MSA総合研究所は、米国財務省資産 SRPに関するシンクタンクです。国連及び米国が中心となり世界連邦プロジェクトを推進するためのプロジェクト資金の仕組について考察しています。

【動画セミナー】これからの世界はどのように創造するのか?

最新、新世界秩序 これからの世界はどのように創造するのか?SRP国連銀行システムが生み出す世界最大のゴールド金融における世界プロジェクトについて解説

 

国際ブリッジ通貨(世界共通通貨)についての解説

 

世界最大のゴールドアセットを有しているSRPが発行する世界共通通貨の仕組について説明をしています。

これから始まる通貨システムについての解説を行っています

History and current activities of SRP

 

 

■動画セミナー SRPの歴史について説明しています。また、現在における活動内容についての説明をしています。約59分

SRP これはアジア 王族 グループからの寄付 財源になりますがこの財源の歴史について詳細を知れば 日本の 近代史について明かされなかった事実が非常によく理解できると思います この歴史はものすごく興味深く 面白いですから ぜひ知ってください。

Video Seminar: The history of SRP is explained. It also explains the current activities of SRP. About 59 min.
The SRP is a donation from a group of Asian royalty, and if you know the details of the history of this source of funds, you will understand very well the facts that have not been revealed about the modern history of Japan.

企業育成資金 償還金についての説明を詳細に行っております。上野 動画 セミナーと合わせて見ていただければ SRP が提供する資金の仕組み 及び 歴史観 そして現在日本の 国内向けに行っている企業育成資金の仕組みなど全てがよくわかると思います。是非ご覧ください。説明は MSA 総合研究所の理事長の小谷が行っています。MSA 総合研究所の理事長は SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオの資産管理をする メテ財団の公式 アンバサダーとして活動しています。

The Corporate Development Fund Reimbursement is explained in detail in this video. If you watch it together with the Ueno Video Seminar, you will be able to understand the structure and history of the funds provided by SRP, as well as the current corporate development funds for the Japanese domestic market. Please take a look. The explanation is provided by Mr. Kotani, President of MSA Research Institute, who is an official ambassador of the Mete Foundation, the asset manager of the SRP Sovereign Royal Portfolio.

メテ財団 ODAプログラム 100億ユーロの寄付、SBLC資金譲渡プログラム  

Mete Foundation ODA Program €10 billion donation, SBLC Funds Transfer Program

国内外でODA政府開発援助に関係する業務を行っている方からの連絡をお待ちしております。メテ財団のプロジェクトは、世界開発を行うプロジェクトです。国連加盟国への100億ユーロの寄付があります。その他プログラムにて各国と協力体制を作りたいと考えています。よろしくお願いいたします。
We are looking forward to hearing from you if you are involved in work related to ODA Official Development Assistance, both nationally and internationally. The Mete Foundation's projects are projects that develop the world. We have 10 billion euros to donate to UN member countries. We would like to establish cooperation with other countries in other programs. We look forward to working with you.
動画セミナー:メテ財団のプロジェクトについての解説  説明者:メテ財団 公式アンバサダー Mr.Manabu Kotani

Line QRコード 登録してください。 MSA総合研究所へのお問合せに関して
企業育成資金、償還金
Mete財団・ODA開発援助プログラムについては、MSA総合研究所にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。
◎メテ財団が行いODA (政府開発援助)の募集について 加盟国は、100億ユーロの返済不要資金(寄付)を提供致します。
https://mete.foundation/mete_foundation.html ←公式ホームページ
◎SBLCによる13か月満期 資金譲渡プログラム 最低250M€から200B€(SWIFT MT760・SBLCを発行することとプロジェクトがあることで、資金譲渡されるプログラムがあります。)
申請対象国 (国連加盟国)
国家政府の首長(大統領、首相)Mete財団が契約することで、長期間のインフラ開発、産業開発、人道的支援の国家プロジェクトのために資金調達が可能になります。
予算規模は、無限大になります。

Mete財団は、1.8兆ドル以上のTier1(1級)米国財務省資産を保有しています。米国財務省資産とは、ゴールドに裏付けされた国際為替手形です。
MSA総合研究所の小谷理事長はメテ財団のアジア日本代表であり、全世界のMete財団のODA政府開発援助の申請受付業務を行っています。
https://mete.foundation/contact.html  (公式ホームページで確認してください)

■Mete財団の国家政府ODAプログラムを簡略図式説明 100億EUROの寄付⇒100億EUROの財源を資本金として銀行でSBLCを発行する⇒さらなるプロジェクト資金をSBLCの収益化プログラムで調達⇒インフラ開発+産業開発+人道的支援等⇒貿易の拡大⇒SBLCを発行⇒さらなる投資をして国家を発展させることで、事業投資をこの循環で行う。

