndl.go.jp/minutes/api/v1/detailPDF/img/101903968X01519540312

Posts List

【10兆円倶楽部】リアルに 本 ブログの読者の人が 10兆円を得るにはどうすればいいのかというソリューションを考えています。 申請 条件は誰でもいいです。ただ一つ 要求することは保険金を支払うことができることが条件です それだけ 国籍も職業も会社の規模も 問いません。
筆者が提案するのは誰でも受けられる 償還金 つまり 返済不要のローンです。BGの収益化とPPPの世界です。
国際金融の観点から見れば 償還金の基準などは存在しない. そして実際に自分自身がその仕組みによって資金調達をしなければその仕組みを理解し 自分自身で申請をすればその結果がよくわかると思います。
一般的に日本で言われている 償還金の基準というものは 国際金融の市場で言うとあまり関係のない話ですから なぜそのようなことが起こっているのかということを検証してみたいと思います。
日本で言うところの償還金と言われているプロジェクト ファイナンスは誰でも受けることができる そのことについて具体的に説明します。
色々考えてみたが、日本の償還金の基準は、日本オリジナルの世界で、国際金融における基準でない。世界は、特に高いハードルはない。自分で手続きすれば、問題なし
PPPの世界の常識を知る。PPP口座の開設⇒BGを使いノンリコースでレバレッジをかける⇒PPP運用スタート⇒爆発的な収益の世界へ
償還金の世界について言えば、すべてが、ノンリコースローンとPPPそしてBGの世界ということになる。これだけの話です。
これはある 意味 一つの提案になるわけですが償還金がもらいたくてもらえない人へのソリューション
巷で噂の15億円や 30億円で行う PPP の世界について皆さんもこういう風な国際金融の世界があるというのを理解してください これは実は ワンパターンです。 そのことについて詳細を説明しています。
必読 このことだけを理解すれば育成資金や PPP それらの仕組みが完全に理解できます。
所属するPB(プライベートバンク系)のPPPサービスについて説明します。
プライベートバンク の提案する まさに 錬金術と言える世界、それは 欧州の投資銀行などが協力して行う スペシャルな仕組みである。
普通の常識を超えたプライベートバンカーとproject資金の世界の資金調達の仕組み。
このようなチャンスというのは人生に一度ぐらいしか回ってこない 仕組みである。
世界の最高峰のプライベートバンカーの世界「ノンリコースローンとPPPの世界」
これぞ究極の世界 欧州の投資銀行とノンリコースローンと PPP の世界
欧州の最新PPP事情:国籍に関係なく 10万ユーロ(1800万円)から参加できる仕組みがあり 20営業日で150%の収益になります。当然 PPP ですから 元本保証です。

X(ツイッター)