• 月. 7月 15th, 2024

筆者が提案するのは誰でも受けられる 償還金 つまり 返済不要のローンです。BGの収益化とPPPの世界です。

Byadmin

7月 11, 2024

筆者が提案するのは誰でも受けられる 償還金 つまり 返済不要のローンです。BGの収益化とPPPの世界です。

 

日本で言われている 償還金という制度は、これは 国際金融における銀行保証 BG の収益化 というプログラムであるということを説明しています。

 

このプログラムというのは BG というものを発行するとそれに対して 額面に対して 65%から80%くらいを 投資銀行から融資を受けることができ その資金を返済しなくても良いという ローンがあります それがノンリコース ローンという制度になりますが、返さなくて良いというのは 語弊があるのですが 返さなくなった時に支払い保証をする保険に入っているというのが ポイント なんです。

 

その保険がカバーするので支払いができなくなった場合に関して保険がカバーをして支払うので実際のこと言うとローンは完済しなくても問題がないということで終わるのです。

 

これは不動産業界の人間から見るとすごく分かりやすい話ですか? 不動産担保ローンとほとんど何も変わりません。

 

つまり これが資金を借りて返済不要の資金ということになるわけです。

不動産担保ローンの場合は額面の50%から80%ほどのローンが組めるのと同じ話です。

一般的に 不動産担保ローンというのは 「リコースローン」として融資されているので馴染みのある話です。

 

それと似たような話 なんです。

つまりこのような仕組みによって融資がされ そして資金の返済が不要であるという仕組みが存在しているということを理解してください。

つまり 日本で言うところの償還金という制度は、これは 簡単に言えば 銀行保証を使った担保ローン なんです。 担保ローンでも保険をつけて支払い不履行に対して保険でカバーするようにすると実際のことを言うと 資金を返済しなくても咎められないということになるわけです。

 

これが簡単に言えば、 償還金の制度ということになります。

 

この仕組みにより資金調達をするにはどうすれば良いのかというのは、これは究極 言えば 融資したい 金額に対して BG つまり 銀行保証を用意すれば良いだけの話です。

 不動産担保ローンと同じですから購入したい 不動産の価格に対して融資が決まるわけですから それと同じ意味で BG に関しても、 BGの額面の65%から80%ほどの融資ができるわけですから 、それを計算して、融資金額に対して、必要なBG 、その際に必要な銀行保証の額面がいくらかというのを計算して、必要なBGを銀行に提示すれば融資が実行されるわけです。

 

その BG を入手することを考えれば普通ではなかなか大変なのですが、その点は筆者はプライベートバンクの仕事を行っておりますので BG を 先出しで貸すことができます。

つまり ロンドンの大手投資銀行を通じて融資の申し込みを行うのですが、その際には 先出しで 筆者が所属する プライベートバンクの方で 銀行保証である BGを先に提供しますのでそうすることで銀行に融資を依頼することができます。

銀行で審査をし融資が決定すれば、銀行側から融資の決定書が届きます. そうすると銀行 サイドから支払い不履行に関する保証をするための保険に入ってください。という要求がありますので 保険料を支払えば1週間から2週間で資金は振り込まれます。

 

筆者は誰でも受けられる 償還金というテーマで話をしています. これには特殊なルールは何もないです。

 

筆者が提案するパターンというのは、これは上場企業である必要もありませんし、資本金の縛りも何もないです。

 

ただ言えることは 筆者が所属する プライベートバンクが 銀行保証である BG は提供しますので プロジェクト 資金が融資される際に簡単に言えば 踏み倒しする 表現が良くないかもしれませんが、支払い不履行に対してかける 保険代金だけは支払ってもらえばそれで全てが賄えることになるわけです。

 

通常であれば 多額の担保を購入する費用がかかるわけですが、その部分は筆者の所属する プライベートバンクの方が先出しして提供するわけです。

 

そうすることで ロンドンの大手投資銀行に、これは当然 提携している投資銀行ですから ある意味グループのようなものです。そこを通じて融資の申請をし 受理されれば必要な保険料を支払い 資金が申請者に振り込まれるようになります。

 

筆者は 設備投資 や不動産投資を行う人にとって、この仕組みは最高だと思っています。

 

当社としても 実際のこと言うと 不動産関連のビジネスも行っておりますので なぜこのことを考えたかというと 外資の不動産会社がどんどん 今日本の不動産を買い取っているという現状があります。

