• 月. 7月 15th, 2024

色々考えてみたが、日本の償還金の基準は、日本オリジナルの世界で、国際金融における基準でない。世界は、特に高いハードルはない。自分で手続きすれば、問題なし

Byadmin

7月 10, 2024

色々考えてみたが、日本の償還金の基準は、日本オリジナルの世界で、国際金融における基準でない。世界は、特に高いハードルはない。自分で手続きすれば、問題なし

*******

 

筆者は、実際に、BGやノンリコースローンやPPPを取り扱う欧州の大手PBグループのメンバーとして仕事をしていますので、答えはわかりますが、日本で言うところの償還金、とくに、国内基準で行っている作業については、これは、BGの収益化ということであり、実は、この世界は投資銀行の中では、結構普通に行われていることであります。BGの収益化とノンリコースと言われる分野の金融商品になります。最大では、500億ドルまでの収益化が可能であると国際金融の世界では。ルールがあります。その仕組みを使っているのであれば、正直、東証プライムでも、スタンダードでも、グロースでも、実は上場など必要もなく、究極を言えば、農業、漁業の世界でも、なんでも使えることになります。ただ、言えることは、ノンリコースでBGの収益化をする際に、必要なことはノンリコースで借金を支払いをしなくてもOKですが、支払い不履行の保険代金を支払う必要があります。

 

究極言えば、そのBGの収益化をノンリコース出する際の保険代金だけ負担をすれば、だれでも、償還金(育成資金)の仕組みで調達が可能になります。

 

実は、本当のところはそんな話です。ただ、保険料が10万ドル〜80万ドルほどの範囲でかかりますのでその費用をノンリコースで収益化する前に、支払う必要があり、1週間から2週間の先出しの保険料の支払いが存在するだけで、保険料を支払えば投資銀行からノンリコースで資金が融資されます。その資金は、支払い不履行の保険をかけているので、実際には返済ができなくても、保険で賄われます。

 

実は、それが、国際金融市況における本当のルールです。ですから、本当に、償還金がほしい人は、プロジェクト計画書を書いて、支払い不履行をする際の保険料を用意すれば、筆者のプライベートバンクが、BG(銀行保証)を先出しで貸し出します。

それで、究極を言えば、ノンリコースで収益化ができるのです。簡単です。つまり、償還金の制度が実現できます。

 

簡単にいえば、借金踏み倒しするので、保険料だけ自分で払ってねと言いたいだけです。

 

そうすると、投資銀行は、ノンリコースで資金を融資してくれます。

じつは、償還金には、基準はありません。

あと、ノンリコースで資金が入れば、PPPで収益を得るようにすれば、それで、資金は増え、跳ね上がります。すべて、筆者の海外法人のプライベートバンクグループの業務で行っていることです。実は、そんな世界です。 すべてが、借金踏み倒し保険を払うことで始まる・・・というのが、この世界です。ノンリコースの世界とPPPへ  実は償還金は、自分で保険料払えば、基準はありません。これが事実!

By admin