◎Mété Foundation invites applications for ODA (Official Development Assistance) Member countries will provide 10 billion euros in non-repayable funds (donations)
https://mete.foundation/mete_foundation.html ←Official website
◎Funds Transfer Program with 13-month maturity by SBLC Minimum 250M€ to 200B€ (There are programs where funds are transferred by issuing a SWIFT MT760/SBLC and having a project)
Countries eligible to apply (UN member states)
The contract of the head of the national government (President, Prime Minister) Mete Foundation makes it possible to raise funds for national projects of long term infrastructure development, industrial development, and humanitarian aid.
The budget size will be unlimited.
The Mete Foundation holds over $1.8 trillion in Tier 1 U.S. Treasury assets. U.S. Treasury assets are international bills of exchange backed by gold.
MSA Research Institute President Kotani is the Mete Foundation's Asia Japan Representative and is responsible for accepting applications for Mete Foundation ODA Official Development Assistance worldwide.
https://mete.foundation/contact.html (Please check the official website at)
■Simplified Schematic Explanation of Mete Foundation's National Government ODA Program 10 billion EURO donation => Issue SBLC at bank with 10 billion EURO financial resources as capital => Further project funding through SBLC monetization program => Infrastructure development + industrial development + humanitarian aid, etc. => Expansion of trade => SBLC Issue => Further investment to develop the nation, and business investment will be made in this cycle.

◎Mété Foundation invites applications for ODA (Official Development Assistance) Member countries will provide 10 billion euros in non-repayable funds (donations)
https://mete.foundation/mete_foundation.html ←Official website
◎Funds Transfer Program with 13-month maturity by SBLC Minimum 250M€ to 200B€ (There are programs where funds are transferred by issuing a SWIFT MT760/SBLC and having a project)
Countries eligible to apply (UN member states)
The contract of the head of the national government (President, Prime Minister) Mete Foundation makes it possible to raise funds for national projects of long term infrastructure development, industrial development, and humanitarian aid.
The budget size will be unlimited.
The Mete Foundation holds over $1.8 trillion in Tier 1 U.S. Treasury assets. U.S. Treasury assets are international bills of exchange backed by gold.
MSA Research Institute President Kotani is the Mete Foundation's Asia Japan Representative and is responsible for accepting applications for Mete Foundation ODA Official Development Assistance worldwide.
https://mete.foundation/contact.html (Please check the official website at)
■Simplified Schematic Explanation of Mete Foundation's National Government ODA Program 10 billion EURO donation => Issue SBLC at bank with 10 billion EURO financial resources as capital => Further project funding through SBLC monetization program => Infrastructure development + industrial development + humanitarian aid, etc. => Expansion of trade => SBLC Issue => Further investment to develop the nation, and business investment will be made in this cycle.

 

■官民投資ファンドの資金調達方法について(譲渡資金)

官民投資ファンドによる都市再生プロジェクトを考えるならば、このスキームが良いと思います。
Mete財団に対してSBLCを発行してくれれば、Mete財団は、1年間12回に分割して、資金を提供します。1プロジェクト当たり、2億5000万ユーロから2000億ユーロです。
SBLCが発行できることが条件ですが、資金譲渡を行いますので、この仕組み使えば、常に資金を確保できます。
申請は、政府、民間は、問いません。投資ファンドを作って、そこに資金を投入して、それによって、銀行側でSBLCを発行して、1年+1か月、ブロックしておくだけでOKです。
Mete財団は、SBLCに対して支払い請求は行いません。ただ、1年+1か月のブロックをしておくことが条件です。
これによりSBLCの発行金額と同等金額の資金をMete財団から資金を譲渡します。

■Financing Methods for Public-Private Investment Funds (Transfer Funds)
If you are considering a public-private investment fund for an urban renewal project, this is a good scheme.
You issue an SBLC to the Mete Foundation, and the Mete Foundation will provide the funds in 12 installments over one year, ranging from 250 to 200 million euros per project.
The SBLC must be able to issue the SBLC, but the funds will be transferred, so this mechanism will ensure that the funds are always available.
Applications can be from either the government or the private sector. All you have to do is create an investment fund, put the money into it, and thereby issue SBLCs on the bank side and block them for a year + 1 month.
The Mete Foundation will not make any payment claims against the SBLC. The only requirement is that it be blocked for 1 year + 1 month.
This will transfer funds from the Mete Foundation in an amount equal to the amount of the SBLC issue.

現在、Mete財団グループが国連加盟国国家政府に対して行っているODAの仕組について解説します。
Mete財団は、米国財務省資産=SRPを活用したODAを行っています。
Mete財団に加盟した国家政府は、100億ユーロの寄付を行います。
その後、100億ユーロの一部を中央銀行などに預金をして、政府ファンドを設立しください。(特別会計)
その政府ファンドの財源を担保に、SBLCを発行して、再度Mete財団のプロジェクト資金の申込をしてください。SBLCを13か月ブロックすることで、250Mから200B€のプロジェクト資金を調達することができます。
その財源を使って、国家政府は、インフラ開発、産業開発を行ってください。その場合は、中央銀行で自国通貨を発行して国内業務を行い、Mete財団のSBLC収益化プログラムから得た外貨(€)で貿易するための財源としてください。
政府ファンド(特別会計)の規模は、運用を繰り返すことで、大きくしていってください。政府ファンドが大きければ大きいほど、SBLCの発行金額が大きくできます。この仕組みを使って、循環型開発援助ができます。つまり、持続可能な経済発展が可能になります。

This section describes the structure of the ODA that the Mete Foundation Group currently provides to national governments of UN member states.

