• 月. 7月 15th, 2024

巷で噂の15億円や 30億円で行う PPP の世界について皆さんもこういう風な国際金融の世界があるというのを理解してください これは実は ワンパターンです。 そのことについて詳細を説明しています。

Byadmin

7月 9, 2024
巷で噂の15億円や 30億円で行う PPP の世界について皆さんもこういう風な国際金融の世界があるというのを理解してください これは実は ワンパターンです。 そのことについて詳細を説明しています。

 

こんにちは MSA 総合研究所です

 最近皆様の間の中で 非常に話題になっているのが 15億円や 30億円で行う PPP の世界です. この世界について皆さんは理解しているでしょうか。

 この世界というのも 実は 償還金と同じような制度にはなるわけです。

 どのようにして収益を上げているでしょうかそのことについて簡単に説明をすると そのような専門のプログラムが存在するわけです. これはアメリカのプログラムになりますが 王族関連の PPP つまり スモールプログラムというものが存在します。 これは最低投資金額が1000万ドル以上ということになっていますが、このようなプログラムに参加しようと思えば 基本的には6ヶ月間の資産証明 というものを提出する必要があります。

 実は残高証明書っていうのは結構なぜ重要なのかというと 突然大きな資金が入金されているとだめだと言われる理由は単純で 6ヶ月間程度 資産がきちんとその人物が持っているのかというのをチェックしてるんです。

 つまり 資金がご本人の関係であれば問題はないのですがどっかから突然 借りてきてるようなものでしたらダメになるわけです。

 これは PPP 業界のルール として決まってるのは6ヶ月間の資金の流動が どうなっているのかというのが チェックする対象になるわけで 6ヶ月間 つまり 申請する前 6ヶ月の間で資金の動きが どうなっているのかというのを調査します。 それで ご本人に関係した 例えば ビジネスなので得た収益でそれをような資産を持っているということになればその人の資産として十分な 残高証明としての価値があるわけですが 突然誰か友達からポンと借りてきて 参加したいんです」っていう人が時々いるんですけども これは参加できません。

 これは基本的にはこのような取引をする時には 国際弁護士によってコンプライアンスのチェックがされます そして彼らの調査によって基本的には資金の流動が6ヶ月間の動き方を見て 資産がないのに突然今日明日でお金が入ってきたりするとこれでは 資産があるとは言えないですと それでは PPP には参加させることはできません ということで 却下されます。

 

PPP 業界で参加するには本人の資産状況における調査というものがあり、この資産状況の調査で国際的に認められれば初めて PPP のプログラムに参加できるということになるわけです。

よって 今日 明日で突然金持ちになったからと言って突然このようなプログラムに参加できるのかと言うとしばらく 自分自身の口座の中で資金を持っているということが条件で運用に参加できるということになりますので こういう風な一応 ルールがあるということを理解してください。

 

ですから このようなルールがあるので、実は 15億円以上の残高証明を持っている個人の方で参加できる人いませんか などという話をしているわけです。

 これは実は単純な理由で PPP に参加するための条件を満たしてるかどうかをチェックしているのです。

このようなプログラムはアメリカのワシントンの王族の資産管理をしている関連企業によって行われているプログラム つまり スモールの PPP のプログラムということになりますので 最低資産証明として  1000万ドル以上というルールがありますので 日本円の場合だと1ドル 150円 換算 だとすると 15億以上というような概念になるのでしょう。

 

 なぜそのようなルールになっているかというのを理解すれば非常に 分かりやすいです。

 それではなぜその方が資金を動かさないでも資金調達ができるのかというのが 実はそこに 味噌があるわけです。 この方法はブログでもいつも 説明しているように PPP の世界というのは ノンリコースローンと銀行保証と PPP の世界だということを説明しています。

 

 その申請者が個人的に1000万ドル つまり 日本円で言うところの 15億円以上の資産を半年以上 きちんと保有している方ということであれば ぶっちゃけた話と言うと割と 簡単に PPP の審査が通るわけです。

 審査が通れば レバレッジをかけて運用したいということになりますので そしたら資産を持っている人が資産を貸すことができます。 それは ゴールドの SKRであったりまた外国債である米国債などを担保として貸し出し 銀行保証を提供します つまり これが BG バンクギャランティーということになります。 つまり  この申請者が PPP に参加できる条件を満たしているとなればその方宛に大きな資金を調達できるように資産を持っている方が銀行保証を大きく発行するために資産を貸し出すことができるわけです。 そうなればその方の名義で多額の資金を投資銀行から融資を受けることができます。 そのことを考えてみてください. つまり何度も説明していますが このようなローンで返済不要のローンというものがあるという説明をしましたが これが ノンリコースローン と言われる ローンです。

米国債や ゴールドの資産を持っているアセットホルダー つまり 資産家が資産を投資銀行経由で貸し出すことによって 銀行は BG 銀行保証を発行することができ、それを担保として投資銀行に提供することで 投資銀行は当然融資することができます。その際にはプロジェクト ファイナンスを行うということになります。

