• 月. 7月 15th, 2024

必読 このことだけを理解すれば育成資金や PPP それらの仕組みが完全に理解できます。

Byadmin

7月 9, 2024

必読 このことだけを理解すれば育成資金や PPP それらの仕組みが完全に理解できます。

 

PPP の世界と育成資金の世界 そのことを今日はできる限り わかりやすく説明したいと思うのですが、実は 企業育成資金などと言われている仕組みというのは 実はすごくワンパターンの話です。

 前提として資金を借りて返すということですから これは究極を言えばローンということになります。

 

 ただ ローンの世界でも返済できなくてもその資産が奪われないということでのローンの仕方というのがあります。 これが ノンリコースローンと言われているローンの方式であり  償還不要のローンであると言い方も言われます。

 

 つまりどういうことかというと すでに銀行保証と呼ばれている BG  バンクギャランティーを銀行に担保に入れて資金を融資するために銀行は融資した資金に対して 万一 支払い不履行が起きたとしても請求してこないという仕組みになっています。

 

 銀行としては当然 銀行保証 つまり BG と呼ばれる 他の銀行から発行された 支払い保証をされる 保証書が提示されていますので、支払い不履行が起きた場合はそれを使って資金を回収するということになります。

 

銀行保証という世界は非常に面白いのはこれは 銀行保証というのを 国際金融で言うところの365日 つまり 1年とプラス 1日の間で発行するのですが 銀行 担保 というのは 1年以上の担保があれば融資が実行されるということになるわけです。 つまり 1年後に例えば 担保がどこかに行ってしまったと言ってもこれに対して 銀行側はその担保を抑えに行くことができないと言えます。 それでは 銀行側としてリスクがあるということになりますので そういうことを補うための仕組みとして保険制度があるわけです。

 

 銀行としても 1年間  銀行 担保BG を提示してくれることによってその間に運用などをすることにより 最低限の資金を確保することができますので 万一 このことで支払いが不可能になったとしても 全て銀行に貸し出した 銀行保証である BG においても 運用をしているわけですから そこで資金の確保しているので 仮に BG が1連を過ぎてから 第三者に譲渡されて行ったとしても このことに対して追いかけることはありません。

 

 実は全てが PPP に関係する仕組み なんです。

 このモデルというものは 完全に PPP というものがなければ実現不可能なことだと言えます。 要するに 銀行保証をしている BG からまた資金を調達しその資金を使って運用するということを 銀行側も行うことによって 実際に資金を借りた人が途中で支払い不履行を起こしたからと言って問題なく 資金を回収することができるというモデルであると言えるのです。

 

 つまり その仕組みが理解できれば PPP 及び ノンリコースローンを最大限に利用するということは大きな収益を得るということになるのです。

 

 これは PPP と呼ばれている MTN 市場において 割引の債券などの売買が転売されることによって得る収益がこの財源として活用されるわけです. この仕組みを最大限に使うことによって実は 投資家にとっても大きな収益を得ることができるわけです。

 

このことと 日本の育成資金とどのように関係をしているのかというと 実はこの BG と呼ばれる 銀行保証を発行する際にどのようにして発行するのかということを知らなければいけません。

 

 1つの方法としては これは政府の国債を最大限に利用するという方法ですが この場合は基本的には米国債やユーロ債などの外債における 債権というものが利用されるわけですが 例えば 米国債を多額に持っている人やユーロ債を多額に持っている人はただ単に30年間や 長期運用していても 利回りは決まった 利回り しか出ません それだけでは収益が増えませんので この米国債やユーロ債などを利用した運用をしたいと考えるわけです。

 

 ただ運用するには問題は民間企業でなければいけない もしくは 民間人でなければいけないというルールがありますので 例えば 米国債やユーロ債を持っているところが 政府機関であれば直接 PPP に参加できないわけです。

 

 そのために彼らがどのようにして収益を上げるかと言うと 実は自ら持っている米国債やユーロ債を別の市場 つまり このような 担保を貸し出すための市場というものがありますが これは筆者が属しているプライベートバンクでも行っていることですがそのような 外債が持っている担保力を第三者にリースするという仕組みがあります。

 

 これは フランスの国際商業会議所におけるクレジットの譲渡というルールになるわけですが つまり 与信枠というものは第三者に譲渡できるというルールがあり 例えば 米国債やユーロ債などの外債を持ってる人は米ドルや ユーロ建ての 担保力を有しているわけですから 彼らの持っている担保力を第三者にリースすると その 借りた人物が ノンリコースローン での借り受けた 担保力である BG つまり 銀行保証を使って融資を受けることが可能となるわけです。