The Mete Foundation provides ODA using U.S. Treasury Assets = SRP.
National governments that join the Mete Foundation contribute 10 billion euros.
Then, a portion of the 10 billion euros is deposited with the central bank, etc., to establish a government fund. (Special Account).
With the financial resources of that government fund as collateral, issue an SBLC and again apply for project funding from the Mete Foundation. 13 month blocks of SBLCs can raise project funding of 250M to 200B€.
The national government should use the financial resources to develop infrastructure and industry. In that case, it should issue its own currency at the central bank to finance domestic operations and trade in foreign currency (€) obtained from the Mete Foundation's SBLC monetization program.
The size of the government fund (special account) should be increased through repeated operations. The larger the government fund, the larger the amount of SBLC issued. This mechanism can be used to provide cyclical development assistance. In other words, sustainable economic development becomes possible.


 

Mete財団の寄付される資金は、Mete Walletを通じて、資金が分配されます。このMete Walletは、Mete財団のよって独自開発された送金システムです。Mete Walletを通じて全世界に支払いを可能にしています。

Funds donated by the Mete Foundation are distributed through the Mete Wallet. The Mete Wallet is a proprietary money transfer system developed by the Mete Foundation that allows for worldwide payments through the Mete Wallet.

 

SRP開発援助の目的は、「マネーサプライ」

国家における通貨の供給の方法というのは 中央銀行が その国の通貨を発行しておりますので 中央銀行が銀行券を貸し出すことで資金を供給しているというのが一般的な通貨供給の仕組みとなります。

しかし 中央銀行からの資金供給を行うだけであれば これは民間であれ 政府であれ 借入ということになりますので一定期間が過ぎれば必ず返済をするかもしくは 借り換えを行うかどちらかにしなければいけません。この仕組みですと 雪だるま 方式で借金が膨らんでいくことになり 市場経済が発展すればするほど 借金が増えることになります。この問題を是正するために開発援助 プログラムというものが存在しています。

SRP 米国財務省 管理資産からの開発援助 プログラムに関して言えば、 この資金に関しては 資金譲渡をするということで資金の返済を求めていません。 つまり 外国から外貨収入を得たということで 援助国に資金を投入をし 援助国で返済不要の資金として現地通貨で資金が市場に残っていれば これは 市場での預金として資金が保全 されることになります。これは 貿易黒字になったと同じ意味になります。

中央銀行だけではできない 通貨流通量を増やす仕組みとなるわけです。SRP が行う開発援助 プログラムは基本的には 貿易黒字としての扱いとなり 資金提供されることで 援助国としては市場に資金を残すことが可能となります。よってこれは外貨運用を行うことによって収益を得る モデルになっているわけです。

Money Supply Explained

The central bank issues the country's currency, so the general mechanism for supplying money is for the central bank to lend banknotes to the central bank to supply funds.
However, if the central bank only supplies funds, whether private or government, it is borrowing money, which must be repaid or refinanced after a certain period of time. This system causes a snowball effect of debt, and the more the market economy grows, the more the debt grows. To correct this problem, development assistance programs exist.
In the case of the Development Assistance Program from the SRP U.S. Treasury Controlled Assets, this is a transfer of funds and does not require repayment of the funds. So, if you have foreign exchange earnings, and you put money into a donor country, and the money is left in the market in the local currency in the donor country as non-repayable funds, then the money is preserved as a deposit in the market. This is the same as having a trade surplus.
The SRP's development assistance programs are basically treated as trade surpluses, and the funding provided allows the donor country to keep the funds in the market. The SRP's development assistance programs are basically treated as trade surpluses, and the donor country can keep the money in the market by providing
funds.

地方創生:道州制:地方政府(地方自治体)の特別会計の設置プログラム 別枠財源の確保

メテ財団のSBLC収益化プログラムを活用して地方政府の特別会計の設置を提案します。これは、米国財務省資産であるSRPからODA開発援助資金を調達して、その財源を特別会計の財源とする仕組みです。税収や地方交付税などから得る収入だけでは地方政府は維持管理できなくなっていきます。そこで、米国財務省資産SRPから資金調達をすることを提案します。日本政府の特別会計もこの方法で一部資金調達をしています。現在は、国家政府、地方政府、民間企業で活用可能になっています。

We propose the establishment of a special account for local government through the Mete Foundation's SBLC monetization program. This is a mechanism to raise ODA development assistance funds from the SRP, a U.S. Treasury asset, and use those funds to finance the special account. Local governments will no longer be able to maintain and manage themselves solely on the revenues they receive from tax revenues and local allocation taxes. Therefore, we propose to raise funds from the U.S. Treasury Assets SRP. The Japanese government's special account is also partially funded in this way. Currently, it can be utilized by the national government, local governments, and private companies.

MSA総合研究所は、所在地 東京都港区に設立した任意団体のシンクタンクになります。
MSA総合研究所 代表 LINE QRコード ご質問がございましたらLINEでも対応いたします。お気軽に登録してください。このLINEは、MSA総合研究所 代表が直接確認するQRコードになります。企業育成資金、PPPに関する質問は随時受けつます。LINEでのWEB会議にも対応します。

MSA Research Institute is a voluntary think tank established in Minato-ku, Tokyo.
MSA Research Institute Representative LINE QR Code If you have any questions, we are available on LINE. Please feel free to register. This LINE is a QR code for direct confirmation by the MSA Research Institute representative. We are always available to answer questions about enterprise development funds and PPPs, and will also be available for web conferencing on LINE.

