企業育成資金などは銀行口座にあるバックスクリーンの資金データからフロントスクリーンに資金を動かす作業であるこの作業を行うには米国ワシントンの許可が必要となりその許可を取って資金が投入される。

 

 

 

 

このブログでは企業育成資金などの簿外資金と呼ばれている資金に関する内容を説明しています。

 

その中で非常に重要なことというのは皆様を理解して欲しいということがあります銀行口座システムには二層構造になっているということを理解してください、

 

どのような構造になっているかと言うとこれは裏口座と表口座のように二つの口座が存在しているということが言えます。

つまり銀行が持っている資金データというものは一つはバックスクリーンと呼ばれている口座中には多額の資金が入っております。これはよく一般的に簿外資金などとも言われていますが帳簿外口座とも別名呼ばれており英語ではオフレジャ口座などとも言われています。

 

つまり帳簿外口座から帳簿内口座に資金を移動するという方法がさまざまな方法によって行なわれていますがこれは条件を満たした個人の方を対象にした招待形式によるプログラムによって助成金のような形で資金が提供されます。

 

このことをまずは理解していただければこの仕組みについて非常によくわかると思います。

*************************

 

金融システムは 2 層構造になっており、1 層目は担保を表す台帳外資金、もう 1 層目は利用可能な資金を表す台帳内資金で、それぞれバック スクリーンとフロント スクリーンと呼ばれることがよくあります。資金がバック スクリーンからフロント スクリーンに移動する場合、その移動は OITC によって承認される必要があります。 

 

技術的な観点から言えば、金やその他の金属、土地、および固有の価値を持つ一般的な富などの保管資産は、法律によりすべての国が所有し、その価値は集中管理され、帳簿外の口座に記帳され、帳簿上の口座はそれに対して実証され、保証されます。帳簿外の口座の金額は、帳簿上の口座の金額よりもはるかに多くなります。 

 

このような台帳外アカウントは数千あります。 

****************

 

 

上記にした定義について理解していただければ本ブログで説明している内容について非常によく理解ができるかと思います。

 

 

このことを承認しているのがOITCと呼ばれる王族グループの資産管理組織および米国大統領予算管理局および連邦準備制度によってこの仕組みは行われており世界に数千個ある超簿外口座から資金を動かすことによって表の口座に資金を出してくるというプログラムがそれぞれで行われていると言えます。

 

これは特殊金融の世界になりますが帳簿外口座を持っている方同士の送金プログラムというのも当然存在しておりOITCからゴールドを担保にして作られたクレジットを世界各国にある帳簿買い口座に送金をするというプログラムもあり資金の補充をしながら世界中に資金を分配しているという仕組みがあります。

 

このような資金というのは80%は国家プロジェクトなどのプロジェクト資金として資金を活用し残りの20%は自由裁量としての資金の活用方法があるというルールが決まっておりこれらの資金の活用に関しては米国国土安全保障法及び愛国者法などの法律に従い資金の使用方法がモニタリングされます。

 

これがこの世界の真実の話ということになりこれらはすべて米国ワシントンで行われている仕組みとなりますので確かに日本国内にもこのような帳簿外口座がいくつか存在しているのは事実でありそのような帳簿外口座から表の口座に資金を動かす案件としてそれぞれの口座管理者がこのような助成金プログラムのようなものを行っているというのが日本で言うところの育成資金等の仕組みだと言えます。

 

ここまで詳細に説明すると皆さんもなかなか理解ができてきたかと思いますがこれは正直米国ワシントンで行っている仕組みがあり日本国内の中央省庁が直接関与して行っている仕組みではありません。

 

このことを理解して今までいろいろ説明したことを加味しながら育成資金等のプログラムに参加することを求めますこれは基本的にはすべて米国のルールで招待制度によって案内をするということで決まっておりますので招待されなければ入ることができなというのがこの仕組みです。

 

つまり我々、MSA総合研究所としては条件を満たした人をこの世界に招待することを支援しておりますので関心がある方はご連絡いただければそのような手配をすることは可能となりますのでご検討いただければと思います。