• 月. 7月 15th, 2024

償還金の世界について言えば、すべてが、ノンリコースローンとPPPそしてBGの世界ということになる。これだけの話です。

Byadmin

7月 10, 2024

償還金の世界について言えば、すべてが、ノンリコースローンとPPPそしてBGの世界ということになる。これだけの話です。

 

あとは、支払い不履行が起こった際の保険に加入するということで、すべてが解決します。

 

BG(銀行保証)というものは、まずは、SBLCを365日+ 1日で発行します。それをBGに変更することで1年+ 1日のBGを発行することができます。これは、銀行内の内部作業ということになります。専門的には、SWIFT MT760 SBLC/BG ということになります。

 

例えば、ゴールドのSKRや外債(米国債 ユーロ債)などを保有していれば、それを担保に入れることで、銀行は、BG(銀行保証)を発行する手続きをしてくれます。

つまり、資産があると認めれば、銀行が支払保証である「銀行保証」BGを発行するわけです。

 

その情報(BG)は、第三者に譲渡することができますので、実は、リースができるわけです。大量の金融資産を保有するアセットホルダーは、自身のアセットを常に100%活用しているわけではありませんので、担保として使っていないアセットについて、リースすることが出来るわけです。余剰なアセットについて、プライベートバンクは、管理しており、プライベートバンクは、仲介をして、第三者でBGを必要としている人に、リースをするために、販売を行うのが、仕事になっているわけです、つまり、アセットを使ったBG(銀行保証)というのは、余剰分があれば、第三者にリースすることができるわけです。実は、筆者の筆者の海外法人のビジネスは、その業務を行っているわけです。世界には、大量のアセットを持っており、常に使っていないアセットが存在しているわけで、そのような人のアセットをリースで借りる権利を売買しているのです。ある意味、不動産屋の仕事と同じで「定期借家の家を貸す」ような事と同じです。定期借家というのは、一定期間、物件を期限付きで貸し出す契約で、更新は、自動更新でなく、貸主の同意がなければ、期限になれば無条件で大家に返却するというレンタルの方法です。つまり、アセット(資産)についても同じことができるわけです。

 

国債やゴールドのSKRを保有しているアセットフォルダーは、その資産をタイムシートで割り当てすることができるのです。つまり、タイムシートというのは、一定期間のリース契約です。期限が過ぎれば、無条件で返却します。それによって、資産がリースされて、プロジェクト資金を調達したい投資家は、その資産からBGを発行して、365日+1日でBGを期限付きで発行すると、銀行は、その担保力があるとみなし、そのBGに対して、収益化、つまり、ノンリコースローンを発行して投資銀行から資金が提供されます。大体BGの発行額面の50%〜80%程度をノンリコースローンが許可されるというのが、ロンドンやNYの大手投資銀行で行われている世界と言えます。

 

これは、すべてアセットホルダーと投資銀行のノンリコースローンとで成り立っている仕組で、BGを提供するアセットフォルダー(ゴールドや国債保有者)との関係によって成り立っている仕組ということになります、筆者の海外法人はその世界で仕事をしているわけです、よって、この世界を理解しているのですが、簡単に言えば、ノンリコースローンをBGを使って発行するのですが、365日+1日で担保を無条件で持ち主に返却することになっていれば、支払い不履行になった際に、銀行は担保する資産がなくなり、回収不可能になるために、その問題をクリアーするために、銀行は、事前にリースされたBGの場合は、保険をかけることで、ノンリコースローンを実行するのです。投資銀行も支払い不履行に対する保険があれば、正直、保険によって資産が賄われることで、資金を貸し出した投資銀行も損をしないという仕組みになっているのです。

 

つまり、償還金の世界で、返済不要資金という意味は、「ノンリコースローン」により資金を貸出しているために、支払不能になった場合、銀行保証BGの担保のみ、担保が差押えされるということで、問題がないと言えるのと、実際のことをいえば、支払い不履行を起こした際の「保険金」を事前に支払うことで、ローンの支払がカバーされているので、支払をしなくても、問題にならないということになるのです。つまり、そのような金融商品と保険が存在しているのです、

 

実際のことを言えば、この世界の業務の取扱いというのが、筆者の海外法人のビジネスです。日本ではいろいろ償還金について言われていますが、結論として、このことです。日本には、ゴールドや外債などの資産をもったアセットフォルダーがいることで実現している話であるので、日本で償還金の制度がよくわからないというのは、これは、国際法の問題でなく、結論、アセットフォルダーの個人的な意見として正直、好き嫌いが関係しており、周りの評価によって、人物判断をしているために、アセットをリースするかしないかを決めているために、この世界の審査がよくわからないと言えます。これは、大家さんが賃借人に家を定期借家で賃貸する際の入居審査と似ています。そんな話です。ですから、日本の制度が不透明である理由は、大家さんの入居審査としての基準がいろいろあるからでしょう。

 

これは、明確なことを言えますが、アセットの世界というのは、世界共通の仕組みであり、銀行保証(BG)を発行するだけの話ですから、世界の主要銀行上位100位以内のランキングの銀行の発行したBG(銀行保証)であれば、国際金融では価値が認められますので、正直、このアセットを世界のどこから借りてきても、同じBGを発行することができるわけです。特に、日本のBGが特別だということはないわけです。世界は、同じプラットフォームで国際金融は動いているわけです。

