• 月. 7月 15th, 2024

普通の常識を超えたプライベートバンカーとproject資金の世界の資金調達の仕組み。

Byadmin

7月 5, 2024

普通の常識を超えたプライベートバンカーとproject資金の世界の資金調達の仕組み。

 

ノンリコースローンの世界というと、不動産担保ローンの世界を思い浮かべることが多いが、これは、普通のノンリコースローンの世界である。確かに、不動産というアセットがあることで、それを証券化して、資金を担保として資金を貸し出す世界というというのは間違いない。ただ、普通の場合は、資金を借りる人とアセットを提供する組織というのは、同じであるのが、普通であるが、ただ、筆者が説明する世界は、それとは違うわけです。

世の中には、国家レベルの資産(アセット)を持つ王族や財閥が存在するわけです。かれらの資産は、流動性のない資産ですから、いくら多額の資金があっても現金にする努力をしなければ、現金にならないのです。つまり、余っている資産を第三者に貸し出すという世界です。その仕組みが理解できれば、不動産などの担保力を第三者に貸し出すことで、第三者がプロジェクトで資金を調達したい人は、投資銀行を通じて融資をする際に、融資を受ける人のが、担保をもっていなくても、第三者の担保力を借りて、資金を調達するというマッチング市場があり、それが、投資銀行におけるアウトソーシングで行っているプライベートバンクシステムと言えます。

 

つまり、世界の王族や、石油王、世界的な財閥がもつ莫大な資産は、じつは、余剰資産といえるアセットが存在するわけですから、その担保力をプライベートバンカーを通じて、project資金を借りたい投資家と、欧州の大手投資銀行を繋ぐことで、ビジネスを展開していることになります。つまり、筆者は、そのプライベートバンカーの組織で仕事をしていることになります。

これを理解すれば、筆者自身は、外国法人をいくつか持っていますが、その中の法人の一つをプライベートバンカーの組織に登録をして、その業務を行っていることになります。これは、ライセンス制度といえるのです。簡単にいえば、PPPの世界もノンリコースローンの世界も、バックヤードには、世界的なプライベートバンカーの組織が存在していることになり、融資をしているのが、取引先である欧州の大手投資銀行が実際には、資金を貸し出していることになります。

 

つまり、融資を受ける人の契約は、当然、欧州の大手投資銀行から資金を借りることになります。プライベートバンカーとしては、第三者担保力を貸し出す王族、石油王、世界の財閥との独自のネットワークを持っており、そのような資産家のアセットを第三者担保力として投資銀行に証券化して提供することで、投資銀行は、巨額なproject資金を貸し出すわけです。

 

当然、資金を貸し出した際には、例えば、10億ドルの資金調達をしたい場合には、投資銀行からは、その倍を20億ドルを借りることになります。つまり、10億ドルは、投資家自身が直接使い、残りの10億ドルは、アセットを貸し出した資産家に現金をキャッシュバックすることで、そのアセットを貸し出した資産家も自ら現金を運用して、現金を増やします。つまり、そうすることで、広大な土地や維持費がかかる資産家の現金資産を支援することになります。つまり、アセットを貸し出した資産家も現金が入ってくると利便性があがるわけですから、project資金の融資を受けたい人のニーズと資産を貸し出す資産家の現金補充できるという両者にとって、良い結果を生む仕組みと言えるのです。

 

この世界が、最高峰のプライベートバンカーの世界といえるのです。

取引銀行について説明すれば、世界の一流銀行ということになります。

 

シティバンク ニューヨーク / ドイツ銀行 ロンドン / ドイツ、HSBC BANK PLC ロンドン & 香港、チェース銀行、ウェルズ ファーゴ銀行、バンク オブ アメリカ、JP モルガン チェース、バークレイズ銀行 ロンドン、スタンダード チャータード銀行 ロンドン、ドバイまたは香港、UBS、クレディ スイス。

 

これらの世界的銀行が、実際に投資銀行として取引先となり、ノンリコースローンとしての資金調達を可能とするのです。

この世界が理解できれば、実は、国際ビジネスにおける成功への道が広がると言えるのです。世界規模でビジネスを行うには、これらの世界は、SWIFTによる資金の送金が行う世界になります。

この世界は、ただ、巷のブローカー話でなく、リアルにプライベートバンカーと世界の一流の大手投資銀行が行っているビジネスモデルと言えますが、これらの仕組みは、実際のことをいえば、クローズ環境で行われているために、実は、アクセスが簡単にできなというのが、通例になっています。なぜならば、投資銀行のプライベートバンク部門が直接的にこのようなビジネスを行っていないからです。これは、特殊なプライベートバンカー組織によって提供されているサービスということになります。

By admin