信用金庫に関する新たな情報
編集
信用金庫に関しては これは結構 優遇されている仕組みになっているとも言えます これは新しく 信用金庫 専門的に行っているプログラムということです。
必要なものは
ーーーー
意思表示を書いた名刺 1枚 
白 名刺 3枚
銀行 口座番号を書いた名刺 1枚
合計5枚
ーーーーー
これを用意していただければ
申請の際に
本人との電話の意思確認ができれば
先送りで5000 Oku 送るということです。
これはかなり良いプログラムというのか 遠方の方もこれ結構楽勝です。
事前にわざわざ 東京に足を運んで面談を何回か受けて資金を受け取るための準備をする必要がなく これは書面と電話対応だけで地方都市であったとしても申請できるということは これは非常に良いプログラムです。
条件は 預金だか 5000億円以上の信用金庫ということになりますが この条件を満たした 代表理事 であれば誰でも申請できます。
特に 地方から参加される方にとっては これは非常に良いプログラムだと思います。
東京まで わざわざ出向いて 実は 資金がもらえなかったみたいな問題は会いたくないと思うのは皆さん 同じ意見だと思いますし東京に出てくることに対するリスクを感じる人も多いと思いますので 本当に資金が出るのかどうかを確認を事前にすることができるというこの新規のプログラムはかなり 理想的であるかと思います。
つまり遠方の地方からの方も 名刺を出していただくだけで 先出しの資金がありますから そこで確認をして問題がないということがわかれば前に進めることができますので これはわざわざ遠方まで足を運んで資金を受け取ろうという 努力をしなくても日本全国どこからでも 地域格差なく参加できる良いプログラムだと思います。
現在は 日本各地に信用金庫がありますが 信用金庫を支援するプログラムというものは 専門的にこちらのプログラムが実施されているということですか このようなプログラムというのはいつまで続くか私もよく分かりませんので 現在 このプログラムが存在している間にチャレンジしてみるのはいいのではないでしょうか。
このようなプログラムというのは 国内 償還 プログラムということになりますので 国内 償還というものは無限大に財源があるという話ではなく ある一定の予算を決めてその予算内で資金を提供するということになりますので そういう場合は 予算がなくなってしまえば終わりになる可能性もありますのでその点も 留意しなければいけません。
こういう 募集 というのは非公開で募集されますので実際に残高がいくら残っているのか いつまで続くのか いつお 始まっていつ終わるのかというのは これは正直 突然始まって 突然終わっているというケースがありますから 注意が必要です そのことをお伝えしておきます これがプライベートをプレイスメントプログラムにおける資金提供における仕組みということになりますので 財源があれば存在は しますが 財源がなくなれば 中止になり いつのまにか 皆さんの会話からなくなっていくというのが この世界になります。