企業育成資金を始めとする私募プログラムからの資金調達方法についての研究および支援事業を展開しています。割引債、割引ゴールド、割引株のPPPについての案内・秘密厳守で企業育成資金の申請をします。

PPP(Private Placement Program)日本国内向け

  • HOME »
  • PPP(Private Placement Program)日本国内向け

●国内向けPPP(私募プログラム)の紹介(日本国籍限定)

1,企業育成資金 割引債のトレード 償還制度 一括払い 東証プライム資本金300億円、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上 代表権者個人 申請可能

2,ゴールドブリッジ案件 長期間トレード 400Kgゴールド 割引転売 個人名義資金30億円前後(日本国内銀行 個人口座・銀行・信金普通預金口座に残高ある方)火曜日、水曜日 木曜日取引

3,爆速PPP 割引株トレード 1週間プログラム 残高証明(POF) 15億円もしくは30億円 個人名義普通預金口座(日本国内 銀行、信金OK NET銀行NG)

※取引詳細については、直接お電話、メールをください。宜しくお願い致します。

現在日本で募集しているPPPについて【金融資産から工業用利用へゴールド使用用途の切り替え案件】

◎日本で出来るPPP案件(2022年8月現在)
□案件400Kg ゴールド ブリッジ取引を行うPPP 毎週1回取引 長期間希望
資金者 400Kgゴールド取引のクレジット・ラインの設定ができることが条件
割引ゴールドを転売(差益を稼ぐモデル)
日本の銀行残高あること(日本円決済)
※詳細は、お問い合わせください。

PPPについての概念について(資金者、クレジットライン)とは?

日本円で日本の銀行で出来るPPP案件 (日本の銀行であればどこでの可能)

取引数量に限定がありますが、日本円でできるPPPの案件があります。資金の保管銀行は、日本人の個人を対象に日本国内のどの銀行でも結構です。個人名義の銀行に、15億円の預金が2週間ほど動かさず保管することができれば、PPPで収益を挙げられる可能性があります。当然、PPPですので、Due Diligenceの審査があります。審査に合格者は、申請から2週間ほど、300%ほどの収益が期待できるプログラムになります。短期爆速プログラムといえます。申請費用は無料です。詳細を聞きたい方は、MSA総合研究所にお問い合わせください。なお、取引数に制限がありますので、完売になり次第終了となります。

※本案件は、日本のどこの銀行でも資金の保管先は大丈夫です。申請者ご本人名義の個人口座に2週間ほど資金移動しないで放置するだけです。普通口座で大丈夫です。

※日本国内、日本円での決済ですので、申請には都内で手続きは必要になりますが、為替差損のリスクはありません。
※申請費用は、無料です。
※相談無料です。

PPP(Private Placement Program)(日本向け対応)

MSA総合研究所では、欧州、米国のPPPプラットフォーム、PPPトレーダーとの取引がございます。PPPは、米国FRBのトレーダーライセンスをもった専門のトレーダーとJV(ジョイントベンチャー)事業として行う案件になります。
日本の銀行の残高を利用してPPPを行う方法は、通常のSwift MT799,MT760を使いブロックファンドとして資金をロックし、クレジット・ラインを発行する方法では、銀行対応ではできませんので、NO Swiftという仕組み通じて行っています。これは、残高については、口座主のものを提示しますが、あくまでも、資金が有るという証明だけで、クレジット・ラインの設定はトレーダーが持っているクレジット・ラインを利用して行う方法です。この方法を用いて、PPPを行うことは可能です。日本の銀行口座の残高を提示し、KYCやその他必要な書類を作成し、トレーダーデスクに申請し、欧米のトレーダーバンクでPPPを行います。また、トレーダークラスがティア1(一級ライセンス)のトレーダーは、世界のどこの銀行での取引が出来るライセンでありますので、日本の銀行でのPPPを行うことができます。その際には、取引口座は、証券口座を利用して行うことがあります。
対応銀行は 三菱UFJ銀行 外貨預金口座(ドル建て口座)

PPPにおける最低預金高

USD1000万ドル(10M USD)からの対応になります。
通常 1億ドル(100M USD)以上でPPPに参加可能になりますが、残高が、1億ドル以下の場合、短期プログラムによって、瞬時に残高が1億ドルを超えるように資金を増やすプログラムが実施され、その後、1億ドル以上の資金が出来てから、ロールアップすることで 40週間プログラムを実施されます。
例えば
1、ショートプログラム 30M USD ⇒(30日間 10倍)⇒ 300M (30日後)
2,40週間プログラム 300M USD×週50%×40週=6000M USD(6B USD)と なります。
すなわち、30MUSDの残高があれば、1年後に6000M USD になることも可能なプログラムもあります。
これは、週に50%の利回りのトレードになります。
一般的な場合は、月100%という場合が多いために 10ヶ月で10倍程度ということになります。
その場合は、USD300M×10倍⇒USD3000M(USD3B) ということになります。
ショートプログラム+40週間プログラムの運用プログラムは、巨額な資金を生み出します。
これは、一例ですから、トレーダーによって提示されるプログラムは違います。
Swift MT799やMT760のメッセージの送付は、必要としません。

申請書類ダウンロード

下記の2つのファイルをダウンロードして必要事項に書き込み、MSA総合研究所にメールください。

PPPの申請費用は、無料です。
Email  msasouken@gmail.com

PPPの申請方法

1、東京にて日本代理人と面談(東京都港区六本木)
(PPPの姿勢の手順の説明、人物の性格、資金計画などを考慮して、参加可能かどうかを判断します。
2,人物、資金、期間的に問題なければ、必要書類(POF、CIS、パスポートコピー)を提出していただき、国際弁護士がコンプラチェックをして、KYC(申請書類を作成します。)
3,KYCができれば、FRBに連絡をして、面談手配します。
4,ビデオ面談(インターネットでWEB面談)を行います。
5,FRBの面談が合格になれば、KYCを最終的に仕上げて、FRBからの認可が取れれば、PPPにエントリーできます。
6,PPPプラットフォームのプログラム、短期、40週間プログラムなど参加できるプログラムを決めて、銀行がクレジット・ラインを発行して、PPPに参加する。
7,毎月、収益がペイマスター経由して、資金が指定口座に入金されます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6820-0086 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】
Email: msasouken@gmail.com

【日本私募プログラム研究会】MSA総合研究所のマークです。資本主義社会は、砂時計みたいなものだと考えています。経済は。資金の流れを生み出し、止まることなく資金を動かすことが重要です。お金は稼ぐことも重要です。しかし、資本主義経済を円滑に継続するには、資金を給付することも重要な作業です。当研究会では、企業育成資金についての制度研究及びこの制度の活用件数を増やすための支援事業を展開しております。日本経済の底上げするための大切な制度について関係者への案内をしております。

【連絡先】

【日本私募プログラム研究会】
MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msasouken@gmail.com

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※所在地 東京都港区六本木になります。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.