• 月. 7月 15th, 2024

国際金融の観点から見れば 償還金の基準などは存在しない. そして実際に自分自身がその仕組みによって資金調達をしなければその仕組みを理解し 自分自身で申請をすればその結果がよくわかると思います。

Byadmin

7月 10, 2024

国際金融の観点から見れば 償還金の基準などは存在しない. そして実際に自分自身がその仕組みによって資金調達をしなければその仕組みを理解し 自分自身で申請をすればその結果がよくわかると思います。

 

今日は、育成資金の基準というものはどのようにして決めているのかというところの話をしていますが 実際のこと言うと償還金という制度は 銀行保証 BG を使ったノンリコースローンであり、 支払いを不履行にしても良いように保険をかけているという仕組みによって融資された資金は最終的に支払われなくても保険によって賄われるという仕組みを行っています、 これは 銀行保証 つまり BG の収益化 と呼ばれている世界の話で国際金融の中ではそういう世界の話はよく話される一つです。

 

 つまり 現在日本で行われている育成資金 つまり 償還金の基本的な概念というのは全てこれです。 銀行保証 BG に対して ノンリコースにおける融資と返済不履行になった際の保険金をかけることによって結論として 最終的に償還ができなくなっても問題 がでないという世界になります。

 

金融商品は欧米の投資銀行の中でも一部の金融機関で取り扱いがあり そのようなビジネスモデルというものが存在していると言えるわけです、

 

つまりこのブログは 償還金について長年 調べて 日本の現状はどうなっているか など思っていましたが 結論として これは BG 銀行保証 の収益化 と呼ばれている国際金融で使われる手法の一つだと言えるわけです、

ですから 筆者は言いたいのはこの仕組みを使っているのであれば何も絶対の基準などありません 。多くのブローカーが関与して大騒ぎする話でも全然ないわけです。つまり プロジェクト ファイナンスを行いたい 投資家がそのような仕組みにアクセスするように投資銀行と話せば良いということになりますが、投資銀行の窓口で直接行っているわけではなく プライベートバンクが行っている仕組みということになります。

 

その理由は 簡単に言えば 銀行保証と呼ばれてる 世界 つまり 担保の世界は 銀行が貸してくれるわけではありません 第三者の担保力というのはこれは 大量の資産を持ったアセットホルダーから借りてくるしかないのです。 そのことを考えればどういうことかと言うと大量の資産を持ってる人というのは地球上にはいろいろ 存在するわけですがそういう方というのは 必要以上の資産を持っているわけですから空いている資産を第三者にリースしたいと考えるわけです。

 

 これは不動産における空き家に対して 賃貸をするような収益モデルと何も 変わりません。 そのために リース期限というものを設けて第三者に貸し出し、リース期限が過ぎれば無条件でそのアセット つまり 資産を返してもらうということで  アセットのレンタル期間は終了するわけです。

 

 これは 定期借家で不動産を貸すような話と何も変わりません。

このように皆さん イメージしてください その資産というものはどういうものかというのは 米国債ではユーロ債またはゴールドなどの証券化されたものが資産として銀行によって認められればそれを銀行が銀行保証としての BG を発行します。

 

その BG は所有者以外でも第三者に貸し出すことができるわけです。 つまり これはアセットというものは第三者に貸し出しが可能ということになりその貸し出し することにより また貸し出し費用を貸し出したアセット フォルダは稼ぐことができるわけです。

 

ですから このようなビジネスモデルというのは 例えば ゴールドや 米国債などの投資を行っている方から見たら 普段使っていないのですから普通の利回りだけではなく 第三者にアセットとしての担保力を貸し出せばその貸し出し費用がプラスで儲かるわけですから 正直なところ 貸し出したいと考えるわけです。

 

 つまり そのような大量の資産を持ってる人に対して余っている 余剰資産を第三者に貸し出しますよ という ビジネスを行っているのが 筆者が所属する プライベートバンクの仕事ということになるわけです。ですから これは銀行業務には関係はしていますが 銀行内では行わないという仕事になるわけです。 銀行というのは 第三者 担保力を提供されて初めて 融資をするという法律になっているわけです。 このルールがあるので 第三者 担保力というものが非常に重要になるわけです。

 

そのことを理解してくださいですから なぜ 筆者がそのことを説明するのかというのは 単純 問題 日本で言われているところの償還金や 育成資金というものは私自身が所属しているプライベートバンクではすでに問題なくできるビジネスモデルであると言えるわけです. 

