• 月. 7月 15th, 2024

世界の最高峰のプライベートバンカーの世界「ノンリコースローンとPPPの世界」

Byadmin

7月 5, 2024

世界の最高峰のプライベートバンカーの世界「ノンリコースローンとPPPの世界」

ノンリコースローンとPPPの組み合わせが、誰でも参加できる育成資金の参加の仕組みと言える。つまり、欧州の大手投資銀行が提供するノンリコースローンとそれと、PPPについて組み合わせるという技を使うと、簡単に数千億円から数兆円の資金調達が可能になるということが余り知られていない。

銀行ローンといえば、担保がなければ借りることができない。そのために、普通の担保ローンでは、ほとんどの方は、大きな資金を調達することが不可能である。

 

ただ、それを可能にしているのが、ノンリコースローン(無担保ローン)における特殊な資金の借り方である。

これは、正直、ある意味、育成資金の原理ともいえる一つの方法である。

筆者は、海外で15年以上生活をしており、海外で法人ももってビジネスをしているので日本にないいろいろな制度について理解をしている。つまり、日本にない欧州大手投資銀行のビジネスにも加担しているということが言える。これは言える。日本国内で実は育成資金がほしいと思っているが、条件的にNGその条件を満たしていないケースが多く、資金が欲しくても、数千億円や数兆円という資金調達ができないと言える。

その問題をクリアーする方法については、簡単に説明すると、正直、欧州の投資銀行の特殊プライベートバンクの仕組みを理解するべきである。

実は、なぜそのことを筆者が説明するのかは、筆者は、そのような企業の公式の業務を行う人物として登録されているのである、つまり、欧州における大手投資銀行におけるプライベートバンカーの世界との関係があるのでそのことを詳しく説明できるといえる。

これは、簿外資金の世界ではない、欧州大手投資銀行のトップクラスのプライベートバンカ―の仕事である。つまり、そのことを行っているプロフェッショナル登録がされている。よって、これは知識として説明しているのでなく、これらのことは、必要があれば処理できることを意味する。

ただ、この世界は非常に特殊であり欧州の大手投資銀行におけるプライベートバンカ―としての世界は、特殊プログラムであるので、表で窓口で手続きできる仕組みになっていない。つまり、各大手投資銀行は、この手の仕事は、特定のプライベートバンカ―にアウトそーしぐしているというのが、本当のところである。

この世界について説明をしているのですが、日本にも育成資金がいくつかの種類が存在しているが、実は、帳簿外資金のM0資金のキャッシュ化というM1に資金を展開する仕組みのプロジェクト資金があるが、、それは、米国ワシントンと世銀における特殊金融の世界である。

この世界は、安全保障と軍部との関係ということをブログでは、説明した。実は、その世界にも精通しており、アジアの有名な王族トラストの仕事もダイレクトに関係を持って、業務を行っているので、その世界にも詳しいと言える。ただ、この世界は、実はだれでもアクセスができ動かすことできる世界ではない。非常にコンプライアンスの厳しい世界といえる。その世界については、十分に説明をしたのでその話は、しばらくはしないが、育成資金と言われる世界でも欧州の銀行で運用する仕組みがあるということを良く昔から言われているので、その仕組みについて説明をすると、簿外資金でない世界の話になる。

これは、M0の資金(準備金)の世界ではなく、M1キャッシュの世界での最高峰の銀行システムであるが、この世界でも世界の財閥や、王族が関係していることになる。欧州における大手投資銀行というのは、銀行が顧客から普通に担保をとって資金を貸し出すことだけが業務でない。

つまり、投資銀行の目的は、投資をすることである。つまり、銀行に対して投資しているスポンサーが裏で存在しているのである.その存在が、欧州系財閥や、王族、アラブの石油王などの王族がスポンサーであるケースがよくある。