 

TEL03-6820-0086 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】
携帯(SMS)070-8401-7928
Email: msa@msa.tokyo

プロジェクト資金提供プログラム (政府、企業ともに可能) SBLCプロジェクト

プロジェクト資金提供プログラムについて説明をしています。
これは、メテ財団が全世界の国家政府、地方政府、企業向けに行っているプロジェクト資金を提供(資金を譲渡する)するプログラムです。
申請者は、自らの取引銀行で銀行送金ネットワークのSWIFT MT760 SBLCを250M€~200B€を13ヶ月ブロックで発行します。そうすることで、メテ財団からSBLCの発行金額と同等金額を1年間、毎月分割で12回払いで全額支払いをします。この資金は、譲渡資金としてプロジェクト資金として活用できます。
現在は、このプログラムを全世界で実施しています。
日本の企業、地方政府は、このプログラムから資金調達をおこなうことができます。
This page describes the Project Funding Program.

Project Funding Programs (both government and corporate possible) SBLC Projects

This is the Mete Foundation's project funding (transfer of funds) program for national and local governments and companies worldwide.
The applicant issues a SWIFT MT760 SBLC on the bank transfer network SWIFT MT760 SBLC in 13 month blocks of 250M€ to 200B€ at their own correspondent bank. In doing so, the Mete Foundation will pay the full amount equivalent to the amount of the SBLC issued in 12 monthly installments for one year. These funds can be used to fund projects as transfer funds.
Currently, this program is being implemented worldwide.
Japanese companies and local governments can also use this program to raise funds.

 

 

 

TEL 03-6820-0086
午前10時から午後8時まで
メール相談(24時間)Email: msasouken@gmail.com

New NWO Plan

SRPの世界最古の銀行 World's oldest bank in SRP

Mete財団は、世界最古の銀行資産であるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)を使った世界銀行システムである。3000年の長い歴史を経ても今なお世界最大の資産を管理している。歴史的に言えば、世界の中央銀行に対して通貨を発行するための担保力を長年提供してきたことになる。表向きの銀行史では、欧州の名門銀行家が世界的には知られているが、事実は、その資産は、SRPがオーナーであり、SRPが銀行家に対して資産を貸し出したことになる。この事実については、長年歴史の中で隠されてきたことであり、それらことを簡単にまとめると以下のような説明ができる。

The Mete Foundation is the World Bank system using the world's oldest banking asset, the Sovereign Royal Portfolio (SRP), which after 3,000 years of existence still manages the world's largest assets. Historically speaking, it has long provided the world's central banks with the collateral power to issue currency. Ostensibly, the history of banking is known worldwide to the prestigious European bankers, but the fact is that the assets were owned by the SRP, and the SRP lent the assets to the bankers. This fact has been hidden in history for many years, and a brief summary of these matters can be explained as follows.

SRPの歴史は、実に紀元前960年ごろが起源となります。イスラエル王国でもっとも繁栄したソロモン王の資産を、ソロモン王の末裔たちは、祖国分裂後にアジアを東に東に移動をして、インドネシアに基地をつくったことが、起源となります。

The history of SRP actually originates around 960 BC. After the division of the kingdom of Israel, the descendants of King Solomon, the most prosperous king of Israel, moved eastward across Asia and established a base in Indonesia.

ソロモン王の末裔は、ユーラシア大陸を移動しながらいくつかの国家を作っていきました。
The descendants of King Solomon created several nations as they moved across Eurasia.

 

欧州で十字軍の遠征が始まってから、テンプル騎士団が、聖地エルサレムのソロモン王の宮殿を調査した際に、ジャワにいるソロモン王の末裔について知ることになり、テンプル騎士団とソロモン王の末裔がコネクションができます。
テンプル騎士団は、十字軍の遠征に行く欧州の兵士の家族の資産を守るために教会に寄付することで、家族の生活を支援すること行うという「トラスト」の業務を始めます。これが、世界最古の銀行業務の基本となります。この事業が大成功し、欧州の王族への財政的な貸し付けをおこなうことで莫大な利益を得ることになります。
1307年10月13日に、フランス王フィリップ3世により、テンプル騎士団の弾圧が始まり、多くのテンプル騎士団は、処刑されました。テンプル騎士団の中で何とか逃げ延びた人たちは、山を越えてスイスに逃げ込んだグループ、北上してスコットランドに拠点を作ったグループ、ポルトガルの逃れて、その後米国に移住します。

After the Crusader expedition began in Europe, the Templars learned about the descendants of King Solomon in Java when they investigated King Solomon's palace in Jerusalem, the Holy Land, and a connection was made between the Templars and the descendants of King Solomon.
The Knights Templar started a "trust" to support the families of European soldiers going on Crusader expeditions by donating to the Church to protect their property. This is the basis of the oldest banking business in the world. The business was a great success, and the bank made enormous profits by providing financial loans to the royal families of Europe.
On October 13, 1307, King Philip III of France began the suppression of the Knights Templar, and many Templars were executed. Those who managed to escape among the Templars were forced to flee across the mountains to Switzerland, some groups moved north to establish a base in Scotland, others fled to Portugal, and some later immigrated to the United States.