 簡単に言えば プロジェクトに対して資金を貸し出すという理由でこの 銀行保証という 担保に対して のノンリコースローンを借りることができるわけです。

 非常に実はシンプルな話 なんです。

 これで簡単に言えば 銀行保証 つまり BG の収益化ということでノンリコース によって資金を調達することができます.。そしてその後に どうするかと言うと PPP の運用で回す わけです。これはアメリカの王族系 ゴールドの 管理組織が行っているスモールプログラムにおける PPP なんです これが最低資本要件が1000万ドルという風に決まっていますので 投資者の資産状況が15億円以上の資金があれば良いということになりますのでその人の名義で投資銀行から資金を調達し そのうちの資金を PPP で運用に回せば当然ながら大きな資金が生まれるわけです。

 

 それが実はこの錬金術の世界ということになるわけです、

 PPP の世界というのは 実は仕組みです 何度も説明していますが その人物が PPP に入ることができるということがわかればその人物の名義を使って資金を最大限 調達 できるようにバックアップをし そしてレバレッジをつけて PPP で回してもらい 運用益を爆発的に増やしていくというような考え方になるわけです。

 

 こういう案件というのは1人が連続して参加できる期限というものが決まっていますので1人の人間が永久に参加できるというわけではありません。

 

  従って なぜ新しい言い方が参加して欲しいのかというのはこのアメリカにおけるスモールプログラムの PPP に参加できる要件を満たした 簡単に言えば 6ヶ月を超える 資産が安定して15億円以上ある資産家というのが PPP の内部調査で合格する確率が高いのでそのような人物が 申し込んでくれるのを楽しみに待っているというだけです。

 

 つまり 日本には大きなアセットを持ったアセットホルダーがいるわけです つまり 外国債や 同時にゴールドなどの 資産を持っている方がいるためにそのような方の資産を使えば銀行を経由すれば BG 銀行保証であるバンク ギャランティーを発行することができるわけです。

 

 このような安定性の高い 米国債やまたは ゴールドに関する資産に関しては、担保にすればティア1 資産ということで評価が高く 収益率も高いと言えます。

場合によっては 投資銀行に対してこのバンク ギャランティー つまり 銀行保証を提示すると米国債などの安全資産であれば 80%近い資金を収益化してくれるケースがあります。 通常の信用性のある資産になれば 50%から65%程度の収益化ということになるわけですが 米国債や ゴールドというのは非常に良い 資産の評価になるわけです。

 これは銀行業界の中で決めている資産の評価という話でありますので 普通の人はなかなか全然関係のない話なので 普段は聞いたこともないような話 かもしれませんが 信用性の高いものにはそういう風なものを収益化 つまり 現金化するために 比率が良くなるという話です。

 

ですから 米国債などを担保にして 銀行保証 BG を発行しそれを投資銀行に持ち込み ノンリコースローンを用いて収益化します. そうすることによって大きな資金を調達することができるわけです。

 つまり なぜそのようなことを言っているのかといえば この ノンリコースローンという世界は前にも 説明した通り 万が一 支払い不履行になっても これは保険をかけますので支払う必要がないという仕組みになります。

 つまり 支払い不履行になっても問題ないですよ という保険が国際金融市場の中に存在するわけです。 そうすると担保を貸し出したアセットホルダーにとっても安心できるわけです。 アセットホルダーとしてはこのようなプログラムを支援するために 365日+1日の銀行保証つまり タイムシートで発行するわけです。 それによって銀行は1年 プラス 1日の銀行保証を発行し その 銀行保証を投資銀行に持ち込めば 彼らは ノンリコースローンを 実行するということで 投資者に対して大きな資金を貸し出します。 その後をどのようにするかというのは、これは 1年を過ぎた後に  銀行保証を発行するために担保を貸し出した資産は無条件で資産 提供者に返還することになります。

 

 そのことによってその資産はまた 元々の持ち主のところに戻るわけです。

 そうなれば 資金を借りた人がもし 支払い不履行が起これば銀行として取る担保がないということが不安になるのですがこれは この業界の面白いルールでそれをバックアップするための保険があるわけです。 つまり そのような保険をかけていますから、支払い不履行が起こったからと言って銀行としては保険会社が保険を実行してくれるために 痛くも痒くもないというのがこの仕組みになるわけです。

 

 このような仕組みによって資金調達 という世界が存在するということを知ればわかると思いますが 実際のことを言うとこれはアメリカのプログラムについて説明しましたが 15億円以上の資金者ということで行っていますが 筆者自身が行っている プライベートバンクで提供しているのは10万ドル からの PPP ということになり 同様のノンリコースローンを ヨーロッパの投資銀行を経由して 同様のことはできます。

ですから 筆者は提供しているのはヨーロッパのプライベートバンクの業務として 筆者の海外法人は業務を行っておりますので 実はそのようなサービスを行っています。我々の組織としても アセット つまり  銀行保証 である BG の貸し出しは行っているのですが、支払い不履行になった際の保険に関しては これはこれを申請するためのお客さんが 各自負担するというルールになっております。 ただ 保険料 さえきちんと払えば 我々のプライベートバンクが大きな  銀行保証を提供し ノンリコースローン大きな資金を融資することができますので 実はこの保険料 さえ 支払えば 究極 言えばほとんどの人が 償還金の制度を入れることができるという世界 を実現しています。

