オフバランスファンドの世界

MSA総合研究所です。

基本的には私自身は送金の案件はあまり力は入れていませんが、たまたまアジアの某王族グループの家族の方から巨額な送金案件の話がきましたので、ちょっとネタとして書いてみたいと思うのです。

 

筆者自身もさまざまな国際金融に関する案件を行っておりますので、よくわからない人脈というのが最近増えてきています。その中で以前から持っていた人脈の一つなんですが、アジアのとある王族グループとの付き合いはあります。

時々、そこから不思議な案件を出してくれるのですが、ちょっとその辺から出てくる案件は普通ではなさそうな、それどうするのみたいな案件が多いのは、事実です。

 

つまりスイフトMt 103をヨーロッパの銀行(ドイツ スイス)から送り、それでレシーブできる銀行を探しているわけですが、それをオフバランスの口座、つまり別段預金口座とでも言えるんでしょう。

 

そこの口座を持っている方はいませんかという連絡で話がありました。

 

送金金額は2つあり100億ユーロと1兆ユーロという金額ですから、結構ぶっ飛んだ話ですがは、オフバランスの口座ですからまあ簡単に言うところの簿外口座ですから、簡単に言うところの簿外資金という訳になります。

 

簿外資金をレシーブするDBSの銀行口座なんて普通持ってる人いませんから、もしそういう情報があって教えてください。

 

簿外資金をレシーブする銀行口座なんて普通持ってる人いませんから、もしそういう情報があったら筆者に教えてください。

 

書類のコピーはもらいましたがこれを見る限りはその資金は自由に分割して寄付されるようなことを書いているので詳細は今先方に伺っていますが、こんな話があります。これ関心ある人だったらまた連絡ください。

 

メッセージは、「Do you know anyone can do off ledger funds at DBS swift via CS」

追伸

ほかの銀行でもよいのかという質問に対しては「Any bank will do」

 

このような回答でしたからほかの銀行でもよいということです。

 

 

 

****************************************************

オフ・レッジャー資金(簿外資金)について説明します。これは、保有者がオフ・レッジャー資金は現金資金であり、口座を所有していると信じている場合に、UNOITC に提出されることが多いためです。ほとんどの場合、保有者は口座を所有していますが、通常、口座内のものを所有しているわけではありません。

この状況には通常、最も一般的な 2 つまたは 3 つの原因のいずれかが関係しています。

 

フェルディナンド・マルコスは 1988 年に亡くなり、これらの口座の所有者の多くは、口座内の資金を所有していると考えています。これは事実ではありません。これらの資金は、財務長官の指示があるまで帳簿外にあります。

 

口座の所有者は、自分のものではないお金の所有者です。たとえば、スカルノ大統領とフェルディナンド・マルコス大統領は、何兆ドルもの資産を多くの所有者に託しました。所有者は自分の口座の資金を所有しているわけではなく、資金を保有している銀行も、資金の所有者が管財人であることを知っており、所有者が資金を売却したり、その他の方法で処分したりすることを許可していません

 

資金は預けられたシステムの所有権内に留まり、銀行もこれを承知しています。システムはシステムの後継者の下で今も存続し、正常に機能しています。資産の所有者は後継者です。保有者は、管理者と協力してマルコスから約束された利益を得る選択肢が与えられます。財務管理者はこれらの合意を尊重します。しかし、多くの保有者は理解しておらず、利益を提案されても拒否します。なぜなら、彼らは口座の署名者であるため、口座内の資産の署名者でもあると考えているからです。しかし、資産の所有者のみが署名者であるため、そうではありません。保有者が財務管理者と協力したくない場合は、それが彼らの選択ですが、その場合、保有者は協力によって得られる利益をすべて失います。

 

誰かによって管理されるオフレジャー資金が発生する 2 番目のアカウントは、アカウントをミラーリングし、そのアカウントの資金がそのアカウントの資金がその人のものであるかのようにそのアカウントに対して取引を行うことで資金が派生する場合です。このタイプの取引による収益は常に元本アカウントに発生します。取引では、収益は元本に発生します。すべての取引による収益は投資家のものではなく、プロジェクトへの投資を通じて法的に解放されるまで連邦システムのものです。これが行われない場合、資金は適切な解放が行われるまで連邦システムによって保持されます。合法的な解放が行われない限り、資金は連邦システムの第 5 レベルの所有物のままです。

 