 彼らはどうやって資金調達しているのか ということを皆さん知らないからです。つまりこのような 返済不要のプロジェクト ファイナンスによって資金調達をされれば正直な話、日本の不動産業界が死ぬ気で頑張っても勝ち目ないのは当たり前です。

 

ですから、日本の一等地の不動産のほとんどは外資が買い漁っているという現状を皆さん知っていると思いますが、それに対して国民が、そんなのはおかしいと嘆いています。それは資本主義経済の残念なところで資金が多く出せる人が全ての入札に勝つわけです。

 例えば、プロジェクト ファイナンスとして 返済不要の資金で何兆円もの資金が 調達でき 投資ができるとなれば普通の日本の不動産業界は死ぬ気で頑張っても勝てるはずないんです。

 

ですから 国際金融における返済不要のローンと言われているこの仕組みを教えようと思いました。このビジネスを行っているわけですが、これは同時に日本の償還金と同じ話 なんです。

 

不動産開発をする人や不動産の投資をする人にとって今話している保険料というのは レバレッジを考えたら どうでもいいような金額です。

 

簡単に言うと10億ドルの資金調達をしたいという場合の保険料は 80万 ドルです。

 

これでプロジェクト ファイナンスを借りることができれば、どういう結果になりますか。

つまり 日本円で1億3000万の資金を持って 保険を購入すれば、 1600億円以上の返済をしなくても良い 融資ができるわけです。

 

しかもそれに対して PPP で回せば 3年もやれば10兆円ぐらいになります。

 

その資金を持って 不動産購入や不動産開発をやればすごいことができると思いませんか。

 

つまり これをすることによって日本は外資に負ける どうしようもない地方の不動産は価値がないので これ以上、上げるのは難しい 投資することもできないと嘆いている今の現状を考えた時に 例えばこの仕組みで資金調達をすれば簡単な話、採算 関係ないわけです。

 

これ分かりますか。

 

ですから 特にこの仕組みは 不動産開発 や設備投資をする人にとっては最高です. もう元々この融資のプロジェクト ファイナンスというのはそのような目的で資金が貸し出されているわけですから、なぜ日本が外資に負けるのかというのがこの仕組みによって負けているんです。

 

ですから 償還金という世界 つまり 返済不要のローンという仕組みは正直な話、外資の金融が理解できている人たちは利用するわけです。

 

それで 投資 されたら完全に負けますよね。

 

そういうことなんです。

したがって この仕組みを日本にしっかり お伝えして誰でもできる 償還金という世界を案内したいと思います。

 

銀行保証の世界に基準 なんてありません。筆者としては元々これ 不動産担保 用にこういうやり方もいいかなと思って考えてたのですが 支払い不履行のための保険金がかかるので、ただではできるとは言えませんが 考えてみてください。自分でやってみたら、80万ドル、つまり 1億3000万を払えば1600億円の資金が融資が通ればラッキーです。

 

しかも筆者が所属する プライベートバンクが管理している BG を使ってロンドンの投資銀行から 融資を受けるだけです。協力関係にある企業です。
それで融資が通れば BG のリース代金及び管理費用をプライベートバンク側に支払ってもらえばそれで OK なんです。残った資金に関しては これは 返済不要の資金としてプロジェクト ファイナンスとして使えるわけです

 

しかも 筆者の所属する プライベートバンクはヨーロッパにおける PPP のプラットフォームを持っています。つまり ppp口座があるということになりますかそこを通じて運用することができるわけです。

 

実はこの仕組みというのは全て一つのパッケージとして行っているわけです。

よって、このパッケージが出来上がっているということで簡単に言えばそれに従ってやってもらうだけでこの道に乗れば すごいチャンスがやってくる可能性があると言えるわけです。

 

したがって、育成主義という制度に興味がありどうしても欲しいなあと思っている人もたくさんいると思いますが、 自分自身でも誰でも申請できるということなんです。

 

ただ準備しなければいけないのはプロジェクトとそれとあなたの身分証明書 そして 支払い不履行になった際の保険金だけです。それを準備すれば 銀行保証の BG は我々のプライベートバンクが用意をするので ロンドンの投資銀行が融資を決定すればあなたも大金持ちです。

 

実はそういう話なんです。

ですから 大きな資金を調達するための事業モデルが欲しいです。ですから 簡単に言えば 日本の地方都市を大きく開発するような駅前開発プロジェクトなどを色々 打ち上げれば良いと思います。今日本中はシャッター通りだらけになっています。そんなことを考えれば そこを再開発して元気になる街にしたいなどという企画は最高だと思います。