 

 これが BG や SBLC における収益化というモデルになるわけですがそのような 際は 投資銀行としては それを提示することによって ノンリコースローンを解説し額面の50%から65%ほどの資金を融資するということになり このノンリコースローン というのは最終的には資金を返済しなくても基本的には問題視されないという仕組みになりますので 究極を入れば投資銀行から資金を借りてそのまま 支払わずに終了させてしまうということも可能になるということです。

 

 ただ 律儀に支払うことも可能にはなりますが基本的にこのような仕組みというのは何度も行うわけではありませんので 人生のうちに1回か2回できれば良いかな というような仕組みです。

 

 簡単に言えば 大きな資本を借りたいと言えば 結論として大きな担保力をどこかから見つけてくれば良いわけですから そのような大きな担保力を貸してくれる人がいればいいわけです。

 つまり そのようなアセットホルダーとのつながりがあれば この問題は クリアするわけです。

 

 意味がわかるでしょうか。つまり 銀行が銀行保証を発行するための外国債における国債や 例えば金を使った 準備金などから作る担保力でも同じことが言えます。

 

 実は日本でも育成資金と言われている種類には大きく分けて2種類があると言われています。

 

 その理由としては使われている担保の財源が違うと言えるでしょう。

 

1つは これは 外債と呼ばれている米国債やユーロ 歳などが担保になり その担保力を第三者の名義人に貸し出し その名義人が欧州や ニューヨークの投資銀行から大きな資金をノンリコースローンで 借りてそしてそのさんを使ってさらに PPP 運用で回すと さらに大きな資金が 調達が可能ということになります。

 

 なぜこのような案件というのが 民間人の名義で行うのか 個人で行うのかというのは これは非常に シンプルな話で PPP の運用というものは政府の名義ではできませんですから個人の名義で行うために実はこういう話というのは 政府とも関係はしてるんだけどな という話があるのは 財源 というものがどのようなアセットホルダーが持っているかというのが ポイントになっているわけです。

 

 もう1つは大きな方の資金などとよく言われていますが 米国の資金などと同じで これはどのようなことかというと 中央銀行に関係する準備金 と呼ばれている世界です。

 

 外貨準備高の世界でいえば 1つは ゴールドを担保にするということでの準備金というものがありますし また外貨としての担保力としては 外国債や外貨の現金を保有するということで 外貨準備高というものが決まります。

 

ですから 日本の場合を考えてみてください. 2つの大きな資産を持っていることになります。

 

 1つは これは 外国債などを使った運用にはなりますが大量の外国債を持っているということはそれだけの大きなアセット 担保力を持っているわけです そうなればその担保力を第三者に貸し出すことによってその第三者は ノンリコースローン によって大きな資金を投資銀行から融資を受けることが可能となります。 先ほども 説明しましたが ノンリコースローン という世界ではこれは 融資を行うが結論として 万が一 デフォルトになったとしても投資銀行は 請求をしないという仕組みになっています。

 

よって融資を受けた人は資金を借りただけで結局は返済しなくてもその資金は自分たちのもので使えるということになるのです。

ただ 精神的には借金を踏み倒すというようなイメージになりますのでそのことに対してどう思うかと思うのですが銀行というものは クレジットという世界で資金を発行していますので銀行 自身のコンピューター上の数字が減るだけであって別に問題ではないのです それを 辻褄を合わすために必要な 担保 データ というものが存在するわけで銀行としては何も損をしているわけではないんです。

 

 つまり 中央銀行における中央集権制度というものが最終的には米国の連邦準備制度に集まっているというのは最終的 最後の責任者っていうのは誰にしてるかということで このクレジットの世界最後の話というのは最終的には 頂点のボスである連邦準備制度が面倒を見る という仕組みになっているためにこの仕組みというのは 成り立っているとも言えるでしょう。

 

 ただ言えることはそれを裏付けるものというのが 実は筆者がよく説明している連邦準備制度における  帳簿外  ゴールドという世界で これは 担保 口座 と言われる 米ドルで表現された金などを裏付けにした ソブリンファンドがあるわけです。

 

 す. そのことを理解すれば最終的にはこのゴールドによってバックアップされているということになるわけです。 実は世界の中央銀行 システムというのは 究極を言えば その中央集権における 頂点が 担保 口座に 天文学的なゴールド 資産を保有しているということによって賄っているということで この数字を調整しているとも言えるわけです。

