MSA総合研究所は、企業育成資金、国内外のPPPについての研究しているシンクタンクです。

PPPガイドライン

  • HOME »
  • PPPガイドライン

PPP ガイドライン 米国連邦法基準

仕組まれた民間資金提供プログラムへの参加
【PPP ガイドライン】

 

通常の一般的なビジネス、投資、金融に適用される慣例的な基準や慣行は、いずれも私募取プログラムには適用されません。私募取引プログラムへの参加は、" 権利 " ではなく、" 特権 " です取引管理者やマネージャーは、財務的に適格な応募者を事実上無限に抱えています。全てを考慮すると、トレーディング・アドミニストレーターとその銀行は、最も優れた書類を提供する申請者を支持します。

 

応募者は、トレーディング・エンティティーが自分について知っていることを決して過小評価してはいけません。

 

完全な情報開示をしないと、不誠実な人は失格になります。クライ アントは、まず自分が適格であることを証明しなければならず、その逆はありません。クライアントがコンプライアンス、トレーダー、トレーディングバンクに受け入れられるまで、取引は成立しませ ん。

 

米国愛国者法により、コンプライアンス手続きが義務付けられました。

 

コンプライアンス・オフィサーやプログラム・マネジメントとの対面インタビューが必要な場合もありますが、通常は必要ありません。傲慢で要求の多い性格の方は、必ずお断りします。

 

資金の主たる所有者のみが署名者として求められる。会社は、会社決議を用いて、役員または取締役に単独で排他的な署名者としての権限を与えなければならない。

 

資金は、受け入れ可能な銀行に預金されているだけでなく、受け入れ可能な司法権に属していなければなりません。

 

偽造された、または変更された文書や金 融商品を提出することは、重罪の詐欺行為です。このような書類は、直ちに刑事訴追のために適切な法執行機関に照会されます。慣行、手順、および規則は、米国連邦規制当局、西ヨーロッパ中央銀行のプログラム管理者、ライセンスを受けたトレーダー、および取引銀行によって決定されます。

 

誰を受け入れ、誰を拒否するかは彼らが決定します。契約条件、利回り、スケジュールなどは、投資家の気まぐれや要求ではなく、彼らのニーズやスケジュールに合わせて作られます。

 

この市場は高度に規制されており、秘密厳守であり、投資家による絶対的な機密保持がすべての契約の重要な要素となっている。

 

守秘義務を破ったクライアントは、即座にキャンセルされること になります。

 

最後に、応募書類を一度に複数の運営グループに提出することを「ショッピング」と呼びます。

 

もし投資家が「ショッピング」をすれば、その事実は、緊密なコミュニケーションをとっているプログラム管理グループの間ですぐに広まり、知られることになり、誰にも受け入れられず、全員に 拒否されることになるでしょう。

 

 

私、は、私自身のために、私募債の機会、または投資プログラムへの参加に関する特定の情報を要求したことをここに確約します。

 

提示され、受領され、知り得た機密情報は、資金の勧誘のためでもなく、いかなる種類の提供でもなく、私の一般的な知識のためのものです。

 

私は、自分の自由意志と選択でこの情報を要求したことを確認し、さらに、いかなる関係者からも勧誘を受けていないことを確認します。

 

私は、ここに、貴社から受け取ったすべての情報を厳密に機密、私的、および所有権のあるものとして保持し、他のいかなる第三者にも開示しないことに同意します。

 

私は、私が決定したいかなる資金または資産も、私自身の特定のイニシアチブ、リス ク、および承認のもとに、十分な検討を経て、強要されることなく行われることをさらに確約します。

 

私はさらに、受け取った情報は私のプライベートな使用のみを目的としていることを確認します。

 

私は、私が知っているすべての分類の定義において、洗練された投資家であり、自分自身で投資を決定し、合法的に入手可能な資産を持っています。

 

私は、偽証罪に基づき、私が貴殿および貴殿の組織に情報を要求したこと、および貴殿がいかなる方法でも私を勧誘していないことをここに再確認します。

 

私(氏名)は、意図した取引は厳密には私募であり、1933年に改正された米国証券法に関連する既存の規制や関連規制に依拠するものではなく、また、証券の売買を伴うものではないことを理解しています。

 

さらに私は、私が免許を持った証券会社や政府の職員ではないことを表明し、あなたやあなたの組織もそうではないことを理解しています。私は、本私募債取引が証券法の適用を受けないことに相互に同意します。

 

私は、本宣誓書および取引関係にICC の非開示および非回答規則が適用されることを理解し、これに同意します。

 