 これは筆者が直接行っている 海外法人が行っている事業の一つです。

つまり これは全てがアセットホルダーとの関係というだけの話 なんです。 世界には多額の資産を持ったアセットホルダーというものがあります。 日本の場合ですとそのような部分っていうのは政府に関係する組織やまた皇室などの 組織に関係するのでしょう。

 海外でも外国の政府組織 やまた アラブの石油王などの資産 そして世界の王族 やそして世界の財閥 などは多額の資産を持っているわけで そのような方々のアセットというものは 彼らは 常に100%を使い切ってることはまずありませんので 余ってる部分のアセットをリースしてくれるわけです。

ですから 世界の富裕層と呼ばれている人たちも自分自身が持て余すような資産を持っていますが その資産からどのようにして資金調達をするかということを考えていますから その資産の担保力をリースするわけです。

 

よってこのような仕組みが成り立つわけです。

 従って プライベートバンクによって そのようなアセットホルダーと呼ばれている世界の資産家とのコネクションをし、投資銀行との間で資産をリースするというバンク ギャランティー つまり BG のリースという ビジネスが成り立っているわけです。 このことが理解できれば そういう 市場が存在しているってことを知ってください これは 国際金融市場における仕組みです。

 

  日本ではアセットホルダーという世界での BG のリースの売買をするなどという話は耳にすることはないと思いますが これは欧米における投資銀行の世界では普通に当たり前の話です。

 そのことを理解できれば実際のことを言うとこんなシンプルなテクニックはないわけです、

 

 つまり 筆者は何を言いたいのかというと 非常に単純です この金融について理解しないで 日本を真面目に 普通の 古来の金融をしていてどうやって豊かになるんですか と言いたいわけです。

 国際金融における資金調達の方法というのは 基本的にはこの法則でプロジェクト ファイナンスを行っているわけですですから 例えば 各国の開発援助というところの世界で言うとどんどん 世界は 開発が進んでいくか 日本は遅れているというところは 実はこのような仕組みを日本はあまりというのか ほとんど 活用できていないということで 日本の経済というのが 資金が供給されずに衰退していると言えるのではないでしょうか。

 

不動産開発の世界も外資が大きな資金を持って 日本の都心部を開発しているなどと言いますが、その理由をどうやって開発しているか というところを理解しなければいけないのです。

 つまりこのような運用の仕組みがあり 同時にこのような資金調達の方法があるため、彼らとしては 財源は実際のこと言うと アセットさえあればいくらでも資金は調達ができ リスクがない 投資ができるわけです。よって投資銀行で行われている 世界 つまり BG 銀行保証という世界 と そして ノンリコースローン という世界 そしてそれを運用するための PPP という mtn 市場における運用プログラムについてしっかり理解することによって日本の国際金融市場における発展があるわけです つまり 日本というのは 今後 国際金融都市を目指す という話をしていますが この部分のサービスがしっかりできれば 金融機関 つまり 投資銀行が業務を行えば 日本の経済を発展させることは大した問題ではないですただ これら サービスを日本国内でいないのがミソ でそのような世界で 超極秘に何かわからないですがコソコソとやっているので みんなが悩んでいるだけでこれ 外国から見たら普通の話です。

 

ですから このような話というのは プライベート系バンクで一流の資産を持っているアセットホルダーとの関係をしっかり持っているようなところであるとこのようなプログラムの 実現が可能ですけども このようなアセットホルダーとのつながりがなく 同時に PPP のプラットフォームを持っていなかったら このような話は実現できません。

 

 つまりこの仕組みというのは全てが整って初めてできるわけです。

 

 アセットホルダーである 外債や ゴールドの資産を持っている人 それとのつながりがたくさんある プライベートバンクであること 。そのプライベートバンクは彼らの資産を使って投資銀行を経由してバンク ギャランティー つまり 銀行保証を発行することができるということ それを格安でリースをするための市場開拓ができるということ。 そして プロジェクトを行いたい 投資家に対して そのようなアセットをリースするなり 貸し出すなりをして投資銀行からノンリコースローン 融資を受けるための手続きができる銀行との深い関係があるということ。 それらのことが一通りのことができ 同時にこのような方に対して PPP で回せるためのアカウント つまり PPP アカウントというのは ライセンス 性ですから そのようなライセンスを持った プラットフォームを持っているということ これが全部揃って初めて 1つのことができるわけです。

 

 つまり 筆者はそのような世界で仕事をしているために この世界というのが非常によく理解できています 。日本ではいろんな話が出てきたのでどういう話があるのだろうかということをずっと悩んでいたんですけども 結論として これは 国際金融市場における多少は特殊な部分はありますが 別に怪しい世界ではありません。

このような金融商品が存在するだけです。

By admin