国際財務管理者の管理下にある 3 番目の種類の台帳外資産は、連邦口座をミラーリングして得られた資金であり、その後 IP-IP 資金または MT103-202 資金として売却しようとします。これらの取引は最初から詐欺に基づいています。資金は通常、プライベート SWIFT サーバーから銀行 SWIFT サーバーに移動します。価値があるように見えますが、これらの資金の価値を保証する銀行がないため、実際の銀行価値はありません。まれに、OITC はリターン構造に基づいてこれらの資金を償還します。

 

金融システムは 2 層構造になっており、1 層目は担保を表す台帳外資、もう 1 層目は利用可能な資金を表す台帳内資金で、それぞれバック スクリーンとフロント スクリーンと呼ばれることがよくあります。資金がバック スクリーンからフロント スクリーンに移動する場合、その移動は OITC によって承認される必要があります。

 

技術的な観点から見ると、金やその他の金属、土地、および固有の価値を持つ一般的な富などの保管資産は、法律によりすべての国が所有し、その価値は集中管理され、帳簿外の口座に記帳され、帳簿上の口座はそれに対して実証され、保証されます。帳簿外の口座の金額は、帳簿上の口座の金額よりもはるかに多くなります。

 

このような台帳外アカウントは数千あります。

 

これらの口座の一部は、さまざまな署名者や保有者によって保持されており、彼らの多くは、署名者または保有者であることから資産を所有していると考えています。これは事実ではありません。資産は、国際条約協定に基づいて OITC が所有および管理しています。資産を担保にするには所有者が必要であり、所有者だけが資産を担保にできるため、OITC は担保口座の相続人および所有者です。これは法的な問題です。これらの担保口座は、世界準備通貨である米ドルの基盤となっています。米ドルは、次に他のすべての通貨の基盤となっています。これらの口座の管理は厳格であり、連邦準備制度理事会とすべての中央銀行の基盤となる機関親登録口座を通じてのみ許可されており、これらの中央銀行は、OITC によって付与された担保の保証を提供します。

 

オフレジャー口座は通常、口座明細書の形式で提示されます。明細書の背後には、オフレジャー資金の出所を示す黒い画面が常に表示されます。

オフレジャーファンドは実際のお金ではありません。それらは、OITC が所有する実際の資産、通常は金資産によって裏付けられたデータです。

 

保有者またはアカウント署名者は、台帳外の資金をいかなる目的にも使用することはできません。

 

多くの場合、アカウント署名者が、手数料を支払って他の人にこれらの資金を取引目的で使用することを提案します。これは違法ではありませんが、「購入者」は疑うことなく、取引用の実際の資金に変換できる価値を受け取っていると信じているため、非倫理的です。しかし、実際にはそうではありません。

 

台帳外資金は、正当な所有者である OITC に資金を返却することで償還/送還できます。口座保有者と署名者は、これらの口座のデータを返却する申請を行い、送還と償還のプロセスにより、約束された利益が得られます。

 

口座保有者または口座署名者が、UNOITC に実際に資金があることを納得させようとしても意味がありません。UNOITC が口座明細と口座番号を確認すれば、数分以内に口座の状態を簡単に相互参照できます。

 

口座の台帳外資金の償還/送還申請書を提出することにより、保有者は、1995 年 1 月 20 日以降、すべての国によって承認および承認されている国際条約法に従い、書面による命令の解決の実行および新しい世界条約諸国の連邦資産回収行為に関する国際条約権利の放棄において強制執行権限を付与した、1898 年のパリ条約 – 1935-1974-1987 CC.3957P-DECISION-ALPHA OMEGA MARSHAL PLAN CAGRSP.70014-IPRA-8371 に基づいて承認されたことを確認することになります。上記の資金は、連邦システムの第 5 レベル構造である民間所有の機関親登録委員会口座 (IPRA) に属し、国際財務管理局によって管理、所有、および制御されていることが承認されます。

 

帳簿外資金の償還/送還の手続きは、コンソーシアム契約に基づき、それぞれの UNOITC 指定子会社の指定銀行口座の 1 つに資金を返却することです。このような資金の配送は DTC によって行われます。送金が完了すると、DATA は実物資産と照合され、口座の現金に変換されます。OITC は実物資産価値の所有者であるため、口座の現金は OITC に帰属します。口座保有者/署名者は、連邦準備銀行が承認した規定の金銭的利益に従って、そのサービスに対して報酬を受け取ります。