• 月. 7月 15th, 2024

このようなチャンスというのは人生に一度ぐらいしか回ってこない 仕組みである。

Byadmin

7月 5, 2024

お金の世界というのを考えれば面白いのですが

今 プライベートバンクの世界のことを研究しているというのか 欧州の投資銀行はどのようなサービスを行っているのか そして 極意 である プライベートバンク と そして PPP の 世界  それと ノンリコースローンについて色々と研究をしていますが それを考えてみた結果 究極のテクニックというのが思い浮かびました。

 

つまり これは成功すれば 強烈な錬金術です。

 

このプログラムに書かれている内容を一通り読んで気づいたことがありました。

 

例えば10億ドル以上の資金を調達したいという場合には支払い保証をする保険料というのが 約80万ドル かかるわけです。

日本円で約1億3000万ですから この資金を一発で出せる人はこれを申し込めば良いと思いますが なかなか大変という人もいます。

 

その場合はどうすれば良いでしょうか。

それは1年間のプランを考えて 最低投資で成長産業になるという すごいテクニックを思いついたわけです。

 

プログラムの中を呼んでいくと 一番小さいロッドの PPP というのはどこからやりますか というのを読んでいくと10万ユーロから申請ができるというようなことです。

 

つまり 10万ユーロから申請ができる世界ということは1ヶ月に 基本的には150%の収益で10ヶ月 行えば1年間に1500% つまり 15倍に増えることになります。

 

そうすると10万ユーロの資金が単純計算で150万ユーロになるわけです。

 

つまり 150万ユーロ =150万ドルと考えれば初期投資の保険代金 つまり 10億ドル分の保険を購入するための財源が運用益によって確保できることになります。

 

その財源を使って10億ドル 分の 支払い保証の保険を購入すると実は 始める 初期投資というのが10万ユーロで済む つまり 日本円で1700万円の投資で時間を立ててやれば10億ドルの融資を受けられる基準に満たすことになるのです。

そして10億ドルの融資が受けることができれば今度は大口の PPP で回す わけです。

 

10億ドルの融資のうちの30% つまり 3億ドルは PPP で回し これも1ヶ月で150% 1年間で1500%と考えれば3億ドルの資金が1年間で15倍増えますから 45億ドルになるわけです。

 

つまり 10億ドルの資金を借りている 30%の資金を運用しているだけで1年間で45億ドルもの資金を生み出し、同時に70%の資金というものは プロジェクト用に直接投資をすれば良いのです。

 

単純計算に行っても 45億ドルの資金を1年間で運用できるわけですから それを10年間継続すると 450億ドル つまり 7兆円以上の資産が出てくるわけです。

 

この錬金術の仕組みというのは プログラムを読んでいくとこの世界が存在するのかというような仕組み 上では可能です。

 

ただプロジェクトが存在すること、そして基本的には 支払い保証するための保険料が払えることで巨大な担保を持った石油王 や 世界の財閥が自らの天文学的数字のアセットを貸し出してくれるわけです。

 

つまり そのような世界というのがあるというのをまず 知ることです. これが 欧州の投資銀行に関係するプライベートバンクの最高峰と言われている仕組みの一つです。

 

ただこのような仕組みというのは ヨーロッパの大手投資銀行が資金は貸し出していますが ヨーロッパの大手投資銀行の窓口に行ったからと言ってこのようなプライベートバンクの仕組みにアクセスできるわけではありません。

このような仕組みを行っている組織というものが存在するわけです。

 

これが 筆者が所属している組織ということになるわけです。

実際にノンリコースローンを使って融資するのはヨーロッパの大手投資銀行であることは違いありません。ただ彼らに直接話をすれば あなたはそのような裏付けの担保力を誰かから借りてきてくださいと言われます。

 

通常であれば そのような巨大な担保力を持っている人というのはなかなか自分の周りにはいませんので応援してくれる人はまずないでしょう。

 

つまり そのようなマッチング 市場というものが存在するわけです。

つまり 究極のプライベートバンクの仕組みというのは石油王や世界の財閥と言われている方々とのアセットを貸してくれるためのマッチング 市場が存在しており その中で行われているプライベートバンキングシステムというのが 今 筆者が説明している 巨額な資金をプロジェクト 資金として調達するための仕組みであると言えるのです。

 

