デジタル資産を分割することによって提供する政府 プロジェクト 資金について

筆者の所属する財団が行っている政府 プロジェクトに関して資金を提供するプログラムの内容を説明しております。

 

このプログラムでは契約をした国家 政府 もしくは 地方政府のリーダーに対して資金を提供するということを行っているのですが私たちの 財団がまず提供するものは私たちの 財団 が発行するデジタル資産ということになります。

 

このデジタル資産というものはどういうものかと申し上げますと私たちの 財団は米国債や 米国財務省 短期国債を大量に保有している財団になります。

私たちの 財団 が提供しているデジタル資産というものは 米国債や 米国 財務省 短期債が裏付け資産となり 発行しているデジタル資産となります。

 

米国債だけでも 1.3兆ドル以上米国債を持っており 米国財務省 短期国債に関しては それ以上はるかに多くの短期国債保有しております。

 

そのために 米国債を専門的に購入している財団でもありますのでその米国債を裏付けにしたデジタル資産としてデジタル コインを発行しています。

 

そのコインを 私たちの 財団 が提供します コインの価値は ドルの価値と同等です。

なぜならば 私たちの 財団 が発行しているデジタル資産 つまり デジタルコインの裏付けは全てアメリカ合衆国政府が発行する米国債が裏付けとなり 発行しているからです。つまり 通貨の単位が米ドルであるために 米ドルになっております。

 

したがって渡したものを 財団 が発行するデジタル資産は全て 米国財務省が発行している米国債となっておりますので 米国債がある 意味 デジタル資産としてデジタル コインを発行し そのデジタル コインを契約者に渡すことになります。

これは 簡単に言えば 米国債を貸し出したのと同じことになります。

 

私たちの デジタル資産は米国債であるためにそのデジタル資産を販売するということで US ドルを得るということを説明していますが これは 米国債を販売をしてそこで 米ドルを得たというのと同じことになります。

 

つまり 米国債である債券に関する売買を行ったということになります。

 

そのことによって得た収益 US ドルをプロジェクト 資金として投資していただくという考え方になります。

 

よって私たちの 財団としては 政府としてプロジェクト 資金を調達したい場合は約束手形を発行していただければ 私たちの 財団は米国債に裏付けされたデジタル資産を分割しますのでそれを用いて US ドルの調達ができるようになります。

 

私たちの デジタル資産ということでの価値についての説明をいたしました。