世界のトップクラスの資産家は、どのようにしてビジネスをしているかは、多岐にわたってビジネスをしていることもあるが、王族などの国家を背負う資産をもっている人物は、実は、一般の方には、理解できない担保力を持っていることになる。つまり、銀行というのは、ルールでは、第三者担保力があれば資金を貸し出すことができるというルールがある。つまり、だれかの担保がなければ、資金を貸し出せないと言える。つまり、世界的な巨額担保力を持っている財閥や王族は、その担保力を投資銀行に貸し出すことで、現金資金を調達する仕組みが存在しているのである。

これが、特殊な世界で行われている「ノンリコースローン」である。これは、まさに、欧州の大手投資銀行における最高峰のプライベートバンカ―の仕事であると言えるのである。つまり、世界レベルの王族や財閥の持っている天文学的な量の担保力を用いて、資金をキャッシュ化する支援を行っているのである。これは、彼らが資金を借りるニーズがあるというよりも、実際にプロジェクト投資したい投資家に対して、世界の王族や、財閥の持つ第三者担保力を貸し出すということで、現金を確保する仕組みである。

その仕組みが、欧州の大手投資銀行の裏で行っている特殊なプライベートバンカ―の仕事ということであり、それは、銀行における表の窓口業務ではないと言える。つまり、世界の王族や財閥との関係があり、大手投資銀行との間で、マッチングを行う仕事というのが、実は非常に重要な任務であり、その世界がM1資金の資金の銀行業務における最高峰の仕組みといえる。これは、普通の現金であるので、動かせない資金でない、例えば、日本円で数兆円単位の資金調達も可能にする仕組みといえる。

この世界を理解することが実は、大型プロジェクト投資をする上で非常に重要な仕組みといえる。何度も言うが、この世界は、世界の王族や財閥と欧州の大手投資銀行とのマッチングを行うことで成り立つ、ノンリコースローンであるといえるのである。よって、これは、確かに、クレジットは、欧州の大手投資銀行によって発行されて資金が貸し出されるが、資金を貸したい投資家は、自分自身で、何か担保をしなくても、プライベートバンカ―と話がまとまれば、世界の王族や財閥がもっている「第三者担保力」を借りて、巨額な資金を投資銀行から借入することができるのである。ただ、担保力を貸し出す投資家(王族や財閥)もリスクを自分の担保を貸し出す際に、リスクを背負いたくないというのが、本音であるので、そのリスクに対して、万一支払不全になった投資家に対して、担保がとられないようにするために、プライベートバンカーは、資金を借りる投資家に対して、支払ができなくなった場合に対応した保険を融資の前のかけることで世界の王族や財閥の担保力を保全をして、第三者担保力を欧州の大手投資銀行に貸し出し、巨額なプロジェクト資金の調達を支援しているのである。

 

この仕組みについて理解をすれば、実はかなりシンプルな構造であるが、欧州の大手投資銀行、10数行と世界の王族と財閥とのマッチングを行う業務が、これが世界最高峰のプライベートバンカーの世界と言える。つまり、これは欧州の大手投資銀行の社内が行っている世界ではなく、実は外部の組織があり、その組織が世界の財閥、王族と欧州の大手投資銀行との間で資金の融資枠を見ながら、銀行から巨額投資資金を調達する支援をしているのである。

日本国内ではそんな世界の銀行業務は聞いたこともないと思いますが、筆者は、長年海外でビジネスを行っており海外法人も持っていますので、正式な登録メンバーとしてプライベートバンカーとしての案内ができる立場でもあります。つまり、これは、組織がありメンバーによって行われているのが、特殊欧州大手投資銀行を舞台にしたプライベートバンカーの業務というのが存在していることになります。

この世界には、ライセンスナンバーも存在しており、ライセンスを取得したプライベートバンカーとしての業務ができる世界であります。実は、筆者の海外法人は、そのライセンスを取得しているために、この世界については精通していると言えます。それで、実際に数兆円単位の資金調達を欧州大手投資銀行を通じて資金調達するにはどうすればよいのか?というのは、簡単にいえば、筆者と相談すればクリアーできるのですが、ただ、この条件を満たすには、プロジェクトがあり、担保補償をする保険を購入をして、国際弁護士によるコンプラ調査を行い認可がでれば、資金が調達することができるわけです。