 

 そんな難しいこと言っても意味がわからないので そこのところは考えないようにしましょう。

 

 さて話は現実的に戻るのですが  1つは 外国債を使った資金調達の方法ということを説明し 最終的には PPP で回せば良い もっと収益が上がるというのが これがよく言われている国内償還の財源であるかという話になっているわけです。

 

つまり 日本国内における このような外国債を持っているアセットホルダーというものがいるわけですから 実際 言うと PPP というのは 政府機関も参加はできませんが 同じ人物が何回も何回も参加することはできないのでアセット フォルダーも自分自身でずっと運用できるのであれば問題はないのですが第三者に名義を貸して運用したいという本心があるわけです。

 それでなければ大量の外債を持っていても一般的な利回り以外は得ることがないので 面白みがありません ただこの仕組みを行って資金調達をすれば利回りが跳ね上がるわけです。

 

 よって なぜ参加者の方に大きな資金を提供しますよ という話をしているのかと言うと当然このような仕組みというのは運用プログラムに参加して資金を調達するわけですから 彼らとしても そのコミッションとして名義を貸してくれた人に大きな資金を提供するというのは当然の行為です。

 

ある意味 このことは 国際金融を使ったビジネス であるので正直な話を言うとなぜ自分自身が資金を投資しなくても こんな大きな資金がもらえるのか などと多くの人は疑問に思うかもしれませんが こういう風な国際金融における市場 つまり 仕組みが存在しているのです これは単純に 究極を言えば プライベートバンク や PPP を行っている プラットフォーム オフィサーが普段からしょっちゅう そればかり考えて行っている仕事だと言えるのです。

 

 つまりこのような ソブリンファンドと呼ばれている国家級のファンド つまり 政府機関やまたは世界的な 石油王 やまた 世界的な財閥 や王族などは一般の方には考えられないような国家級の資産を持っているわけで そのような方々の多くが 外国債などを保有しているケースが多いのです。 ですから 彼らが持っている外国債などを最大限に活用するには ただ単に 年間利回りが良いとか悪いとかってあんまり関係ないんです。

 

 つまりこのような仕組みによって第三者が運用に参加をしてくれて資金を回してくれれば 正直な話 大きく 利益が出るわけです 当然それを貸し出した人と 要は 名義を提供してくれた人にも 双方にメリットが 出る仕組みになっているために参加すれば大きな資金がもらえるというのは当たり前の話です。

 

 つまり 大きなアセットを持ったアセットホルダーの運用に協力をするわけですから当然のことでその方も大きな事業資金 プロジェクト ファイナンスを実現できるわけです。

 

 しかもその獲得した資金というのが全てが 投資銀行から獲得したノンリコースローンでの融資になりますので 万が一 返済できなくても文句は言われないわけです。

 

 しかも 国際金融における バンクギャランティー、つまり 銀行保証の リース期間というのは 1年と1日 つまり 365日+1日を 最低保有すれば銀行は融資をしてくれるわけですから それで OK なんです。

 

 なぜ1年後にまた申請しようと思えば 申請できるかもしれない という話をするのは理由は単純でこの貸し出してるアセット つまり 外国債やまた準備金 と呼ばれている ゴールドの skr などは365日+1日間のリースを終えれば無条件でアセットホルダー つまり この資産を持っている人に返すことになりますから そうすればまたこのアセットを再度使うことができるわけです。

 

 その繰り返しをぐるぐるぐるぐる 行うと運用益が増えており 実はそのことによって皆さんも考えてみてください 外国から収入を得る つまり 外国から外貨が得ることによってどういうことが起こるかといえば 例えばそれを日本に送金すれば 結論として 外貨準備高が増えるわけです。

 

 この仕組みを理解する必要があるわけです。

 

 また米国側の大きな資金ということをよく言われますが その仕組みというのはどういうことかと言うとこれはもう一つの話  米国債やユーロ債などの外債ではなく 担保に使っているのはこれは  帳簿外のゴールドということになるわけです。

 

 結構 巷では  帳簿外のゴールドの販売を割引でするなどと色々話題にはなっておりますが なぜそのようなゴールドが重要なのかというと実際のことを言うと これが担保になるわけです。 当然金ですから 担保が存在するわけですから この担保 口座 というものが存在しており ゴールドなどを裏付けにした担保 口座 というのは全て 米ドルで表現されています。

 