また、フランスのパリにある国際商工会議所の現行の適用基準に同意し、この規則はこの参照により本書の一部となります。

 

私は、偽証の罰則のもと、個人の全責任をもって、私自身も、私の組織、私の会社、または個人投資家に関連する誰もが、いかなる政府機関のためにも働いていないことを、ここに取消不能で確認します。さらに、私は偽証の罰則を受けながら、政府のおとり捜査に関与していないことを表明します。

 

私は、偽証罪の罰則のもと、個人の全責任において、私自身、私の組織または法人に関連する誰もが、米国内、または米国の重罪と同等とみなされる世界のどこかで、重罪を犯していないことを、ここに取消不能で確認します。私の知る限りでは、私や私の関係者はテロリストではなく、米国国土安全保障省の監視リストにも載っていません。

 

私は、電子メールおよびファクシミリで送信されたすべての文書が原本として扱われることに同意します。さらに私は、単数形が使用されている場合に複数形が適用される可能性 があるすべてのケースにおいて、そのように適用されることに同意します。

 

私は、これらの資金が合法的に入手された現在有効な通貨であり、犯罪者ではない合法的な商業目的の資金であることを宣言します。 これらの資金には、先取特権、契約上の義務、またはいかなる種類の抵当権もありません。

 

私は、これらの資金の完全かつ完全な法的所有権を有しており、これらの資金を質入れした り、その他の方法で利用する無制限の権利と権限を有しています。 この資金は、私の指示により、すぐに譲渡または放出することができます。これらの資金は本物であり、検証可能です。 私は、これらの資金が有効でない原因となるような事項を一切知りません。

 

私、は、私たちを代表して、あなたとあなたの組織に特定の機密情報と文書を要求したことをここに確認します。

 

私は、貴社から受け取った情報は、私の要求に直接応えたものであり、いかなる種類の資金の勧誘や提供を意図したものではなく、私たちの一般的な知識を得るためのものであることを十分に認識していることをここに宣言します。私は、偽証罪に基づき、貴社がいかなる種類の勧誘も行っていないことをここに断言します。

 

 

私は、予定されている取引が厳密には私募であり、1933 年改正の米国証券法または関連規制に依拠または関連するものではなく、証券の販売を伴うものではないことを理解しています。

 

申込者は、受取人が本宣誓書の内容に依拠することを承知の上で本宣誓書を作成し、申込者による重要な事実の不実記載、資産価値の喪失、または銀行その他の金融機関、管理当局もしくは機関、連邦準備制度理事会、またはそのような組織の職員もしくはその他のインサイダーの行為(合法的か否かを問わず)に起因するあらゆる請求に対して、受取人およびその他の関係者(仲介者を含 む)を補償し、免責することに同意します。

 

さらに、私はここに、私たちが認可されたブローカーや政府職員ではないことを宣言し、あなたやあなたの組織もそうではないことを理解します。 我々は、この私募債取引が証券法の適用除外であり、一般大衆を対象としたものではなく、すべての資料は私的使用のみを目的としたものであることに相互に同意します。

 

虚偽の NCND/IMFPA、LOI、ICPO、RWA、BCL、FCO、または POP を提出した者は、FBI、ICCC、および INTERPOL に報告され、罪に問われます。この法律は、連邦準備理事会、欧州中央銀行 AN、インターポール、連邦捜査局、中央情報局の会議を経て、2008 年 11 月 15 日に発効しました。

PPPガイドライン PDF

PPPプログラム ガイドライン  ←ガイドライン

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6820-0086📱070-8401-7928 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】Email: msa@msa.tokyo

MSA総合研究所(SRP研究 シンクタンク)

資本主義社会の発展に必要な資金SRPについて研究して資金提供できる仕組みについて説明しています。歴史的資産と言われ、世界最大の資産といわれるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)の財源について研究して、ODA開発援助の歴史、そして、未来への目標について常に研究し、実務レベルで業務を遂行しているシンクタンクになります。

MSA総合研究所
企業育成資金OR PPPを管理する資金本部として、申請業務を行っています。


顧問先募集中:経営コンサルティング
★MSA総合研究所では、事業拡大を計画している経営者を支援するために経営コンサルティングを行っております。現在顧問先企業様(法人会員 個人会員)を募集しております。弊社のコンサルティング・顧問契約に興味がございましたら、是非お問い合わせください。弊社 理事長がコンサルティングを行います。

【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)TEL 070-8401-7928

Email  msa@msa.tokyo   msasouken@gmail.com

Line登録 https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

 

【LINE登録】

https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

 

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

Flag Counter

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.