• 月. 7月 15th, 2024

事業計画

MSA総合研究所の研究テーマ(シンクタンクとしての意義)

MSA 総合研究所では様々な特殊な金融の世界について 日々研究を行っております。

一般的にはこのような世界というものは非常に 分かりづらく、プライベートプレイスメントプログラム、つまり PPP と言われる特殊なクローズされた環境で個人間が取引するプログラムについては常に情報が隠されているために不透明である とも言われております。

これは 米国証券法におけるクロードされた取引において個人間で割引の金融商品を取引をするという法律の中で行われている特殊な取引となります。

つまり 米国 連邦法や 国連における国際法によって定められた PPP プライベートプレイスメントプログラムの取引について 日本国内や 海外における仕組みについて 日々研究をし、本ブログ MSA総合研究所では様々な角度からその実態について紹介しております。そのことによって 投資者や 仲介者にとってのより良きためになる情報を発信できればと思いこのような活動を行っております。

任意団体:MSA総合研究所の事業計画について

企業育成機構の事業計画(日本のイノベーションを支援)

企業育成機構の事業計画については、現在10数カ所の支部及び会派メンバーは、日本全国で活動しております。企業育成資金の対象企業代表者は、日本全国に500名以上ございますので、企業育成資金について理解をしていただき、新しい資本主義社会の実現、そして、令和の所得倍増計画の実現をするために日夜努力しております。随時、新メンバーを加えて、常に企業育成資金を活用しやすくするための任意団体を形成して、地域社会に貢献してまいります。

MSA総合研究所(シンクタンクの事業計画)

【東京本部】港区
【東京研修センター】東京駅近辺
【仙台連絡事務所】 JR仙台駅近辺
【名古屋連絡事務所】 JR名古屋駅近辺
【大阪連絡事務所】 JR新大阪駅近辺
【福岡連絡事務所】 JR博多駅近辺
今後の展開としては、東京本部と東京研修センター、及び、仙台、名古屋、大阪、福岡に連絡事務所を開設することです。
東京本部では、企業育成資金 国内向けのODA申請業務の手続きを行っています。
※プロの育成資金コンサルタントとして、独立ができた人は、各自自由に事務所を開設することができる。MSA総合研究所が認定したプロの育成資金コンサルタントは、MSA総合研究所のグループであることを名乗ることを許可する。許可制
東京研修センターでは、資本主義社会を発展させるために教育プログラムを実施して、それに伴うテキストの発行、研修用ビデオの政策を行う。
また、WEBシステムを活用して、MSA総合研究所が資本主義社会の発展に寄与するための仕組みづくりをしていく。
日本の資本主義社会の発展のために提言なども行う。
参加する人にとって、楽しい組織にするように務める。