全世界対応の開発援助 プログラムについての詳細の説明 これは事業計画書と依頼書があり 始めて 申し込める 全て 政府側からのオフィシャルなものが必要です.

開発援助 プログラムについての話を書きます。

これは全世界を対象としたプログラムということになります。

どのようなパターンでこの財源を活用してほしいのかという内容について この案件に関しては筆者が所属する財団が行っており 担当は筆者が行っておりますので明確なことが言えます 。つまり 書類の提出先も 筆者であります。

 

この資金に関して申し上げますと 対象となるのは国家 政府及び地方政府 地方政府と言っても 州政府というのが対象です 日本で言うところの 都道府県ということになります。

 

契約できるのは国家 政府の場合は大統領 もしくは 首相になります。

 

地方政府の場合は 州政府の知事となりますので 州知事や 都道府県の場合の 知事です。

 

その立場の方が私たちの 財団と契約を結べば プロジェクトに対しての資金を提供するためのプラットフォームを提供いたします。

 

どのような時に利用して欲しいのかという例を挙げます。

 

例えば日本に対して 途上国から  発電所を作って欲しい ,鉄道を作って欲しいなどの様々な依頼がありますが そういう場合の ODA を行う際には 通常 結構長い間 時間がかかります。

 

最近はなかなか 日本の ODA も 予算がなくして 各国の希望する 経済支援を行えていないような状況にもなっておりますのでそのような場合は弊社にご相談いただければ問題解決を支援します。

 

つまり国家プロジェクトや地方政府が行っているプロジェクトがすでにありそのプロジェクトに対して ドル建てで資金調達をしたいのですが なかなか難しいというような状況であれば そういう時には私たちの 財団のプログラムは役立ちます。

 

つまりニーズがあるから実現できるという風に考えてください。

 

これはブローカーの案件ではありませんので実際に国家 政府や地方政府が 都市開発 やインフラ開発 そして 環境整備事業などで様々なプロジェクト 投資を計画をされていますが 財源がなくして投資ができないというような場合はご相談いただければ 私たちの 財団が政府に対しては100%のプロジェクト 資金の受け入れを行います。

 

上限金額というものは基本的にはありません

例えば世界的なビッグプロジェクトのようなものでも大丈夫です。

国際的な運河を建設するプログラムや 世界規模の高速鉄道 ネットワークを作るようなもの また 全世界をつなぐ インターナショナル ハイウェイ構想を実現するための財源など

 

これは 国家が計画をし そのプロジェクトを遂行したいという要求があり それに対して私たちの 財団に対して国家からプロジェクトの依頼があれば支援をします。

 

ドルでの調達は全く問題はありませんので数千億ドル規模のビッグプロジェクトであったとしても問題なく対応できます。

 

ですから 筆者的に言うと 絶対不可能だと思うような 巨大 インフラ工事に投資したいというビッグなプロジェクトを考える 国家 政府のリーダーがいれば夢は叶います。

 

ただ 重要なポイントは これは我々の財団について理解をして そのような資金が問題なく準備ができる財団であるということを知ることが重要です。

 

ただ 我々の財団については深くは理解するための資料は提供されませんので 本当にそういうことが可能なのかということに対して疑問に感じる方も多く 調査をしたがる方も多いのですが 調査をしたからと言っても ある程度のところは 理解はできるかもしれませんが深くは分かりません これはなぜかというと 相当 秘密の世界に入り込むからです。

 

ただ そういうことに対して深く悩まないで 分かりました それでは 国家プロジェクトや地方政府のプロジェクトに対していくらでも私は約束手形を発行するのでドルの資金を調達させてください そういう心意気がある政府のリーダーであれば 首都移転計画なども 1円の負担もなく それは全て私たちの 財団が資金を提供しこれは全部取るですけども 可能になります。

 

つまり 数兆ドルがかかるような首都移転 のような信じられないような ビッグプロジェクトも問題なく 私たちの 財団は US ドルでは提供はできるということになります。

 

ただ 私たちの 財団 が発行するのはダイレクトに US ドルではなく US ドルと交換可能なデジタル資産を提供し専用のプラットフォームで US ドルと交換をすることにより US ドルを得ることができます。

 

これは 銀行法の問題の兼ね合い 等がありますのでそのような仕組みによって世界各国に対して資金の提供するプログラムを行っております。

 

ですから 国家プロジェクトや地方プロジェクトがあり そのような ビッグプロジェクトを実現したいが それを支払うための外貨が不足しているという国や地域は是非私たちの 財団のことを知っていただき申し込んでいただければその問題を完全に解決します。

 

何度も言いますが ブローカーさんが紹介して賞金を稼ぐというようなプログラムではありません 実際に政府 プロジェクトに対して関わっており その決済用の US ドルが不足しているので何とかしてほしいという 嘆願された案件に対して資金を提供する手段を与えます。

 

プロジェクトが重要です プロジェクトに関する内容は筆者の方で確認をします。

プロジェクトに関する内容は これは英文で提出していただきます どれくらいの計画を持っているのか それに対してどの程度の資金が必要であるか などを計画書を作っていただき 提出していただきます それとプラスどこの政府がこれを実現したいのかということで 依頼書 出してもらいます。

 

またしても は事業計画書 つまり プロジェクトに関する事業計画書と政府からの依頼があれば対応はいたします。