15世紀以降、欧州では大航海時代を迎えて、また、ソロモン王の末裔である一族とコンタクトが取り、当時欧州では、非常に香辛料が高価であり、欧州とインドネシアとの香辛料貿易が盛んになり、インドネシアに、また欧州の資金が集まり始めます。
巨万の富を得たソロモン王の末裔とテンプル騎士団の末裔により、世界の王族グループが婚姻関係を結ぶプログラムをスタートさせます。

After the 15th century, Europe entered the Age of Discovery, and contact was made with a family descended from King Solomon. At that time, spices were very expensive in Europe, and the spice trade between Europe and Indonesia began to flourish, attracting European funds to Indonesia and back.
The descendants of King Solomon and the descendants of the Knights Templar, who had acquired great wealth, started a program of intermarriage between royal groups around the world.

1920年代には、世界の王族グループ(128王族)の血縁関係があるM1と呼ばれる方が誕生します。世界はM1を中心に国連、世界銀行、IMF、BIS,連邦準備制度、国際司法裁判所、欧州、アジア、アフリカ連合を構想します。その後の歴史については、皆様が知ることができる歴史です。興味があれば近代史についていろいろ考察してください。

In the 1920s, a group of the world's royal families (128 royal families), known as M1, with blood relations, is born. The world envisions the UN, World Bank, IMF, BIS, Federal Reserve System, International Court of Justice, European, Asian and African Union around M1. The history that follows is the history that you will know. If you are interested, please consider various aspects of modern history.

 

新着情報・ブログ

企業育成資金(償還金) 募集案内

■申請条件 対象者 東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上 代表権のある社員 日本国籍を有していること

○鉄道、電力は、資本金80億円以上で非上場でも相談可能
○証券会社、保険会社は、対象外

資金提供額
○東証プライム企業 資本金の100倍目安
○銀行、信用金庫預金高の3倍から5倍
■申請時必要書類
①名刺 数枚 ②会社案内①部  ③身分証明書 パスポートもしくは、運転免許証 ④通帳(指定都市銀行)コピー ⑤印鑑(銀行印) を持参をして面談に来てください。
■面談申し込みは、MSA総合研究所に直接ご連絡ください。

無料相談随時開催中!

TEL03-6820-0086 受付時間 10:00 - 20:00 【休日なし】
TEL070-8401-7928 (携帯 SMS)
Email: msa@msa.tokyo
ご気軽にお問い合わせください。 ※MSA総合研究所 代表に直通の連絡先になります。メールもしくは、お電話いただければ折り返し返事をします。携帯電話から連絡する場合があります。

日米相互防衛援助協定(MSA協定)について

企業育成資金の基本的ルールになっている法令は、1954年に日米間で結ばれた相互安全保障法が関係しています。日米相互防衛援助協定と呼ばれています。

□第5条資金についての解説、(これは、政府と分離して保管すると明記しており、第三者から影響受けない独立した資金になります)
□この資金については、国連に登録された条約ということになり、簿外資金に対する管理、資金の活用方法については、国連に登録されたルールに従って資金を活用するようになっています。現在では、簿外資金における分配比率は、政府50%:民間50%と決まっています。

The statute that serves as the basic rule for the Enterprise Development Fund involves the Mutual Security Act of 1954 between the United States and Japan. It is called the U.S.-Japan Mutual Defense Assistance Agreement.
□Explanation of Article 5 funds, (This clearly states that the funds will be kept separate from the government and will be independent and unaffected by any third party.)
This means that this fund is a treaty registered with the United Nations, and the funds are to be used in accordance with the rules registered with the United Nations regarding the management of off-the-books funds and how the funds are to be utilized. Currently, the distribution ratio in off-the-books funds is fixed at 50% government: 50% private sector.

□この条約は、国連に登録された国際条約になります。 99年間の期限(2053年まで)

米国(米軍)管理している日本の平和維持資金(産業支援制度)について

資金の保管について書かれています。

特権である(免税、免責、免訴、)についての記述

下記のURLから全文がダウンロードできます。↓↓↓

https://kokkai.ndl.go.jp/minutes/api/v1/detailPDF/img/101903968X01519540312

歴史的資産の償還プログラム(国連規定)日本語訳(企業育成資金の原型)

歴史的資産とは,第一次世界大戦、第二次世界大戦に関する資産、具体的には、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、世界銀行、国際通貨基金、国連に関する条約、憲章に関する資産

現在における資産価値は、M1資産(流動性高い)ゴールドのみ300万トンが歴史的資産として取り扱われ、フィリピンの178カ所の地下壕、世界各国の約8000カ所に分散保管されています。歴史的資産をもって世界中の通貨システムを担保しています。

Historical assets are assets related to World War I and World War II, specifically the Treaty of Versailles, the Bretton Woods Conference, the World Bank, the International Monetary Fund, treaties and charters related to the United Nations
Currently, only 3 million tons of M1 (highly liquid) gold are considered historical assets and are stored in 178 bunkers in the Philippines and approximately 8,000 locations around the world. The historical assets are used to secure monetary systems around the world.

