MSA総合研究所は、企業育成資金、国内外のPPPについての研究しているシンクタンクです。

PPP(Private Placement Program)

  • HOME »
  • PPP(Private Placement Program)

PPP 30億円 プログラム 資金移動なし 1週間で150億円に!!

30億円のPPP案件になります。これは、自らの口座から資金移動なしです。
かなりいい案件です。 ハードルは高いですが、チャンスは大きいPPP

20240416 30億円PPP 1週間 180億円(収益+元本)資金は、口座移動なし! ←PDFダウンロード

15億円PPP 資金移動なし 都市銀行 個人口座OK

15億円の資金があれば資金移動なしでPPPによる収益が見込める案件、興味があればご相談ください。

日本国内向けのPPPについての案内

本ページでは、日本国内向けのPPPについての情報を書いております。申請条件は、日本国籍で日本国内の資金であることが条件で決まっています。
日本国内で実施されているPPPの多くは、プラットフォームが提示している条件は、

1、日本国籍
2、個人名義
3、銀行内の資金(都市銀行の普通預金が良い)
4、日本国内の資金であること(外国からの資金ではキャンセルさる場合があります)

※エージェント参加のPPPに関しては、弁護士エスクロー口座に資金移動をして、一定期間保管をして、担保設定をするので、その場合は、法人でも相談可能な場合があります。その都度、紹介者を経由して、プラットフォーム(主催者)の方針について確認してください。

1名のみ募集 10億円 100Kg Gold PPP

100kg PPP ローリングの案件にがあります これは約10億円の投資となります。弁護士の エスクローの口座に資金は入金をし 一定期間 運用を回すことになりますが、このプログラムは長期プログラムとして 14ヶ月回すことによって、数百倍の利益を出すという情報があります。(収益は、毎月精算されるということで、毎月収益が増えていくタイプの特殊プログラム)

実際に資金が出せるという状況が確認できれば様々な 詳細の情報は提供することはできますが 冷やかし ごめんでお願いいたします。

この案件に関しては 募集はたった1名でなくなり次第終了ですが これに成功すれば 一発で大金持ちになるという すごい案件になりますので このような案件は二度ともう出てこないと考えられます。

まさに時代の転換点と言える象徴的なプログラムと言えるかもしれません。

国内PPP案件

現在、国内PPP案件は、複数あります。
日本国内の PPP の案件には様々な案件があります。

基本的には取り扱い 金融商品は ゴールド・国債・証券 ということになります。

取扱商品によって様々なプログラムはあります。 基本的な概念について説明します。

日本国内の PPP では 最低投資金額 5億円からというのが最低ライン となります。

5億円や 10億円の投資案件というものがございますが、これは全て自らの口座でクレジット ラインの設定をすることができませんので、プラットフォーム(主催者)が指定した弁護士のエスクローの口座に間借りをして、PPP の運用に参加することになります。5億円や 10億円の案件は全て 弁護士エスクロー口座において資金移動ありでの運用となります。

ただ、PPPの運用に関しては 弁護士口座は弁護士が管理しておりますが、弁護士自身も 自由に動かせるものではありません。法律的に守られた担保設定口座(クレジットライン設定)のための口座になります。

つまり、このようなプログラムを行うには全て 監督官庁の監視された、中で行っていると言えます。

投資金額が15億円や 30億円という案件もございます。そのような案件は自らの口座でクレジット ラインの設定ができるということもあり ご本人の銀行口座内で PPP の運用ができることになります。

15億円以上のPPPの案件には、 ご本人の口座から資金の移動はございません。

申請者ご本人の銀行口座内での PPP の運用となりますので 資金移動は必要なく一定期間資金を動かさないということで、担保設定を行い収益が自動的に自らの口座に振り込まれるということになります。

このような取引において、全て FD処理 つまり 免税処理を行いますので、実際のことを言えば全て 免税処理、免責処理というのは全て 米国側の監督官庁の管理によって行われておりますので 業界団体としては全て同じ組織が監督していることになります。