 

この提案は最高だと思いませんか。

日本で言われている 償還金という制度は、これは 国際金融における銀行保証 BG の収益化 というプログラムであるということを説明しています。

 

このプログラムというのは BG というものを発行するとそれに対して 額面に対して 65%から80%くらいを 投資銀行から融資を受けることができ その資金を返済しなくても良いという ローンがあります それがノンリコース ローンという制度になりますが、返さなくて良いというのは 語弊があるのですが 返さなくなった時に支払い保証をする保険に入っているというのが ポイント なんです。

 

その保険がカバーするので支払いができなくなった場合に関して保険がカバーをして支払うので実際のこと言うとローンは完済しなくても問題がないということで終わるのです。

 

これは不動産業界の人間から見るとすごく分かりやすい話ですか? 不動産担保ローンとほとんど何も変わりません。

 

つまり これが資金を借りて返済不要の資金ということになるわけです。

不動産担保ローンの場合は額面の50%から80%ほどのローンが組めるのと同じ話です。

一般的に 不動産担保ローンというのは 「リコースローン」として融資されているので馴染みのある話です。

 

それと似たような話 なんです。

つまりこのような仕組みによって融資がされ そして資金の返済が不要であるという仕組みが存在しているということを理解してください。

つまり 日本で言うところの償還金という制度は、これは 簡単に言えば 銀行保証を使った担保ローン なんです。 担保ローンでも保険をつけて支払い不履行に対して保険でカバーするようにすると実際のことを言うと 資金を返済しなくても咎められないということになるわけです。

 

これが簡単に言えば、 償還金の制度ということになります。

 

この仕組みにより資金調達をするにはどうすれば良いのかというのは、これは究極 言えば 融資したい 金額に対して BG つまり 銀行保証を用意すれば良いだけの話です。

 不動産担保ローンと同じですから購入したい 不動産の価格に対して融資が決まるわけですから それと同じ意味で BG に関しても、 BGの額面の65%から80%ほどの融資ができるわけですから 、それを計算して、融資金額に対して、必要なBG 、その際に必要な銀行保証の額面がいくらかというのを計算して、必要なBGを銀行に提示すれば融資が実行されるわけです。

 

その BG を入手することを考えれば普通ではなかなか大変なのですが、その点は筆者はプライベートバンクの仕事を行っておりますので BG を 先出しで貸すことができます。

つまり ロンドンの大手投資銀行を通じて融資の申し込みを行うのですが、その際には 先出しで 筆者が所属する プライベートバンクの方で 銀行保証である BGを先に提供しますのでそうすることで銀行に融資を依頼することができます。

銀行で審査をし融資が決定すれば、銀行側から融資の決定書が届きます そうすると銀行 サイドから支払い不履行に関する保証をするための保険を入ってください。という要求がありますので 保険料を支払えば1週間から2週間で資金は振り込まれます。

 

筆者は誰でも受けられる 償還金というテーマで話をしています. これは特殊なルールは何もないです。

 

筆者が提案するパターンというのは、これは上場企業である必要もありませんし、資本金の縛りも何もないです。

 

ただ言えることは 筆者が所属する プライベートバンクが 銀行保証である BG は提供しますので プロジェクト 資金が融資される際に簡単に言えば 踏み倒しする 表現が良くないかもしれませんが、支払い不履行に対してかける 保険代金だけは支払ってもらえばそれで全てが賄えることになるわけです。

 

通常であれば 多額の担保を購入する費用がかかるわけですが、その部分は筆者の所属する プライベートバンクの方が先出しして提供するわけです。

 

そうすることで ロンドンの大手投資銀行に、これは当然 提携している投資銀行ですから ある意味グループのようなものです。そこを通じて融資の申請をし 受理されれば必要な保険料を支払い 資金が申請者に振り込まれるようになります。

 

筆者は 設備投資 や不動産投資を行う人にとって、この仕組みは最高だと思っています。

 

当社としても 実際のこと言うと 不動産関連のビジネスも行っておりますので なぜこのことを考えたかというと 外資の不動産会社がどんどん 今日本の不動産を買い取っているという現状があります。

 彼らはどうやって資金調達しているのか ということを皆さん知らないからです。つまりこのような 返済不要のプロジェクト ファイナンスによって資金調達をされれば正直な話、日本の不動産業界が死ぬ気で頑張っても勝ち目ないのは当たり前です。

