• 月. 7月 15th, 2024

プライベートバンク の提案する まさに 錬金術と言える世界、それは 欧州の投資銀行などが協力して行う スペシャルな仕組みである。

Byadmin

7月 6, 2024

 

プライベートバンク の提案する まさに 錬金術と言える世界、それは 欧州の投資銀行などが協力して行う スペシャルな仕組みである。

 

プライベートバンク の世界を 今 研究していますが やはり その中のプログラムで究極というのは10万ユーロから小口の PPP に参加できますので まずはそこに入って資金を増やすというのが一番入口として 敷居が低いと言えるでしょう。

 

まずは PPP に参加をしてその後 10万ユーロの資金を1年近く運用すればどうなるかというのはそれは10万ユーロが15倍に増えるわけです. つまり 1ヶ月あたり1.5倍で10ヶ月で15倍になるわけです。

 

 基本的には PPP の世界というのは 運用期間というのは1年のうち10ヶ月と言われておりますので 150%の運用益があるとすれば 10ヶ月で1500%ということになります つまり 元本保証で15倍の資金に増えるということになります。

 

 実際には 複利で運用することができますので ローリングをすればどんどん大きくなっていきますですからこの話は複利でしなく 10万ユーロのままで運用していくということで 毎回10万ユーロを継続すれば このような仕組みになるというになるということですから実際に言うと  目標が100万ユーロを調達したいとするならば 半年もあれば実は実現が可能ではないかと言えるところです。

 

 このプログラムで重要なポイントというのは  プライベートバンクが 提供する ノンリコースローンで最大の資金を融資を受けるというのが重要となりますので そういう場合は基本的には 10億ユーロ つまり 1ビリオンの資金を調達するとします その際には支払い保証する保険料が約80万ユーロですから その費用を賄うことができればプロジェクトとコンプライアンスが通れば投資銀行から資金を融資を受けることができるというのが これが重要な話です。

 

 そこで うまく 10億ユーロの資金調達ができれば そこからはどのようにするのかというのはこれは 10億ユーロのうちの30%でも50%でもいいですが PPP で運用で回すことです。

 

 ここの運用のモデルというのは  PPP の専用口座がありますので ヨーロッパの投資銀行のどこかの 口座に入金をすると PPP を回してくれます。

 それは実際にプログラムに参加する時に投資者に PPP 専用口座が割り当てられます。

 

 その口座に運用したい資金をスイフトで送金をし PPP で運用に回します。 これは繰り返し投資者がやめると言わない限り 延々と続けることができるわけです。

 

 その仕組みについて理解をしてくると理解が深まると思いますが10億ユーロの資金のうちの 例えば 30%の3億ユーロを PPP で1年間 回せば 15倍になるわけですから 45億ユーロ そして10年間のローンですから 3年間 PPP で回すと 45億ユーロの3倍です。 

 実際には これは複利として運用することができますので まだまだ大きくなると言えます つまり 3年もこのことをやれば相当利益がでることが理解できます。 

この意味を理解することが重要です つまり スタートになったのがたった10万ユーロの資金を使い日本円で言えば 約1800万円です 現在のところで言えばそれぐらいの程度の投資からスタートし PPP で資金を回し その後に 財源がある程度たまれば ノンリコースローンで10億ユーロの資金調達をし そしてその財源をベースに PPP を回す。

 これはまさに 究極のレバレッジと言える世界です。

 

 つまり 筆者が今 特殊なプライベートバンクの世界に関係をしておりますので この世界のことがよく理解できているというのか そのプライベートバンクが行っているサービスを攻略するようなことで考えてみれば このような仕組みになっているとも言えるのです。

 

 これは数字的な話 かもしれませんが 究極を言えば仕組みを知っていることにより 国家 動かせるようなプロジェクトが できるということを意味聞いています、

 

 企業育成資金などの話を 筆者は長年行っておりましたが、これは東証 プライムの資本金100億円以上や 銀行 信用金庫などの世間で言うところの 大企業でなければ これに 同類するような資金を調達することができません。

 

 これらのプログラムというのは、簿外資金の世界 やまた 政府に関係した国債の貸し出しや ゴールドの担保力の貸し出しなどを担保を貸し出すためのつまり国有財産に関係する担保を貸し出す条件がかなり厳しいと言えるわけです しかし実際のことを言うとこのローンに関しても多くは ノンリコースローンの仕組みを使っていると言えるのです。

 

 これらのことを理解することが実は非常に重要になると言えます。

 

 筆者がなぜこの世界の話をするのかというのはつまり 条件を満たさない企業が資金を調達する場合にはどうすれば良いのかというのが非常に課題になっており、現在このような仕事をしているとよく相談されるわけです。

 

 つまり 大きな事業をしてみたいと考えている人たちがプログラムに参加したくても 基準が高く その基準 まで達することができないというのが大きな問題です。

 

 その問題をクリアするには 究極を言えば 自分自身でチャレンジするのが一番簡単でいいわけです。

これは 投資銀行とプライベートバンクが行っている 企業サービスですが 内容としてはプライベートバンクはクローズされた世界で行われていますので隠されてはいますが 実際のこと言うとこれは 企業として行っているビジネスモデルです。

 

 PPP に関しても それは同じように言えます。

 

 そのことを理解すればこの世界は深く理解ができると言えるでしょう。

 筆者は その世界への案内をするために皆さんとともにこの世界を研究してきたと言えます。

 筆者自身は長年 日本の仕組みについて 非常に興味を持ち 研究しておりました。

 やはり 実際に資金が欲しくて あちらこちらのブローカーに繋がりが持ち 時々おからの人と出会ってしまい コンプライアンスでアウトになってしまったという人物もいるのは事実です。

 

 ではそのような人がこの世界で 資金調達ができないのかと言うとこれは世界的に見た時に国土安全保障法や 愛国者法 また 米国 連邦法におけるインサイダー取引に抵触していないこと というのがありますが基本的には日本の場合は上場企業の代表者はコンプライアンス 面で問題はないので 国際金融市場においては取引で NG になることはありません。

 

 そういうことを考えれば実際に資金が欲しいが資金が活用できていない という問題点のクリアする方法としては そのような制度を使える人は使えばいいと思いますが 使えない人は多少 自分自身で保険料金を払うための投資は必要にはなりますが こういう仕組みというのは自分の肥やしになるわけですから チャレンジしてみて損はないと言えるでしょう。

 

 ただこの仕組みを理解するには 日本国内 で行う仕事ではないので英語が必修というのか 書類は全て英語でのやり取りになるのでその点は理解しなければいけません。

 

 ただ そのようなことがクリアできれば、実は 金融の世界 つまり 銀行 システムなど プライベートバンクの世界という特殊な世界は日本以外のところでも様々なものが存在すると言えるわけです。

 

 つまり ヨーロッパにおける 大手 投資銀行は 歴史も長く プライベートバンク の世界を 歴史が長いために 様々な法律的に 利便性を考えた 取引が行われていると言えます。

 

 そのような世界を理解し 外貨で資金調達をすることも必要かもしれません。

 特に今日本は円安になっておりますので 外貨での資金調達 というのは 資産価値を増やすとも言えます。

 

 そのようなことを考えれば 外貨 資金調達の仕組みを最大限に利用しその資金を日本に送金をし 日本円として活用すれば当然 日本円は外貨を獲得することになり 国家にとっての 貢献度もあるわけです。

 

 つまりこういう世界でも外貨から日本円に交換してくれれば当然 外貨収入になるわけで 実は 国家としての担保力としてはありがたい話です。

 

 その世界を理解するべきだと筆者は考えています。

 

 

By admin