   2017 年 5 月 10 日より開始 - すべての歴史的資産の償還は、公式指示書に定められた議定書に従って、2017 年 5 月 10 日に正式に開始されます - 買主が売主となり、売主が買主となります。この償還プログラムは、受託者、代理人、およびあらゆる歴史的資産を公式かつ合法的に所有しているその他の者に公開されます。

Beginning May 10, 2017 - Redemption of all historic properties will officially begin on May 10, 2017, in accordance with the protocol set forth in the Official Instructions - Buyer becomes Seller and Seller becomes Buyer. This redemption program will be open to trustees, agents, and any other persons in official and legal possession of any and all historical assets.

人道的大義、インフラ、開発、さらには世界金融の問題に関してさまざまな任務を負う国連の専門機関は数多くありますが、国連特務機関は歴史資産償還プログラムの運営を正式に認可された唯一の機関です。そのため、すべては償還プログラムのオリジナルの指示書に従って行われます。歴史的資産償還プログラムに参加するには、特務機関のメンバーになる必要がありますが、これは参加するすべての個人の利益になります。指示書に従って、収益の分配方法とその利用方法には制限が設けられますが、歴史的資産を保有する人々にとって非常に有益となるような方法で行われます。

]While there are many specialized UN agencies with various mandates on humanitarian causes, infrastructure, development, and even global financial issues, the UN Special Mission Agency is the only agency officially authorized to administer the Historic Asset Redemption Program. As such, everything is done according to the original instructions of the Redemption Program. Participation in the Historic Asset Redemption Program requires membership in the Specialized Agencies, which is for the benefit of all participating individuals. In accordance with the instructions, there will be restrictions on how the proceeds are distributed and how they are used, but they will be done in a manner that will be very beneficial to the holders of the historic properties.

これを完全に理解するには、まず資産保有者と資産所有者の違いを理解する必要があります。多くの人がよく知っているように、歴史的資産はことわざのように散り散りになってしまいました。現在、世界中のさまざまな国の非常に多くの人々が、いくつかのケース、非常に多くの歴史的資産を所有しています。これらの人々は権利と法律により資産保有者です。所有権は購入を意味し、歴史的資産を他人から購入した人もいるかもしれませんが、これではその人が所有者になるわけではありません。歴史的資産の場合、これらの資産を裏付ける金の所有者が正当な所有者であるため、指示書の最初の部分には「買主が売主であり、売主が買主である」と記載されています。

To fully understand this, one must first understand the difference between an asset holder and an asset owner. As many of us are well aware, historical assets have been scattered as the saying goes. Today, a very large number of people in many different countries around the world own, in some cases, a great many historic properties. These people are asset holders by right and by law. Ownership implies purchase, and while some people may have purchased historical assets from others, this does not make them owners. In the case of historic assets, the owner of the gold backing these assets is the rightful owner, so the first part of the instructions states that the buyer is the seller and the seller is the buyer.

指示書は、歴史資産プログラムの最初の実施時に M1 または通貨担当者によって設定されました。「マスター」アカウントまたは「マザー」アカウントは、資産の作成をバックアップするために準備された金に基づいて設定されたと説明されています。これらの口座の利子は、存在する歴史的資産を完全に償還するのに十分な量の資金を備えた世界で唯一の口座です。ただし、これはもともとブレトンウッズ条約に準拠して、世界のすべての国民に個人の主権信託を設立し、生活の基本的必需品を無償で提供してもらうように設計されたものであるため、追加の指示もありました。税率を抑圧的なレベルまで引き上げなければならない。

Instructions were set up by the M1 or Currency Officer during the initial implementation of the historical asset program. It explains that the "master" or "mother" accounts were set up based on the money set aside to back up the creation of the assets. The interest in these accounts is the only account in the world with a sufficient amount of funds to fully redeem the historical assets in existence. However, since this was originally designed to comply with the Bretton Woods Treaty, which established a personal sovereign trust for all citizens of the world, providing them with the basic necessities of life free of charge, there were additional instructions. Tax rates must be raised to oppressive levels.

指示書によると、歴史的資産償還プログラムからの収益の 70% は人道的プロジェクトの資金として使用されます。(許可されている人道的プロジェクトの例と、どのような制限が設けられているかについては、プロジェクトとプロジェクト資金に関するセクションを参照してください。) 資産保有者の人道的プロジェクトは許可されているだけでなく、奨励されています。人道的プロジェクトの目的で資産保有者によって利用されなかった収益の 70 パーセントから得られた資金は、特務機関および/または他の資産保有者による他のプロジェクトに資金を提供するために使用され、資金の公平な分配を保証し、また、選ばれた少数の人だけではなく、世界の人口全体の生活水準の中央値が向上します。

According to the instructions, 70% of the proceeds from the Historic Asset Redemption Program will be used to fund humanitarian projects. (See the section on Projects and Project Funding for examples of permitted humanitarian projects and what restrictions are in place.) Asset holder humanitarian projects are not only permitted, they are encouraged. Funds from the 70 percent of proceeds not used by asset holders for humanitarian project purposes are used to fund other projects by special agencies and/or other asset holders to ensure an equitable distribution of funds and to ensure that not only a select few, but the world's median standard of living for the entire population.

