• 月. 7月 15th, 2024

これはある 意味 一つの提案になるわけですが償還金がもらいたくてもらえない人へのソリューション

Byadmin

7月 10, 2024

これはある 意味 一つの提案になるわけですが償還金がもらいたくてもらえない人へのソリューション

 

  巷で噂の育成資金ですがこの仕組みについて ずいぶん 詳しく説明してきました。 この償還金という世界は基本的には 銀行保証BG バンク ギャランティーを提供し それに対して投資銀行を経由し ノンリコースローンを行ってプロジェクト 資金を調達するというやり方です。

 

これ以外の方法がないわけです。 それである程度の資金を ノンリコースローンで調達した後は時間をかけて PPP で増やすということで資金を強化するというのが この世界の話です。

 

実はこの世界というのは一つのパターンになっており 非常に シンプルな世界なんです。

 

筆者自身は PPP について長年研究もしております しまた 筆者の外国法人に関しては プライベートバンクの代理業務を行っておりますので そういう点を考えてもそれ以外はどう考えても 方法がないかなと思っていたのですが結論としそうでした。

 

 それで明確なことを言えるのですがこれは究極 言えば誰でも 償還金を受けることができるといえば受けることができるんです。

 

 これはどういうことかと言うと簡単に言えば BG 銀行保証を手に入れるということが重要です。 この銀行保証というものが保有している人たちはその人たちはどのようなアセット資産を持っているのかというのは 外国債や ゴールドなどの担保を持っているわけです。

 

 日本でも資金者と呼ばれている方はいますが そのような方々は  政府の国債や外国債 また ゴールド などの アセットを保有しており そのアセットを担保にすることができる人は 銀行と話をすれば それは 担保力を BG バンクギャランティーとして他の銀行の支払い保証に充てることができるわけです。

 

 このことを理解すればどうすれば大きな資金調達ができるのかというのは簡単に言えば このアセットホルダーと呼ばれている大きな資産を持っている人が担保貸してあげるよ といえばそれだけで話なんです。

 そうなると第一抵当権を入れて 同時に 銀行で銀行保証 つまり バンク ギャランティーを発行します。 それを プロジェクト 資金を調達したい 投資家は銀行に提示をすることで ノンリコースローンを使って資金調達をすれば 万が一 支払いが不履行になればその担保が取られて終わりということになりますが 実際のこと言うと もっと面白い話題があり 保険をかけておけばローンの支払いができなくなって支払い不履行が起きたとしても保険がカバーしてくれるという仕組みが存在するわけです。

 

 つまり 初めの1年と1日の銀行保証を提示する をすれば実は 投資銀行はノンリコースローン資金を融資してくれるということになり 最終的に支払い不履行になっても保険がカバーすることによってその担保 もう取られないという仕組みがあるわけです。 つまり 1年に1回は新しい人に その担保力を貸すことができるということで 担保はどんどん あちらこちらに貸しながら資金を融資ができるという仕組みがあるのです。

 

 これを理解すれば非常にわかるのですが このような仕組みに入り込めれば実は 償還金という世界から 資金調達ができたということになり、そのようなことに対して PPP のプログラムに参入できれば資金が増やせるということになるわけです。

 

 実はそのことを理解すれば良いわけです。筆者はヨーロッパのプライベートバンクの仕事を 筆者が代表進める 外国法人で行っておりますので 実際のこと言うと 同じ業務ができます。

 

 つまりどういうことかと言うと担保を貸してくれるアセットホルダーというのは 世界中にいるわけです。 これは世界の政府機関や様々な 財閥 などの方がいるわけで そのような方が天文学的な資産を持っておりますのでそのような資産からアセットを貸していただいて バンク ギャランティーを発行することが可能になります。

 

 そのような資産家の方も 結論としては大量の資産を 余剰資産として持っていても 収益を生みませんので それを正直な話 リリースをしたいということでこの世界というのは 資産を持ちすぎてる人は常に開いている資産は誰かに貸したいという考えるわけです。よって実はバンク ギャランティーと言われている銀行保証の世界にもリースという世界が存在するというのはそのような天文学的な資産を持ってる人たちの間で資産を第三者 リースするという世界が存在するわけです。

