MSAビジネスについての解説・償還制度 申請手続き無料サポートサービス:MSA総合研究所

MSA総合研究所では、MSAビジネスのサポートをこなっています。MSAビジネスという言葉は、一般的に使われていませんが、一般的には、「償還制度」「委譲渡資金」の補助金制度を伝達する仲介ビジネスと言われています。

MSA資金と言われる資金は、ネットの検索では、M資金などと間違った情報が掲載されており、詐称の話であると記載されています。しかし、MSA資金とは、日本の基幹産業を支援するために米国から日本に提案された経済援助制度というだけの話です。MSA協定(日米相互防衛援助協定)に結ばれた日米協定が期限になっています。本来、当時の大蔵省が行っていた制度でしたが、1970年代以降は、この制度は、企業受託者と政府とをつなぐ役目を、民間に委託したことで、民間人における仲介ビジネスとして発展してきました。

国際協定でもあり、非常に大きな資金が動くこともあるために、セキュリティーレベルは、非常に高く、受託者、仲介者に対する高度なレベルでのコンプライアンスチェックがあります。そのために、コンプライアンスで問題があるとなれば、条件を満たしている申請者であっても資金提供されないことがある経済援助制度(補助金制度)です。

しかし、これだけ聞けば非常に難題に感じるかもしれませんが、条件さえ満たせば、早めれば申請から資金実行完了まで1週間でできる案件になります。当然、本案件をサポートした民間人の仲介者には、仲介料が支払われる制度があります。これは、法的に問題なく自由に使える補助金として提供される制度であり、この制度を申請者と政府機関とをつなぐ仲介役を行う仲介者には、謝礼がでる仕組みであることで、本制度をMSA総合研究所では、MSAビジネスと呼んでおります。

MSAビジネスに参入したいと考えている方で、一体どうしたらこの制度を理解できるのかを知りたい場合は、MSA総合研究所が3年近く書いたブログを参考にしてください。

実話!MSA協定第5条(MSA資金)の謎、 財政法第44条・第45条と「長期保護管理権委譲渡資金」とは?ー巨額無償提供される資金・MSA協定における産業支援制度について解説!償還制度| MSA総合研究所 | msa.tokyo |

本案件で仲介者として活躍したい方をWEB上でサポートします。メールもしくはLINEなどでサポートを行っています。申請方法についても解説します。

この制度は、日本国民に与えられた権限と資金ですから、参加基準は日本国民であればだれでも可能です。しかし、コンプライアンスに問題のある方は、参加できませんので、ご了承ください。

MSAビジネスに参入希望をする方、すでに参入しているが、指導者がいなく作業に困難を極めている方、遠隔サポートいたします。サポートに関しては無償です。また、MSA資金(補助金)申請費用も無料です。

※遠隔サポートとは、メール、電話、LINEで質疑応答に対応します。また、適切なアドバイス致します。最終的に、申請者との話がまとまった場合には、MSA総合研究所経由で、申請書類を提出することが条件になります。