ただ、取り扱い商品によっては 様々な 売主様がおりますので プラットフォーム(主催者)はいくつかに分かれて運用はしておりますが、監督 官庁としての組織は全て同一となりますので、 このような仕組みは共通したルール(米国連邦法・国連における国際法)の中で行われていると言えます。

MSA総合研究所では、随時さまざまなPPPの案件をご案内しております。PPPの世界に関心のある方、是非ご相談ください。無料相談を随時行っております。投資者様、仲介者様、ご相談ください。弊社の連絡先からお電話をください。

国内PPP案件(国債案件)

国内PPP案件 動画で解説しております。下にはプレゼン資料を掲載しておりますので、参考にしてくだい。

PPPに関する解説(私募プログラムについての解説)

 

PPP(Private Placement Program)(海外案件)

PPP プライベートプレイスメントプログラムについて MSA 総合研究所では様々な角度から研究をしております。
PPP のプログラムに関しては 日本国内でも様々な案件が行われておりますが 国外でも様々な案件が存在しております。
特に PPP に関して言えば 基本となってきたのは 欧州における経済発展のための支援を行うために長年行われてきたと言えます。
このような案件の多くは 欧州における経済開発機構などが関与しており 国連とも強い関係がある プログラム となります。
PPP といえば 非常に利益が出るプログラムのように皆様は思われておりますが、その目的は民間に資金を提供することによって、民間が進めるプロジェクトの資金を提供することが目的であり、社会貢献事業や人道的支援を行うということで、民間の投資者に資金を提供するプログラム となっております。
奥州で PPP のプログラムに参加するには基本的にはSwift MT 760と言われる スタンバイ LC というものを 銀行のSwift ネットワークで発行することによって トレーダーはその担保力を受け取り資金を調達し、様々な投資プログラムに参加をして 申請者に利益を還元するということになります。
最低の投資金額は1000万 ユーロからというのが通常になっております。
それ以下でのプログラムというのは基本的にはほぼ、存在していないと言えます。これは全てクレジットラインというものを銀行で設定する際の最低ラインというのが1000万ユーロ の資本が必要と決まっておりますので、そのような理由によって最低投資金額というのが設定されています。
奥州のプラットフォームの中には 国際弁護士などを使ってもう少し金額が少ない投資で弁護士の エスクローの口座を使って投資プログラムを行っているケースもあります。
これはどのようなことが 日本でも行われておりますが 1000万ユーロ以下の投資者に対しては 国際弁護士の エスクローの口座を利用してプラットフォームに参加するという方法以外選択の技がないというのが一般的な考えです。
これらの取引は全て 担保口座におけるクレジット ラインの設定というのが 自らの口座でできるかできないかというのが ポイントになっています。
Swift MT760(SBLC)のメッセージが必要になります。欧州のプラットフォームとは直接取引できます。

申請書類ダウンロード

下記の2つのファイルをダウンロードして必要事項に書き込み、MSA総合研究所にメールください。

PPPの申請費用は、無料です。
Email  msasouken@gmail.com

割引ゴールドの販売

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6820-0086📱070-8401-7928 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】Email: msa@msa.tokyo

MSA総合研究所(SRP研究 シンクタンク)

資本主義社会の発展に必要な資金SRPについて研究して資金提供できる仕組みについて説明しています。歴史的資産と言われ、世界最大の資産といわれるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)の財源について研究して、ODA開発援助の歴史、そして、未来への目標について常に研究し、実務レベルで業務を遂行しているシンクタンクになります。

MSA総合研究所
企業育成資金OR PPPを管理する資金本部として、申請業務を行っています。


顧問先募集中:経営コンサルティング
★MSA総合研究所では、事業拡大を計画している経営者を支援するために経営コンサルティングを行っております。現在顧問先企業様(法人会員 個人会員)を募集しております。弊社のコンサルティング・顧問契約に興味がございましたら、是非お問い合わせください。弊社 理事長がコンサルティングを行います。

【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)TEL 070-8401-7928

Email  msa@msa.tokyo   msasouken@gmail.com

Line登録 https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

【LINE登録】

https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

 

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

Flag Counter

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.