歴史的資産償還プログラムからの収益の 20 パーセントは、資産の元の所有者および/または歴史的資産の準備金として使用されたゴールドの所有者に返還されます。これにより、資産保有者に残されるのはわずか 10% であり、これが「公平」であるかどうか疑問を抱き、なぜ歴史的資産の額面全額の補償を受けられないのかと疑問に思う人もいるそうです。これには非常に多くの理由がありますが、実際には非常に多くの点で資産保有者に利益をもたらすでしょう。

Twenty percent of the proceeds from the Historic Asset Redemption Program will be returned to the original owners of the assets and/or the owners of the gold used as reserves for the historic assets. This leaves asset holders with only 10%, and some question whether this is "fair" and wonder why they are not compensated for the full face value of their historic assets. There are so many reasons for this, but it would actually benefit asset holders in so many ways.

歴史的資産の大部分は、数兆米ドル、さらには数兆米ドルの価値があります。事実上、世界のすべてのインフラが破壊された後、世界全体を再建できるようにするには、当初その金額がそれほど大きくなければならなかった。各国がインフラを再建し、実際に産業を再開し、GDPと国際貿易の再建を開始できるように、建設を開始するために何かを行う必要がありました。国連の銀行業界はこれらの資金の分配を処理するために設立され、国連特務機関は後に歴史的資産として知られるものを作成し、世界中の戦争で破壊されたインフラを再建するプロセスを開始する任務を負っていました。

Most of the historical assets are worth trillions and even trillions of U.S. dollars. To be able to rebuild the entire world after virtually all of the world's infrastructure had been destroyed, the amount of money initially had to be that large. Something had to be done to start building so that countries could rebuild their infrastructure and actually restart their industries and start rebuilding their GDP and international trade. The UN banking industry was set up to handle the distribution of these funds, and the UN Special Mission Organization was tasked with creating what would later be known as the Historic Assets and beginning the process of rebuilding war-torn infrastructure around the world.

数兆ドルが文字通り多くの国家経済を売買するには十分であることを考えると、そのような金額を個人の手に渡すことは、よく言っても無謀でしょう。たとえ善意を持った人であっても、不注意で世界経済システム全体を崩壊させる可能性があります。歴史が示すものであれば、このような経済崩壊は、世界のすべての人々が苦しむことになるさらなる世界戦争につながるだろう。歴史的資産の背後にある当初のアイデアは、戦時経済から平時経済に移行し、世界の物理的、サイバー的、経済的インフラを再構築することでした。国連特務機関はさらに、これと同じシステムをより恒久的に導入するという任務を負っていました。世界の人々により大きな利益をもたらす過渡的な制度を設けるのではなく、国連特務機関は、これを完全かつ恒久的な平時の代替金融システムとして実装する手段を開発しました。このお金は個々の資産保有者に帰属するのと同じように全世界に帰属しますが、資産保有者には最終的にはさらに役立つ追加のメリットがあります。

Given that trillions of dollars are literally enough to buy and sell many national economies, putting such sums into the hands of individuals would be reckless, to say the least. Even a person with the best intentions could inadvertently bring down the entire global economic system. If history is any indication, such an economic collapse would lead to further world wars from which all people of the world would suffer. The original idea behind the historical assets was to transition from a wartime economy to a peacetime economy and rebuild the world's physical, cyber, and economic infrastructure. The UN Special Mission was further tasked with implementing this same system on a more permanent basis. Rather than creating a transitional system that would provide greater benefits to the people of the world, the UN Special Mission developed a means to implement this as a complete and permanent peacetime alternative financial system. This money would belong to the entire world just as much as it belongs to individual asset holders, but there would be additional benefits to asset holders that would ultimately be even more helpful.

人道的プロジェクトに使用される収益は一度に「使える」ものではないため、さらに多くの人道的プロジェクトに資金を提供するために取引されることになります。これらの取引からの収益は、この記事で以前に参照したのと同じ方法で分割されます。これは、資産保有者は、償還した歴史的資産によって生成されたすべての取引から得られる収益の追加 10 パーセントの利益も享受できることを意味します。このシステムは、インフレやデフレの期間を引き起こしたり、経済システムを危険にさらしたりすることなく、通貨を経済システムに再分配できるように設定されています。償還による収益の大部分はデジタル通貨の形で配布されます。このような再分配には、システム内の通貨が継続的に循環し、地域、国、世界の経済システムを強化すると同時に、新たに富裕層が実際に取り崩すことなくより多くの貯蓄を維持できるようになるため、さらなる利点もあります。システムからの通貨。言い換えれば、収益の大部分は、完全に平時の経済情勢の中で機能するのに十分持続可能でありながら、当初から意図されていたように実際に経済を強化することになります。

Proceeds used for humanitarian projects are not "spendable" at once and will be traded to fund more humanitarian projects. The proceeds from these transactions will be divided in the same manner referenced earlier in this article. This means that asset holders will also benefit from an additional 10 percent of the proceeds from all transactions generated by the redeemed historic assets. The system is set up to redistribute currency back into the economic system without causing periods of inflation or deflation or endangering the economic system. The bulk of the proceeds from redemptions are distributed in the form of digital currency. This redistribution has additional benefits as the currency in the system continues to circulate, strengthening the local, national, and global economic system while allowing newly wealthy individuals to maintain more of their savings without actually withdrawing currency from the system. In other words, the bulk of the proceeds will actually strengthen the economy as intended from the outset, while being sustainable enough to function in perfectly normal economic conditions.