 

しかも、 これはビジネスとして 我々として行っていますので 特に基準など設けていません。 上場企業であろうと普通の企業であろうと 農家であろうと 漁業関係者であろうとどんな関係でも良いわけです。

 

日本国内で 償還金 がなぜ基準があるのかというのは これは日本でアセットを貸し出す人たちが自分たちが考えている基準というものを準備しているので 東証 プライム 100億円以上でなければだめだとか、銀行とか信用金庫でなければだめだとか言っているだけで これ国際金融市場で言うと正直な話 何も関係のない話です。

 

 そのことを考えれば 我々としては長年 この話をしてきましたが、 結果の話を言うとそのことは正直言って、 結構無駄な話だったという気はします。

なぜ、なかなか 非公開で明確に言わないのかと言うと明確に分かってしまえば 正直な話 こういうことは実は理解をしてしまえば 国際金融市場における特殊な部分にはなりますが 1つの資金調達の方法に過ぎないわけです。

 

ただ 日本の特別 な表現したいために色々と説明していたのかもしれませんが 確かに 戦後、間もない頃はそのような仕組みがあったのかもしれませんが 、2008年以降はこのような制度というのはほとんどが 世界統一モデルになっています。金融ビックバン後・・・

 

ですから 日本だけ特別 何かあるのかということを ずいぶん 思いましたけども 結果 特に何もないというのが事実です。 国際金融市場における基本的ルールというのは全てが グローバルスタンダードということで行われています。 ただ 日本の償還金 って呼ばれている世界では 申請の方法 は資金を提供するという話をされるのですが実際は資金は提供なんかしていません。

 

アセットをリースしてるわけです。ゴールド や外国債などを保有しているアセットホルダー が条件を満たした方に対して、アセットを貸し出し 銀行保証である BG を発行し ノンリコースで融資できるように支援するということを行っているのです。

 

これは全て日本のアセットホルダーつまり 資産を保有している人たちのルールであり 世界基準ではないと言えるわけです。

 

多くの方が 名刺の裏書きがどうかとか色々な書面の書き方がどうかとか色々言っていますが これはただ単に そのような方達も伝統を重視したやり方をしているだけですが 国際金融市場においてはただ銀行保証の BG を発行しているだけでそれを貸し出している 。

 

つまり 機関を持って リースしているというだけの話です. これは365日プラス 1日 もうアセットのリースをすれば 結論として資金が投資銀行 から 大きく 融資され そしてその資金に対して返済しなくてもいいように保険をかけるわけです。

 

そのように理解すると この制度は非常に明確で分かりやすいのですが なぜ今まで これだけ多くの人がどうだこうだということを言っていないのかと言うとやはり、 きちんとした 伝達をしていないというところがあるのでしょう 。またその独特な 募集の仕方というのが 皆さんにとって理解に苦しむところがあったのかもしれません。

 

日本の市場を見るとあいつがブラックだとか あいつは悪い奴だとか、ほとんど なんか 子供の喧嘩 みたいな話が多いのですが 、その世界を見ているとなぜそういう風になっているのか、 などと思ったのですが これ 全然 国際金融市場には何も関係のない話で、それをやっている人たちの個人的判断であるとしか言いようがないのです。

 

つまり 明確にこの作業をしたいというのであれば 実際のことを言うと自分自身で申請すればできるわけです。これは特殊なやり方にはなりますが銀行の融資における1つの方法だということになります。

 

 日本国内の銀行ではこういうサービスはなかなか行ってくれませんが、 我々のプライベートバンクはそのようなサービスを提供しているわけです。

 

これ何度も説明しますが この仕組みで唯一 自分自身で負担しなければいけないというのは 支払い不履行 つまり 大きく ローンを組んで できるだけ 資金を借りますから その際の支払い不履行になった場合に保険によって まかなうということを行いますから その保険料だけは自分で負担してくださいね というのは これは私たちの意見です。

 

 そのことによって それなりの 事業プラン やそれなりのプロジェクトがある人 ならば 基本的に申請はできます 。

 

資金も 数千億円 レベルの調達であれば 保険料といっても 80万ドルほどです。

 

 つまりどういうことかというと 日本円で1億3000万円ぐらいの保険料を払えば 数千億円の借りた 資金は返せなくなったとしても 誰にも咎められないということなんです。

 

 それと その資金の一部を PPP で運用に回す つまりこのことに関しても 筆者の所属グループ プライベート 番組ではヨーロッパの中期債 MTN市場における PPP プラットフォームを運営していますので そういう中で言えば 資金も大きく 運用して増やすこともでき 収益も毎月 増えるわけです。 

 

そういうことで スタートで数千億円の資金を調達し 3年間の運用をすれば10兆円ほどの資金が調達可能と言えるわけです。

 

このような世界が存在しているということを皆さんは 理解をする必要があるわけです。

 

これは全て US ドルかユーロでの仕組みになりますので 日本円で このような仕組みはありません。 筆者は基本的にはこのような仕組みというのは ロンドンと ニューヨークの投資銀行の融資 モデルを使って行なっているわけで プライベートバンクとしては 我々の組織が世界的なアセットホルダーから BG を借りてきて資金を調達したい クライアントに貸し出すということを行っているわけです。 

 

つまり 我々としては先にアセットを貸し出すことができますから そうなれば普通であれば アセットをリースする費用というのは前払いしないといけませんから、多額の費用がかかるわけです リース料 と言っても 十数 パーセントかかりますから 例えば1000億円の資金調達がしたいとなれば リース料 だけでも100億円以上かかるわけです。 