 

 つまり そのようなビジネスモデルというものは存在しており、これは特殊なプライベートバンクの世界が行っている 仕事で、このような世界の仕事 を筆者自身が行っているために この世界の話はできますよと言い切れるところはそこなんです。

 

  従ってこのことに対して提案したいことがありますが基本的には育成資金を受けたくて受けられなかった人やまた基準が足らなくて受けられなかったような人でもチャレンジすることはできるんです。 重要なポイントというのは アセットホルダーのアセット つまり 銀行保証に関しては これは我々のプライベートバンクが準備をしますので ただ単に 返済ができなかった時の支払い不履行が起こった時の保険料だけは自分自身で払っていただければ投資銀行から 資金調達をするつまり 返済不要の資金調達をするローンを提供するためのプロジェクトに支援することが可能ということです。 その保険料というのが そんな安くはないんですけど 数十万ドル かかりますが 例えば10億ドルの資金調達をしたいと言ってもそのレベルでかかる保険料というのは 80万ドルです つまり 約1億3000万の保険料を払っとけば 1600億円以上 つまり 10億ドルの資金調達が可能になりしかもその資金返さなくていいんですから 文句はない話です。

 

  それでどうするかというと プロジェクトに投資するというのも 一つの方法ですが もう一つ言うならば PPP プライベートプレイスメントプログラムという 債権の取引によって収益が得るモデルがありますが そのモデルによって トレーダーが売買をして儲けてくれますので それによって収益がいるということで投資をしてもどんどん 資金が増えることになります。

 

 このようなモデルで行えば 資金は数兆円の単位にすぐ膨らんでいきます。

 つまり 筆者が提案したいのは単純な話で育成資金を受けたいけど受けられないという方は結構相談をしてくるのですか そういう場合は自分で頑張って 保険料 さえ 払う 資金だけ準備してください これは 借金 踏み倒し というのか 表現が悪いですけども 万が一 このローンの支払いができない場合の支払いを補う 保険です その保険料を支払うことができれば つまり 大きな資金の融資を受けてそしてそれを自分自身が使ったとしても返済しなくても保険がカバーしてくれるということによって 資金が得ることができるわけですから これは非常に良いプログラムと言えるわけです。

 

 それをするには大型のアセットがいるわけです. つまり そのようなアセット フォルダーとのつながりというのが必要ですが、これはプライベートバンク 自身が常に準備しておりますのでその点の問題はありません。

 

ですから ある意味  これは  アセットホルダーから なかなか日本では資産を貸してもらえずに 償還金が受けられなかったという事実がありますからそういうような方でも実際のこと言うと我々のプログラムを使えば何の問題もなく 基本的には 資金調達が可能になると言えるでしょう。

 

 我々はなかなか欲しくてももらえない人とかそういう人に対して保険料 さえ 支払えば何とかできるような ソリューションを提供することができます これは結局 支払い不履行するわけですから 支払い不履行する時の  防衛策として保険料を払っておくというのは ポイントです それでなければ請求が いろいろされてくるので めんどくさいことが起こります。

 

 請求されないということは基本的には どういうことかというのは 銀行側にとって保険があれば借りた金は保険から請求しますからそんな損失はないわけです、

 それで話は終わりになるということになります。

 

 から大きな資金を調達したいんだけど もなかなか 調達 できないで困っているという方は 保険料だけ簡単に言ったら保険料といっても融資が投資銀行から決定してその後 請求書が来ますので 保険料を支払ってだいたい1週間から2週間で銀行から融資が行われた際の資金が振り込まれますから そうなれば簡単に言えば 保険料と言ってもただ1週間から2週間の間 建て替えるだけの話です そうするとお金が戻ってくるわけですから大した問題ではないのです。

 つまりそれぐらいの支払い能力がある人でなければこの案件には参加できないということになるのですが、ある程度の企業レベルの方にとっては大した話ではありません。

 

By admin