歴史的資産と日本国との関係を説明

歴史的資産に関しては、戦争に関する資産ということで、元所有者と現在の保管者ということで、資産に関する権利が所有者と保有者ということで、存在します。歴史的資産から生み出された利子については、所有者が20%、保有者が10%、各国のプロジェクトに70%資金を活用すると決まっています。

日本国は、歴史的資産の所有者としての利子の配当を多額に受ける権利がありますが、その資産については、全額、国民に対して経済的支援を目的に返還不要資金として委譲渡しています。

日本では、償還金といわれる大企業経営者に対して資金提供する制度があるとかといえば、これは、皇室資金本部が管理している歴史的資産の利子配当金を国家の経済に活用してもらうために、日本の東証プライム、銀行、信用金庫の規定を満たした企業代表権者個人に資金提供を行っています。

 

Explanation of the relationship between historical assets and the Japanese government.
With regard to historical assets, as they are assets related to the war, the former owners and the current custodians, the rights related to the assets exist as owner and holder. Regarding the interest generated from historical assets, it has been decided that the owner will receive 20%, the custodian will receive 10%, and 70% of the funds will be utilized for projects in each country.
The Japanese government, as the owner of the historic property, is entitled to a large interest dividend, but the entire amount of the property is delegated to the public as non-repayable funds for the purpose of providing financial assistance to the public.
If we ask whether Japan has a system of providing funds to large corporate executives, known as reimbursement funds, this is a system of providing funds to individual corporate representative rights holders who meet the regulations of Japan's TSE Prime, banks, and credit unions in order to have the interest dividends from the historical assets managed by the Imperial Fund Headquarters utilized for the nation's economy. We are

随時無料相談を実施しております。詳しくは、「無料相談窓口」をご覧ください。

企業育成機構@MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

TEL 03-6820-0086 (東京)

MSA総合研究所(公式ブログ はてなブログ)

MSA総合研究所(SRP研究 シンクタンク)
資本主義社会の発展に必要な資金SRPについて研究して資金提供できる仕組みについて説明しています。歴史的資産と言われ、世界最大の資産といわれるSRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)の財源について研究して、ODA開発援助の歴史、そして、未来への目標について常に研究し、実務レベルで業務を遂行しているシンクタンクになります。

MSA Research Institute (SRP Research Think Tank)
We research SRP, a fund necessary for the development of capitalist societies, and explain the mechanism by which it can be funded. It will be a think tank that is constantly researching the history of ODA development assistance and its goals for the future by studying the financial resources of the SRP (Sovereign Royal Portfolio), which is considered a historical asset and the largest asset in the world, and conducting its work on a practical level.

MSA総合研究所 理事長 Mr.Manabu Kotani

メテ財団 グローバル担当・アンバサダー Mr.Manabu Kotani
企業育成資金・資金本部として申請窓口として業務を行っています。

 

MSA Research Institute Mr. Manabu Kotani
Mr. Manabu Kotani, Global Ambassador, Mete Foundation
Mr. Manabu Kotani is in charge of the application process for the Corporate Development Fund and the Fund Headquarters.

【連絡先】

MSA総合研究所
企業育成資金について無料相談随時実施中

午前10時~午後8時まで 年中無休

MSA Research Institute
Free consultation on corporate development funds available at any time
10:00 a.m. to 8:00 p.m., seven days a week

TEL 03-6820-0086 (東京)

Email  msa@msa.tokyo

Line登録 https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

※会議中等で電話対応ができない場合には、着信履歴から折返しお電話いたします。非通知発信の場合は対応いたしません。

※打ち合わせ希望の場合は、事前に電話連絡をいただき、その際に、詳細をヒヤリングいたしますので、それで電話対応だけでは、不足の場合には直接お会いしてミーティングを行います。

If we are unable to respond to your call because we are in the middle of a meeting, we will call you back from the call history. We do not respond to blocked calls.

If you wish to have a meeting with us, please call us in advance and we will hear the details of your request.

面談場所は、東京都港区六本木指定会議室にて

※LINE友達登録してください。
WEB会議等必要な場合は、LINE ZOOMなどを利用して行っております。

Interviews will be held at a designated conference room in Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Please register as a LINE friend.
If web conferencing or other means are required, we will use LINE ZOOM or other means.

【LINE登録】

https://line.me/ti/p/flyeQc_PMd

 

関連ブログ

企業育成資金についての解説は、本ホームページ以外でも数箇所おこなっております。MSA総合研究所が提供する情報を参考にしていただければ幸いです。

■関連ブログ

We hope you will find the information provided by MSA Research Institute useful.

Related Blogs

https://msa.hatenablog.jp/

https://msa1.exblog.jp/

https://ameblo.jp/shoukankin

Flag Counter

PAGETOP
Copyright © MSA総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.