 

それを先に現金 ニコニコ 払いできる人などまずいませんから その部分を ソリューションするということで 我々のプライベートバンク としては1000億円分の銀行保証を一気に 先出して貸し出すわけです 費用にすれば 100億円から200億円程度のコストがかかることを プライベートバンクの方で立て替えて行うわけです。

 これはなぜかというと世界には政府機関や石油王や 世界の財閥 や王族など天文学的なアセットを持ってる人は結構おりますのでそのような方というのも 余ってるアセットを第三者 リリースしたいわけです。 

 

そのような市場の中で 我々のプライベートバンクはそのアセット つまり 銀行保証にした 証券化された BG 第三者にリースするわけです。

 

 その先でしか後出しかというところで 先出しにすればそれだけ多くの方が融資が成功するわけです。

 

 もし 銀行保証のリース料を全額払ってからでなければ提供しないという約束であれば、クライアントがいくら 資金調達をしたくても実現できない という問題点があるわけです。 

 

その問題を ソリューションするということになればやはり 先出しで貸し出すしか方法はないのです。 そうすると クライアントはまずは1円の負担もなく 銀行保証を確保できるわけです。

 

それを提示すれば銀行としては分かります. あなたのローンに対して多額の銀行保証がついているために 融資は可能になります という 融資の確約をもらうことができるわけです。 そうなった瞬間に銀行の方は分かりました それでは融資をしましょう その代わり このアセットはリースですから 万が一 デフォルトした場合には  回収不可能になる場合があるので 支払い不履行になった際の保険金をかけてくださいと言われるわけです、 

 

それで請求書が回ってきて 保険金を支払えば銀行としては支払い不履行になろうとも 保険金で賄われますから問題なく 融資が実行できるわけです。

 

 実はその方法を使えば  クライアントは自分自身が持っていないような大きな銀行保証  BGを使って 大きなプロジェクト 資金を投資銀行から融資を受けることができるわけです。

 

 実はビジネスモデルとしては非常に シンプルな話でありますが、この 貸し出すことができるというのがめちゃくちゃ重要な話 なんです。

 これが日本における償還金でも同じことが言えるのです。 アセット というのはある 意味 保証人ですから 保証人に何の謝礼も払わず 先に 保証人になってほしいという話と一緒ですから 第三者にそれをお願いするとなれば ちょっと無理があるような話だと思います。 

 

ただこの流れを 一連の流れとして 全てグループ内で行っているとなれば アセットホルダーも安心するわけです。

 

 どのような話かというと アセットを持っているホルダーも資金を貸し出す投資銀行 もまた  その作業を銀行とアセットホルダーとクライアントの間に立って処理をする プライベートバンクが一体となっていれば この仕事は成り立つわけです。

 

 つまり 日本で言うところの償還金という仕事はほとんど これと同じような話ですが 、実際のこと言うとこのような世界というのはあるわけです、

 

よって、 筆者としてはこの償還金という世界 つまり 銀行保証の収益化及び PPP における資金を増やす仕組みを提供し、ある意味 3年間ぐらいで予想もしないような資金調達を支援するというモデルが提供できるということになるわけです。 しかもこのモデルはクライアントにとっては ノーリスクということになるわけです。

 

このようなモデルで資金調達ができるようになれば基本的には何も問題はないわけです。

この仕組みを知っているか知らないかということで外国の投資家に勝つか負けるかっていうのが決まるわけです. 

 

これはグローバルスタンダードの中で一部の人が理解している究極の資金調達の方法です. ある意味 世界最高峰の仕組みと言えるでしょう。 これを1つにまとめてすることは 通常であれば なかなか難しいわけです なぜかというと そのような天文学的な資産を持っているアセットホルダーの資産を管理することができるという 管理組織がなければ このような世界というのが存在しないわけです。

 

つまり 筆者自身はその業界の仕事を行っているわけですから 必要なアセット つまり 銀行保証を先出して貸し出すことができるという最大のメリットを持っています. これは日本的に言うところの償還金の仕組みができるということになるわけです。ただ 我々としては支払い不履行になった際の保険金だけはせめて自分で払ってねというのが我々のビジネスモデルですから それ以外のところは特に要求がないわけですから プロジェクトがあり、それなりの組織を持っておれば 企業体がどのような企業体であろうとも関係ないわけです。

 

今日本国内では 地方が非常に衰退しているなどと言われていますが 実際のこと言うと日本のいろいろな開発や投資に対してこのような仕組みを使って最大限に 資金調達をしいろいろと行ってもらいたいというのが 本音のところであります 。これ  資金調達はどんどん ニューヨークの一流の投資銀行になりますが 正直な話 米ドルで調達するわけですから 日本はある 意味 アメリカの仲間ですから 何も問題はないわけです 簡単に言えば 日本円とアメリカドルは通貨スワップが自由にできるわけですから そう考えれば 米ドルでの資金調達 ということで問題を生じることはありません。

 

By admin