• 月. 7月 15th, 2024

一般的に日本で言われている 償還金の基準というものは 国際金融の市場で言うとあまり関係のない話ですから なぜそのようなことが起こっているのかということを検証してみたいと思います。

Byadmin

7月 10, 2024

一般的に日本で言われている 償還金の基準というものは 国際金融の市場で言うとあまり関係のない話ですから なぜそのようなことが起こっているのかということを検証してみたいと思います。

筆者はある 意味 国際金融における償還金の世界というものがすごく理解しているので 今 説明をしていますか 逆に思ったのが 日本の基準というのは これはなぜ東証 プライム 資本金100億円 銀行及び信用金庫などと決めているのでしょうか.

このことに対して言うならば結論として 資産を貸し出す時の基準というのが決まっているんでしょうね.つまり 償還金というのは 説明していますが ノンリコースローンを使って資金を調達するわけですがそれを提供するには 必ず 裏付けの資産というものが必要であるわけです それがゴールドであったり 外債と呼ばれている米国債やユーロ債など そのようなもの  日本の国債でも使うことはできますから そう考えればそのようなアセットを貸し出す際の条件というものが決まっているので大企業のみの支援という風になっているのかという風に思ってます。

 ただ 国際金融の世界から言うと そういうアセットの使う際の基準などはありませんから  究極を言えば 投資銀行として何を見て資金を出すか というのは これは単純に 銀行保証と呼ばれている BG が融資を受けたい クライアントから提供されれば分かりました それに対して ノンリコースで 収益化しましょう という話になるわけです これは何度も説明していますが、 BG  つまり 銀行保証を入れて1年 プラス 1日 の期限のリースがあれば基本的には投資銀行は プロジェクト ファイナンスとして資金を貸してくれます。 それで 支払い不履行が起きて 担保が引き上げられないように保険をかけておくことで支払い不履行の際は保険でまかなわれるということで終わるわけです。

 説明しましたが その保険料が10万ドルから約80万ドル ぐらいの範囲で様々なプロジェクトが存在するということが言えるのです。 ですから 10億ドル以上の資金調達をしたいと言っても80万ドルほどの保険料を払えばそれで解決するわけです 当然それに対する BG 銀行保証は必要になるわけです。

 筆者も長年育成資金の世界を見てきましたけども本当に欲しいなと思う人はなかなか それに到着できないというか 基準が達していないこと やまた色々な人間関係ができてしまって受けられないなどというかわいそうな結果になってる人などを見ていると それを考えたらまあ そのような人のためにもなる話ということを考えればこの国際金融市場における資金調達の方法というのを理解すれば実は日本人で本資金が受けられないというのか アメリカで言うところの 国土安全保障法や 愛国者法でテロリストに認定されてる人などまずいませんからほとんどの人は対象になります わけです。

そのようなことを考えれば この制度について もう少し分かりやすく説明していれば 多分日本の経済はもっと良くなるのではないかという風に思います。実は日本ではほとんどこういう資金の調達の方法は行われていないのですが 世界全体で見れば 相当な数 やっています これ あの世界的に言うと B G の収益化というモデルですから BG の収益化 っていうのはそんなん めちゃくちゃ 特殊な世界の話ではないと言えるわけです。ただ 偽物も結構多いので騙されるなどという話がよくありますが 逆に言うと 我々のプライベート番号としては 銀行保証のある BG 究極 言えばリースは購入しなくても クライアントが銀行で融資を受けたいという話であれば ロンドンの一流の投資銀行と話をして融資が受けられるように設定をし  プライベートバンクの方で銀行保証である BGを先出しして貸し出し それで融資が決まれば資金がお客様に入りますのでそれで支払いをしてもらうということで 後払いにしています。 大量の BG を持っている投資家から見れば 家賃をもらわずに家を貸すというのはちょっと悩むところはあるか分かりませんが ローンの手続きから全て始まって1つのグループの中で行っていれば お客さんは どっか行くわけではないので分かりました 先出しで担保 貸しますよ ということになるわけです。 それで 銀行から資金が投入されればそれで  銀行保証のリース料 と管理費用を支払ってもらい プライベートバンクとして は商売が成り立つということになるわけです。

そう考えれば誰にリスクがあるんですかと言うと クライアントに対して先出して大量の銀行保証を提供する プライベートバンク 側に リスクがあり融資が決まらなければ 貸し出しする意味がないわけですから クライアントも融資が決まれば自分の小さい 資本で大きな資金が 調達できるということでしかも これはノンリコースですから 返済不要のローンになるわけですただ 返済不要と言っても保険をかけるので 保険から賄われるだけですから銀行としても担保を提示してくれて保険をかけてくれれば資金を貸し出してくれます これが条件ということになりますので考えてみてください。 これは基本的にはプロジェクト 資金を調達したいお客さんにとって非常にラッキーな仕組みになります。

 つまり 資金はお客様の口座に投資銀行から融資され資金は調達できますが その資金は特に返済の不要の資金になるわけです それで何が行うかと言うと単純な話で そこから必要な 銀行保証である BG の使用料金とプライベートバンク側の管理費用を支払ってもらえれば残りのお金は 顧客が自由に使えるわけです。

 つまり 顧客は保険料を支払うだけでそのレバレッジが簡単に言えば うまくいけば 1000倍以上 一発でかけられるわけです。 というか 保険料と言ってもこれ 保険料を先出しで出すと言っても銀行融資が確定した時点で 銀行側から保険料 支払ったら融資するよということで請求書が回ってくるのでそれに対して支払うだけですぐにまた大きな資金が入ってくるのですぐ回収できます。

つまりそういうことなんです。

 この制度を最大限利用すれば正直言って 資金調達が最高に良いモデルというわけになるわけです。

 それで 余剰の資金がたくさん手に入ればその資金を持ってまた PPP で回せば どういう結果になるんですか というのが このモデルとして重要なポイントで このことを行うことに対しては プロジェクトがあれば基準は何も設けていません ただ言えることはその保険料はきちんと払ってくださいね というだけの話です しかしその保険料はすぐ回収できるという話です。

 したがって 筆者としては実は 償還金の世界というのは BG つまり 銀行保証をどのような条件で提供できるかということが  資金調達をしたい クライアントにとって重要な問題であって その部分を我々が ソリューションするのであれば 究極 言えばこの世界 実は 基準はありません。

よってそのことを理解した上で このような世界を見ていってください。

By admin