神を見せる方法を伝授している

人生において、どのような「生き様」を描くかは、その人の思考に大きく影響される。人は、何かを行ってみたいという熱い思い心の奥底にもって生まれてくる。はじめから、何もできない人で死ぬまで終わらしたいという考え方はない。

生き様がどのような軌跡を描くか、それは、あるヒントを目の前を通り過ぎたときに、アクションを起こすかどうかである。

まさに、この資金の話を聞いたときに、これは、人生を変えるチャンスになるのか、それとも、そんな話を聞いたところで、自分の人生の生き様、人生の軌跡の中には存在しない道であるのかということで、無視するのかは、その人の考えかたである。

今、世の中は、混沌とした時代に入っている。人は、どちらの方向に向かったらいいのか悩む。現在の社会におけるアクションを起こすために重要な要素は、資金である。資金がなければ、特に都市化された社会の中では生きていくことができない。

そんな中で、どうすれば、チャンスを掴むか、人は、常に何かを考えている。特に、大都会は、そんなチャンスを求めてやってきた人の集団ではないだろうか。

すなわち、日本の社会における大都市一極集中は、それだけ人生における経済的な成功を求めている人が多いことを意味している。

それを実現するには、どうすればいいのか?心に抱く、大志をどうすれば、実現すればいいのか?そのことを人は悩むものである。

やはり、その中で考えることは、企画、アイデアがあっても資金がなくて、実現できない現実にぶつかる。そうなったときに、人は、苦しむのである。人生の中で大きな大志を抱く大きさが、大きいほど、現実のギャップがあり、それで悩むのである。しかし、この問題をなんとかしたいというエネルギーが出てくるのか?もしくは、自分は駄目だということで諦めるのかは、その人の自由選択である。

なんとか、夢が叶えられない現実をどうすればいいのかを考えるときに、手段を探すのである。大志を持った人物は、それだけ大きな財源を求めて動き出す。そんなときに、出会うのは、この資金の話である。

しかし、夢を叶えられずに、苦しい人がこの話に出会うので、実際には、夢を追いかけるには、時間と金がかかる。そこで、多くの人は、脱落していくのである。

それが、この仕事の厳しい点である。また、導きをできなかった人は、デタラメの情報を流す人もいる。どこに真実が存在するのか?いくら目の前で教えていても気付かない人も多いのである。

すなわち、見えない資金を追いかけるは、難しいということになる。しかし、見えない資金とは、すなわち、現金として存在していない資金であるからである。

現物を見せることができれば、倉庫に1万円札が山積みしていて、この資金を差し上げますよと言えれば、簡単な話である。しかし、この資金は、どこにあるのか?それは、外国の運用会社のコンピューター(サーバー)上にあるデーターに過ぎないのである。それを見て、信じろということを教えるわけである。

それを行うには、よほど、その伝達者の信用がなければ、何もないものを信じさせることは不可能である。

そこで、人の人間力、魅力、そして、信用力を感じさせることができなければ、人にはその情報は伝わらないのである。

さまに、お金の世界の頂点は、プロビデンスの目といわれる天地創造の神で表されるのである。それは、お金は、神に代わって紙幣をもって世界を変えることができるということである。

すなわち、その神(紙幣)はどこに存在するのか?それは、原資は、コンピューター上のデーターである。それを現金化させるには、プロセスが必要である。

そのプロセスを理解した上で、それに則って、お金を発行することができる。

プロビデンスの目(天地創造の神)は、そのとき紙幣として、あなたの目の前に現れるのである。そのとき、あなたは、神(紙幣)を見たことになる。

さて、この意味がわかりますか?当ブログは、あなたに神(紙幣)を見せる方法を教えているのです。