これは長い目で10年間ぐらいの歳月を考えてプログラムを行えばうまくいけば そういう風な世界にアクセスできるということになるわけです。

ただこの世界に アクセスできるかどうか というのは本当の一部のプライベートバンカーとのコネクションがあるかどうか そしてそのようなところでどのような面談会を持てるかというのが 実は重要です。

 

つまり 筆者としてはなぜそのような世界にアクセスしているのか 理由はすごく単純です。筆者は長年 日本の PPP の世界や育成資金の世界というものを見てきましたが確かに育成資金などは 担保力を 国債などを使って 貸し出すなど様々な方法があるようですが 実はそこの部分に なかなか コントロールが効かない世界 というものが存在するわけです。

 

日本では資金者制度という世界があり 資金者の一存によってその人に担保力を貸すか 貸さないかでこのような PPP とノンリコースローンド 仕組みを用いた 償還制度というものがありますが これは非常に難しい世界です。

 

また条件も厳しく 本当に資金が必要だと考えられるような、これから伸びるであろう 企業が資金調達が実は難しいという状況があります。

 

そのような問題をクリアするにはどうすれば良いのかというのは これは自ら欧州の特集 プライベートバンクの世界から 資金調達をする仕組みを提供するべきだという考えで 現在クソのような視点で物事を考えて話をしています。

 

あくまでも これは一つの手段であり この手段が最も良い 手段 かどうか というのは これはこの話を聞いた人の各自の判断になり 実際の契約は日本国内で行うことはありません。

 

ですから このような世界の資金調達 というのは ヨーロッパの大手投資銀行と契約を結び 多額の外貨を調達するという新しい世界になるわけです. ただ言えることは 海外展開をするような企業にとっては 実はこの仕組みというのは非常に良い 仕組み かもしれません。

 

例えば 日本国内でも言えることは US ドルの調達をなどをすれば基本的には交換することは問題なくできますから そのような点で使い道は色々出てくると思います

 

この世界というのは基本的にはゴールドなどを裏付けにしている世界と 近いものがありますので 米ドルユーロ そして イギリスポンドという この3点セット のどれか の通貨によって資金が 調達できるという世界になっています。

 

これが世界における西側諸国の基軸通貨の世界の話であります。

現在はそのような仕組みがあることを知り 海外から 資金調達をするというのも 一つの手段 かもしれません。

 

日本では低金利だということで銀行では 資金が借りやすい などとも言われますが 実際のことを言うと なかなか大きな資金を調達しようと思えば アセットの問題 つまり 担保力の問題がありますのでそのような巨大な資金を調達することは難しいです。

 

従って このノンリコース ローンの第三者 担保力をマッチングするという仕組みというのは、実はプロジェクト ファイナンスを行う人たちにとってはこれほど素晴らしい仕組みはないと言えるわけです。

 

ただ単に融資をして返済するのが大変だという話ではなく返済する方法まで用意されており 資金は PPP によって年間 15倍以上の運用益が出る この世界が存在することによって調達した資金は確実にしかも 運用益が増えて返すことができる世界というのが存在するわけです。

 

このような仕組みというのも 理解すれば実は 金融の世界というのは知っているか知らないか つまり 金融リテラシーの中の頂点という仕組み これは一つのアイディア かもしれませんが そのようなアイディアの中に仕組みを載せられるかどうか というのが その人のプロジェクトに関する資金調達の仕組み 上 非常に重要になります。

 

また資金をかけた人は10年ほどの歳月をかけてこのプログラムを実施するわけですから普通に考えたら人生のうちに1回か2回しかそういうプログラムに参加することはできません。

 

考えてみてください それであるならば最大限の数値でチャレンジしてみたいとは思いませんか。

 

つまりそういう世界です。

 

入ることができれば そういう世界にアクセスできるわけです。

ただ入り口がわからないと何もわからないという世界になります。

つまり 自分で作る 育成資金の世界という話になるわけです これは第三者にお願いをして担保力を借りるというよりも システム チックにそのようなサービスが提供されているわけですから そのサービスに対して必要な保険料を資金を調達したい人が購入をして アセットを貸し出したい世界レベルの資産家と言われる石油王 やそして財閥の人たちの資産によって 投資銀行が巨大な資金を貸し出すということです 成り立っている仕組みであり このマッチングこそが世界最高峰のプライベートバンクの仕組み だと言えるのです。

 

この意味が理解できれば大きく 資金調達 つまり プロジェクトの資金が 調達 できるようになり そして 予想もしないようなプロジェクトが実現できると言えるでしょう。

 

 

 

By admin