• 月. 7月 15th, 2024

中央銀行ともう一つのマネーサプライを行う仕組み

Byadmin

12月 15, 2023

 

現在 メテ財団では国連加盟国に対して100億ユーロの寄付を行っております。

これは 経済援助を目的としていますが 各国家が 現在 大量の借り入れをしているという現実問題がございますのでその問題を解決することがメテ財団にとって重要な課題となっております。

つまり メテ財団 というのは 国連 銀行 システムとしてマネーサプライを国連加盟国に対して行うことを主たる目的としています。

 

通常マネーサプライ といえば中央銀行が貸付ということで資金を市場に供給はしておりますが これは返済が必要な資金 つまり 借金が伴う資金として市場に投入しています。

当然 経済が拡大していけば 中央銀行も市場に供給する資金量も増えますので それと同時に借金が増えることになります つまり 中央銀行 システムにおけるマネーサプライ というのは借金の借り換え を行いながら 雪だるま 方式で借金が増えていくというのは これは仕組み 上 仕方がないことです。

あまりにもこの借金問題が大きくなり借金を返済することが困難になってくれば 社会情勢が不安定になります。

そのような問題が 現在 各国で生じておりますので マネーサプライを行っている メテ財団では加盟国を募集し 各国の借金問題 を解決するために マネーサプライ 通貨供給を行うというのが メテ財団が行うべき重要な任務となっております。

この仕組みについては 1944年 ブレトンウッズ会議の際にもうすでに 中央銀行 システムのみで以上に資金を投入していけば5日は 借金問題で市場が混乱するということは分かっておりますのでもう1つのマネーサプライ つまり 開発援助 プログラムという名称で返済不要の資金を市場に 購入することにより借金問題を解決する仕組みが存在しております。

この業務を世界で唯一 行っているのがメテ財団 グループということになり この加盟国になることで 加盟国は自国の借金問題を解決する手段を得ることになります。

The Meté Foundation is currently donating 10 billion euros to the member states of the United Nations.
This is intended to provide economic aid, but it is important for the Mete Foundation to solve the real problem of the large amount of borrowing that each country is currently doing.
The Mete Foundation’s main objective is to act as the UN banking system for the money supply to UN member states.
Normally, the money supply is the money that the central bank provides to the market in the form of loans, but this money is put into the market in the form of borrowed money.
As the economy expands, the amount of money supplied to the market by the central bank also increases, which means that the money supply in the central banking system is a snowball effect, with debts increasing as the central bank refinances loans.
If the debt problem grows so large that it becomes difficult to repay the debt, the social situation will become unstable.
The Meté Foundation, which is in charge of money supply, has the important task of recruiting member countries and supplying them with money in order to solve their debt problems.
We already knew at the Bretton Woods Conference in 1944 that the debt problem would disrupt the market for five days if we injected more money than the central banking system could handle, so we decided to solve the debt problem by purchasing non-repayable funds in the market through another money supply, a development assistance program, which would be called a “money supply” program. This is called the Development Assistance Program, which solves the debt problem by purchasing funds in the market that do not need to be repaid.
The Meté Foundation Group is the only organization in the world that does this, and by becoming a member of the Meté Foundation Group, member countries have a means to solve their own debt problems.

By admin