 

筆者は、何を言いたいのか?というのは、日本でなぜか都市伝説化している一番の原因は、BGを発行するためのアセットフォルダーとそれを借りたい申請者の間にギャップがあるので、そのマッチングの際に、うまくいかずに、銀行保証であるBGを発行してもらえず、大きな資金を手に入れられないという話になっているのでしょう。これは単純に、BGを発行して、それに対して、投資銀行でノンリコースローンを組めば、すべて解決です。支払い不履行が起きた際の「支払保証を行う保険」に加入すれば、あなたも晴れて、「償還金」をゲットできたことになります。

 

つまり、そんな話なんです。よって、この業務は、筆者が海外の法人で行っている業務のそのままであり、その世界に精通している人にとっては、事実、パターン化された資金調達のプログラムであるわけです。

 

筆者も、日本の状況ということで長年、見てきましたが、結論として、国際金融の世界で言わるBGの収益化というが、つまり、日本では、「償還金」といわれる制度であり、それが結論です。

 

それ以上で、それ以外でもないでしょう。正直な話を言えば、国際金融の世界を厳密にいえば、このBGの収益化(償還金)には参加基準などありません。正直、その制度を資金を出して買うだけの話です。つまり、その世界の金融商材が存在しており国際金融市場で売買されているのが、BGのリースの販売であり、そして、その収益化というノンリコースにおけるプログラムであると言えるのです。

 

同時に、そのようなサービスと、PPPプラットフォームは、一体化しているので、PPPによってMTN市場で債券の割引商品を売買するトレードに資金を貸し出し、その販売益から資金を分けてもらえば、財源は膨らむわけです。

 

これが、世界における国際金融市場の多少特殊な世界でありますが、仕組みであり、筆者は、実はその世界でいるわけですから、不思議なことを日本では説明をされているなと思っていたのですが、実際のことをいえば、この仕組みのパターンにすぎません。

 

確かに、ゴールドや国債をつかったBGの世界というのは、これは結構国債金融市場では、行われていることですが、特殊な世界は、準備金と言われる担保口座から資金を動かすパターンです。これは、民間の話でなく、米国大統領予算管理局の承認、王族会議によるゴール資産の認証をするということで、このM0系資金は、特殊な世界です。この世界にも関心をもって、王族系トラストとのトップとの関係がありますが、世銀のトップクラスの人でなければ、アクセス権がない世界で、特殊すぎて、なかなか誰でもできる話ではありません。日本でも本償還といわれる制度は、まさにこの制度で、この世界のコンプラはもすごく厳しいのですが、結論を言えば、王族会議、米国大統領予算管理局の承認を得て、同時に担保口座の保有者から承認がでれば、王族会議が、管理しているゴールド資産を使って、銀行保証であるSBLCを発行するわけです。それをNYの連邦銀行からDTCを経由してSBLCの米ドルでの銀行保証データーを動かし、資金を中央銀行で発行すると、大量の資金がノンリコースで貸し出されるわけです。つまり、これが、本償還という世界で、この世界は、国際金融の通常の世界とは全く違う特殊すぎる世界です。ただ、言えることは、これは。地球全体の金融資産のすべてを保証するための財源ですから、宇宙レベルで意味不明なほど、数字の資産があります。この世界は、私が、直接関与できることなど、何もありません。つまり、そんな業界のプロにお願いするという以外、100%出来ない世界と言えるのです。これは、この資金を動かすためのリリースナンバーというものが必要になり、地球上で数十億人に一人のくらしか、そんな世界を取り扱うことができません。ただ、その世界を経由して、project資金を確保したい人がいれば、特殊なリリースナンバーを持ったいる人であれば、アセットフォルダーである王族系トラストのトップとつながりがあるので、ご紹介するので、ご検討くださいということで話はできますが、、、これも、実は、外国の某有名な王族の家族から紹介された話です。実際に、わたしはこの世界を探求しています。

はなしは、M0のファンドの世界からM1の普通の国際金融の世界に戻りますが、・・・

通常のBGの収益化(償還金)については、筆者の海外法人は同じサービスを商売として行っているわけです。これは、国際ビジネスの特殊分野かもしれませんが、ぶっ飛んだ世界の話ではありません。ライセンスがあれば、できる仕事です。

 

欧米の国際金融の世界では、ライセンス制度によって、行われている制度であると理解したら、なんとなくイメージがつくと思います。そんなメンバーに筆者の海外法人が登録してメンバーになっているので、BGの収益化 (償還金)できると説明しているのです。

 

それだけです。

 

筆者は、国際ビジネスの世界に20数年間行っているので、実は、今世界を理解することができたのかもしれません。実際のことを言えば、日本にいると何もわかりませんが、すべて国際ビジネスをおこなっていたので、日本の都市伝説の謎が理解できたわけです。結論として、こんな話です。

日本では長年、メディアでいろいろ話題になり、存在しないということを必死に説明していましたが、これ、ただのBG(銀行保証)の収益化というノンリコースによって行われている制度です。それが結論です。

By admin