 その情報に関しては全てアメリカの FRB 連邦準備制度に登録されているデータになり 例えば 各国の中央銀行 やそれぞれの銀行にそのようなデータは保管されていますが そのようなデータから資金を動かし そして 提供先に資金を送金したという スイフトでのデータを送金すると送金が完了するのかというと 実はこのような 担保口座にある米ドルにおける資金 データ というものは現金ではなく M 0 資金 と呼ばれている資金でこの資金を現金化しようと思えば 技があるんです。 つまりこの M 0 資産と呼ばれている 準備金の米ドル 単位の口座を持っているアカウント フォルダがありますが、そのような人も自分自身 一人でこれをキャッシュ化 現金化することはできないわけです。多くの国際金融ブローカーはその意味がわかっておらずあの人は巨大な M 0 の資産を持っていると言いながらこれを現金にできるなどと豪語してる人はいますがその中で誰一人  まともに現金化する方法など知ってる人 いないと言えるでしょう。

 

 よく日本の大手銀行にヨーロッパから送金したのに銀行は レシーブできていないということを言ってお金を取られているなどと大騒ぎしている国際金融ブローカーを何度も見たことありますが これは全部 オフレジャーアカウント における資金の送金をヨーロッパから行ったような話ばかりで実際の 普通の 送金ではない話を言って大騒ぎしてる人も見たことがあります。

 

 これは全く仕組みについて理解をしていないのですがこの仕組みというのは 送金 データに関しては 空振りのように送ることはできます。

 

 ただこのデータに関しては 現金化されていないために 当然 オフということで表現されていますから オフ と書いているものに対して 銀行が現金化することなどはありません。

 ではそこからどうすれば良いのかと言うと重要なポイントというのはこれを全部 アメリカに報告しなければいけない つまり ワシントンに報告をして 大統領 予算管理局において承認がされ ゴールドを保管されている  王族のゴールドの管理委員会で承認がされればそれを担保として認め その担保 データを ニューヨークの連邦銀行 から DTC によって例えば日本に送るんでしたら 日本の中央銀行である日本銀行向けに送金をします。

 

 つまりこのことなんですDTCにおける送金ということは何をしているのかというとこれはSBLCを送っているわけで つまり 連邦準備制度における銀行保証を送っているわけです。 そのことによって 各国の銀行は通貨を発行することができます。

 

 これも 実はSBLC の収益化というのは、これは 銀行保証の BG と同じ意味になりますので収益化が可能になり これも全て ノンリコースローンを用いた 収益モデルということになるのです。

 

 どのようなことかと説明すれば基本的にはこのアセットホルダーがいますので アセットホルダーがまあ 世間で言うところの資金者などと言われていますが そのような方が面談をし そして 法定的には問題がないですということになれば日本の場合は 償還金が実行されるわけですがそのような場合はどのような手続きをするのでしょうか。

 

 これは非常に シンプルな話ですが アセットホルダーが分かりました. じゃあ私のアセットを貸します. つまり 彼らは何を持っているのかといえば これはゴールドの 管理口座です。 当然この管理 口座と言われているのは全てが連邦準備制度に登録された広大になりそこから資金を動かすということが決定されれば次は ワシントンの大統領 予算管理局にそのことを報告をし 承認を得れば今度は王族会議によって承認をされれば 王族 会議はその担保力を認め 銀行保証を発行します そしてその 銀行保証を ニューヨークの連邦銀行のDTCの システムを使って送金するわけです。 そしてそれを レシーブした中央銀行、例えば 日本銀行の場合ですとそのSBLC/BG と言われる 銀行保証を使ってノンリコースローンを発行し そしてそれを使って資金を融資するわけです。

 

 当然この資金というものは  ノンリコースローンであるので返済する義務はありませんので 償還金というものは返済しなくても問題がないというのは 理由は簡単です 借りたものに対して返さなくても問題がないという 一応 ルールになっている  ノンリコースローンを使って資金を調達しているということになりまたそれらの財源を使って PPP によって運用することによって資金を増やすということを行うので結論として大きな資金が確保できるということになるわけです。

 

 これは 国際金融における全てのルールですから皆さんはこのような世界というのはよくわかっていないと思いますが 日本における償還金や 育成資金などと言われているのは全てがこのノンリコースローン と PPP の世界でただ単に 何が違うのかと言うと アセット フォルダーというのが それぞれ 提供者がいるということになるわけです。

 

日本の場合でそう 外国債を提供するチームもありますし また ゴールドの担保力を提供するアセットホルダー もいるわけです そのような人たちがアセットを つまり 担保力を提供することによって それを証券化したものをバンク ギャランティー つまり 銀行保証としその 銀行保証 自身が ノンリコースローン  を融資するための裏付けの担保力となるわけですから そのことによって大きな資金が提供できるということになるわけです。