 

ですから、日本の一等地の不動産のほとんどは外資が買い漁っているという現状を皆さん知っていると思いますが、それに対して国民が、そんなのはおかしいと嘆いています。それは資本主義経済の残念なところで資金が多く出せる人が全ての入札に勝つわけです。

 例えば、プロジェクト ファイナンスとして 返済不要の資金で何兆円もの資金が 調達でき 投資ができるとなれば普通の日本の不動産業界は死ぬ気で頑張っても勝てるはずないんです。

 

ですから 国際金融における返済不要のローンと言われているこの仕組みを教えようと思いました。このビジネスを行っているわけですが、これは同時に日本の償還金と同じ話 なんです。

 

不動産開発をする人や不動産の投資をする人にとって今話している保険料というのは レバレッジを考えたら どうでもいいような金額です。

 

簡単に言うと10億ドルの資金調達をしたいという場合の保険料は 80万 ドルです。

 

これでプロジェクト ファイナンスを借りることができれば、どういう結果になりますか。

つまり 日本円で1億3000万の資金を持って 保険を購入すれば、 1600億円以上の返済をしなくても良い 融資ができるわけです。

 

しかもそれに対して PPP で回せば 3年もやれば10兆円ぐらいになります。

 

その資金を持って 不動産購入や不動産開発をやればすごいことができると思いませんか。

 

つまり これをすることによって日本は外資に負ける どうしようもない地方の不動産は価値がないので これ以上、上げるのは難しい 投資することもできないと嘆いている今の現状を考えた時に 例えばこの仕組みで資金調達をすれば簡単な話、採算 関係ないわけです。

 

これ分かりますか。

 

ですから 特にこの仕組みは 不動産開発 や設備投資をする人にとっては最高です. もう元々この融資のプロジェクト ファイナンスというのはそのような目的で資金が貸し出されているわけですから、なぜ日本が外資に負けるのかというのがこの仕組みによって負けているんです。

 

ですから 償還金という世界 つまり 返済不要のローンという仕組みは正直な話、外資の金融が理解できている人たちは利用するわけです。

 

それで 投資 されたら完全に負けますよね。

 

そういうことなんです。

したがって この仕組みを日本にしっかり お伝えして誰でもできる 償還金という世界を案内したいと思います。

 

銀行保証の世界に基準 なんてありません。筆者としては元々これ 不動産担保 用にこういうやり方もいいかなと思って考えてたのですが 支払い不履行のための保険金がかかるので、ただではできるとは言えませんが 考えてみてください。自分でやってみたら、80万ドル、つまり 1億3000万を払えば1600億円の資金が融資が通ればラッキーです。

 

しかも筆者が所属する プライベートバンクが管理している BG を使ってロンドンの投資銀行から 融資を受けるだけです。協力関係にある企業です。
それで融資が通れば BG のリース代金及び管理費用をプライベートバンク側に支払ってもらえばそれで OK なんです。残った資金に関しては これは 返済不要の資金としてプロジェクト ファイナンスとして使えるわけです

 

しかも 筆者の所属する プライベートバンクはヨーロッパにおける PPP のプラットフォームを持っています。つまり ppp口座があるということになりますかそこを通じて運用することができるわけです。

 

実はこの仕組みというのは全て一つのパッケージとして行っているわけです。

よって、このパッケージが出来上がっているということで簡単に言えばそれに従ってやってもらうだけでこの道に乗れば すごいチャンスがやってくる可能性があると言えるわけです。

 

したがって、育成主義という制度に興味がありどうしても欲しいなあと思っている人もたくさんいると思いますが、 自分自身でも誰でも申請できるということなんです。

 

ただ準備しなければいけないのはプロジェクトとそれとあなたの身分証明書 そして 支払い不履行になった際の保険金だけです。それを準備すれば 銀行保証の BG は我々のプライベートバンクが用意をするので ロンドンの投資銀行が融資を決定すればあなたも大金持ちです。

 

実はそういう話なんです。

ですから 大きな資金を調達するための事業モデルが欲しいです。ですから 簡単に言えば 日本の地方都市を大きく開発するような駅前開発プロジェクトなどを色々 打ち上げれば良いと思います。今日本中はシャッター通りだらけになっています。そんなことを考えれば そこを再開発して元気になる街にしたいなどという企画は最高だと思います。

 

この提案は最高だと思いませんか。

 

By admin