例えば、1B(10億ユーロ・米ドル)の資金を借りたいとすると、その担保補償をする保険料は、約80万ユーロ・米ドルであると言えます。

つまり、1B(10億ユーロ)の資金調達をする場合、ドルでも良いですが、支払補償をするための保険料を80万ユーロ、ドルを支払えば、10億ユーロ・ドルを調達できることになります。

調達資金については、ユーロもしくは、米ドルを選択できることになります。

約1億4000万円(80万Euro ドル)の保険量の支払で、1700億円(10億ユーロ・ドル)の資金を借りることができると考えれば、初期投資に比べて1000倍以上の資金が調達できたことになります。しかも、この資金の返済は柔軟であり、

融資方法:資金の返済は、10年間であり、毎年融資をうけた額面の3%を支払い、10年後に融資を受けた金額の同額全額を一括返済するパターン

 

一つの例としてこの仕組みで、欧州大手投資銀行から融資を受けるということになります。

ただ、心配になるが、このような大きな資金を借りて返済できるのか?プロジェクトで失敗すればどうなるか不安だということを思われると思いますが、ノンリコースローンの良い点は、事業投資した内容以外は、何か損失することなく、個人資産などの差し押さえはありません。

 

つまり、この世界を理解することは、実は、自らの投資で育成資金と変わらない資金レベルを調達することが可能であると言えるのです。実は、なぜそのことをここで説明しているかといえば、育成資金がほしいが申請条件に満たない人はどうすればよいか?また、外国人の経営者の場合、どのようにして資金を調達すればいいのか?など、育成資金と同等レベルの資金を調達したい人の意見も多々聞きますので、その場合の方法について説明することにしています。つまり、調達した資金に対して、投資銀行から資金を借りる際の支払保証をする保険料金を支払えば、巨額資金を調達できる仕組みがあるいうことを説明しています。

簡単にいえば、初めの保険料の1000倍以上の資金調達が可能であるといえるのと、承認されれば、2週間ほどで、融資が実行されますので、この意味が理解できますか?融資ができることができるようにするには、短期間でも良いので80万EURO、ドル分の保険代金を用意すれば、それを購入すれば、実際には、2週間後には、投資銀行からその1000倍以上の資金が融資をうけることができれば、この保険料の支払は大した問題でなくなります。

しかも、融資を受けた資金の30%は、PPPにより運用をして、70%に関しては、資金を活用すれば、プロジェクトも開始した時は、すぐに、100%の資金は必要ないで、70%、10億ドルを借りているとすると、その内、7億ドルを初期投資といっても、1000億円以上資金があるわけですから、そんなすぐに、プロジェクト資金を使う必要もありませんので、徐々に投資すればよいわけです。

 

では10億ドルのうちの3億ドル分をPPPに回すとすると、どうなるか?1か月で通常150%の利回りがでます。つまり、継続して1年間回すと、150%×10か月=1500%(15倍)に資金が増えることになり、3億ドル×15倍=45億ドルとなり、もし、3年間満期になるまで、3億ドル分をPPPで回すと、3億ドル×150%×10か月×3年=4500%(45倍)となります。

3億ドル×45倍=135億ドル (運用益 3年間)

単純計算ですが、それくらいの収益が見込めるわけです。

つまり、10億ドルの融資の返済は、何の問題もなく返済可能になり、十分おつりが出ることになります。これこそ究極の世界だといえます。

 

 

このすべてのスタートは、約80万ドルの支払保証の保険料金をスタートしたことで始まった世界であり、10年後の結果は、巨額な資金の資金へ突入するのです。夢がある世界です。日本を飛び出せば不思議な世界が存在します。

※これは、あくまでシュミレーションですから、実際に複利で運用すればまだまだ増えます。恐ろしい数字の世界です。巨大プロジェクトを最大限にできます。

By admin