• 月. 7月 15th, 2024

【10兆円倶楽部】リアルに 本 ブログの読者の人が 10兆円を得るにはどうすればいいのかというソリューションを考えています。 申請 条件は誰でもいいです。ただ一つ 要求することは保険金を支払うことができることが条件です それだけ 国籍も職業も会社の規模も 問いません。

Byadmin

7月 11, 2024

【10兆円倶楽部】リアルに 本 ブログの読者の人が 10兆円を得るにはどうすればいいのかというソリューションを考えています。 申請 条件は誰でもいいです。ただ一つ 要求することは保険金を支払うことができることが条件です それだけ 国籍も職業も会社の規模も 問いません。

 

*********

 

MSA 総合研究所としては やはり 目指すところは  全ての人が申し込むことができる 償還金という世界を作るということをお手伝いしています。

 これは 国際金融における仕組み つまり 返済不要のローンというものがありますのでそれを使った仕組みを最大限に活用し 大きな資金を調達するための支援を行うというモデルになるわけです。

 

 色々と難しい説明は行ってきましたが 基本的にはそんなこと わからなくてもいいんです。

 

 我々が銀行保証を提供するので ロンドンの大手投資銀行で資金を調達するために 申請 お手伝いします. その際に支払い不履行を起こすことを前提に資金を借ります。

 

 つまり 借金 踏み倒すことを前提にお金を借りますから その際は 必ず 銀行で保険をかけてくださいと言われるので これは 支払いができなくなった時に保険かけてくれないと銀行も困るからです。

 

 そうすると大きなローンが通れば、あとは 借金 踏み倒し という 必殺技を使うだけです。 それで その場合には借金を踏み倒す わけですが同時に こちらから 貸し出した担保 も取られては困るので 担保は引き上げて同時に借金を保険で賄うために保険金をかけておくわけです。

 

 このような保険商品があるというのとこのようなローンがあるというのを知れば 実はワンパターン なんです。

 

ただ 重要なポイントというのはそれだけの資金を貸し出すためのアセット つまり BG と呼ばれている銀行保証を先出して貸し出すことができるかというのが ポイントです。

 

これは筆者が所属する プライベートバンクグループが準備することができますのでそれを先に貸し出しますから 資金調達したい人は 誰でも申請できますよっぽど 犯罪者でなければ基本的にOK です。

ということで誰でも申請できる 償還金ということを サービスを行います. それで結論として ケチ臭いことを言ってもしょうがないので やはり 目指すは3年間かけて 10兆円ぐらい稼いでもらうというぐらいの勢いでいきましょう。

 

 これは誰が得するか 損するかっていう話じゃなく資金を貸し出すのは銀行ですからしかも 担保を出すのは我々の プライベートバンクですから このブログを読んでいる皆さんは やってみるかと思って借金踏み倒すための保険金だけ 用意すれば OK なんです。 銀行にも迷惑がかかりません. 銀行は保険によって 債務不履行になった資産について 回収できるわけですから、実際にこの資金を得た人はタダでお金をもらったのと何も変わりません。

 これを考えてみてください. 最高だと思いませんか 。

 

それでこれも非常に シンプルな話 なんですけども 10億ドルの資金調達 日本円で1600億円を銀行で申請する場合には 保険金は80万ドル かかります 日本円で約1億3000万円 この資金を準備して例えば地方の駅前開発します とかいうプロジェクトを作ってくれれば MSA 総合研究所が ロンドンの 大手 投資銀行に借金返済しなくても良いローンを申請します。 それで 晴れてそのローンが認可されれば当然我々が 皆さんが借金するための BG つまり 担保を用意するわけです。 それで 皆さんが 銀行ローンを申請してそれでローンが銀行から承認されれば借金を踏み出すことが前提ですから その保険料を支払ってください 。これが80万ドルです 日本で1億3000万円ぐらい。

 

 これができれば、実は10億ドルの資金を借金 返さなくても良い資金がゲットできるわけです。

 これすごいいいと思いませんか、 確かに ハードルは高いように思いますが1億3000万円を保険金として 銀行がローンを承認してから払い そして1週間から2週間で融資が実行されるわけですからお金はすぐ振り込まれるわけですからしかも1600億円も何も痛くも痒くないです。 つまり、それくらいのちょこっとした 余剰資金があれば ウルトラ C ができるかもしれないってことなんです。

 

 そのことを理解してください。

 あんまり難しいことを説明してもしょうがないと思いますので、簡単に言ったらそんな話ですよ。

 

それで 資金が 調達できれば今度は一生懸命 我々のプライベートバンクグループが持っているヨーロッパの PPP に参加してもらう。 つまり PPP の管理 口座を持っているわけなんです。 特に資金を投入して基本的には3年間連続できますからこれ 複利で投資できる、 電卓で計算してましたけどもだいたい 年間 50倍以上行くわけなんですよね。

 

複利で前回 投資するとこれ 3年間もやったらどれだけ行くんですか. 50倍の3年間ですから   150倍ぐらい増えるわけですよ。

 それって 10億ドルの資金が 調達できて全部が全部投資したらお前たち 一体何のために融資したんだと言われます。プロジェクト資金なんて・・・・・ . 例えば、 仮に全部投資したとしましょう。

 そうすると10億ドルが150倍に膨れ上がれば、どういうことなんですか。

1500億ドルという資金になるということは、電卓で叩いたら分かります。 日本円で20兆円以上ですよ。これ 筆者は10兆円 クラブということをつけていましたけども それぐらい可能性があるという話です!

ですから 銀行が融資を通すか  通さないかというのは銀行が決めることですが 、すでに 筆者が所属するプライベートバンクの方から融資が可能なだけの BG つまり 銀行保証を担保に入れるということで、銀行に提示してるわけですから、銀行も実はお金貸しやすいわけなんですよ。 そうすると10億ドルが決まる可能性が高いんです。 それでその資金が決まって 保険金を気持ちよく スパッと払って1週間から2週間待っていると 1600億円が入るとこれ 10億ドル をゲットです。

そこからは 人生が激変するはずですよ。

ですから そのような人 をたくさん作りたいという考えがあります。ですからこれを申請するのは正直な話を言うと 誰でもできます。

 

 国籍も問いません。

 

 日本人であっても、なくてもOK、大企業の代表者でなくても良いです。 

 

ですから 筆者としては 銀行 システムを最大に使って10兆円 人生のうちに 目指すというプロジェクトを支援するということをすると、これ考えてみてください。 100人 成功したら1000兆円ですよ。 私のブログってかなりの人が見てるんですよ。 もしそこから100人以上の人がこのプログラムに成功すれば、 日本経済は変わりますよ。やはり、勝負を打つならそれぐらいやって欲しいですね。

By admin