 

 ただそこで 皆さんが心配になるかもしれないのが 外国債やまた金の担保力を第三者に貸し出して例えば 貸し出した人がデフォルト するとその資産は取られるのではないかということがあるのですがこれはアメリカの面白いルールがあり UCC つまり 統一商法と言われている仕組みが 国務省にありますが この 国務省に登録することによって 第一抵当権が設定され それによってその資産は第三者に流れていかないという仕組みがあるわけです。

 

 よって必ずこのようなアセットホルダーというのは UCC の登録というものを行います. これは 米国国務省における統一商法に おける登録ということになるわけです。

 

この仕組みについて理解をすれば実際のことを言うと国際金融におけるスペシャルな金融モデルであると言えますが我々のような業界の人間から言わそう そのような仕組みは普通に存在しており 日本国内ではあまり馴染みがないだけでロンドンやニューヨークの投資銀行ではそのような仕組みというものは プライベートバンク系では行っている話です、

 

日本ではこのような仕組み ただ単にお金をあげますと言うと 怪しい 怪しいと言って大騒ぎしていますが 実は 国際金融について理解している我々のようなプライベート系の仕事を行ってる気 人間にとっては何を言ってるんですか と言いたくなる話 なんですが全てを調べてみたら それ以上のことはないということが 日本のことでも判明しました。

 

結論としては これは 国際金融におけるロンドンやニューヨークで行っている ノンリコースローン における資金調達の仕組みであること以外はそれ以上はすごい話は何もないですただ単に資金者と言われているのはアセットホルダーというものが 日本には何人かいるということでそのアセットを使っているというだけの話です。

 

  そのことを理解すればよくわかりますから私自身も プライベートバンクへの仕事を行っていますが同じことができるわけです。何か特別なことがあるのかと思って長年 調べてみましたが それ以上のことは何も出てきませんので そのことで間違いないです。

 

ですから私自身は言いたいのはこの世界というのは 金融のスペシャリスト つまり 特に ロンドンやニューヨークなどの国際金融都市で様々な特殊なビジネスモデルなどを研究してきた人にとってはそういうことかという世界なのですがそういう世界を知らない ローカルな金融しか知らない人にとっては そんな話で存在するのかということで みんなは怪しいと言って終わりますが これ 金融リテラシーというか 金融の知識がないからそういう結果になるだけでそういうサービスがそのような世界 投資銀行の間で行われているというだけの話です。

 

ですから 名義人で運用してくれますよって言うと 逆に言うとこのようなアセットホルダーがアセットを貸してくれると言うんですから それで 銀行の手続きをしてくれたらラッキーだと思いませんか。

 

 日本にはそれだけ大きく 貸し出すためのアセットを持ってる人がいるということでしょう。

 理由は それだけです。 日本ではこのような仕組みは存在しないということを長年 メディアなどで大騒ぎしていましたが 一体この人たちは何が起こっていたのでしょうか この結論を全て理解するとこんなダメな国はないなと感心します。

 

 しかも 金融関係者やまた一流の企業の方までそういうことを言っているんですから 実際のことを言うとその人たちというのは 国際金融における資金調達の方法を何も知らないわけですから そういう人たちが ビジネスを行っているということを考えたら日本は絶対に外国に負けます。 それ 当たり前ですよね 外国人はこのことよくわかっていて最大限利用しているのに日本人はこういうことは 怪しいと言って大企業の社長から言っているんですから はっきり言って どうしようもない世界です。

 

 ということを考えると 我々として思うことはこのことをしっかり理解をし浸透させるということは 日本の経済 つまり マネーサプライを行う上でめちゃくちゃ重要なことであるということですですから 筆者としても この仕事を長年行っていて 各大企業の社長とかに色々なこと言われましたが あいつらは何を考えているんだ 言いたくなります。

 

ということで 結論として こういう話だというのを明確に説明をしていますが このことが理解できて参加するか 参加しないかというのは それぞれの人の思いだと思います 日本ではこういう制度から存在はしているけども まあ 秘密で行っているようなところがあるのでよく理解できないというのがあると思うんですけども これはただの金融制度です。

 

 そのことを皆さん 理解した上で このビジネスをしてください. これは 国際金融におけるビジネスですから 特殊な世界というよりも国際金融におけるビジネスということを知ってください。

 

By admin