東証一部、資本金100億円から150億円企業の代表者の場合、どんな企業が対象になるか?

東証一部で資本金100億円から150億円の企業代表者がこの資金を申請しようと思えば、どんな条件であるか?という質問が時々あります。

主催者からの回答は、資本金が小さい場合(資本金150億円以下東証一部)は、製造業・基幹産業であることが重要です。という回答です。よって、それ以外の業種で、資本金が100億円から150億円の場合は、申請されても通らないと思ってください。。資本金150億円以上で東証一部(必修)企業の代表者の場合は、業種は基本的には問わないということにしていますが、コンプラチェックで問題のある場合、過去に申請したが、面談にでてこなかったなどのトラブルのある経営者の場合は、主催者側から対象外とされる場合があります。

国のコンプラチェックもありますが、主催者側でも自らの基準を設けていますので、場合によっては、申請受付されない場合があります。

本案件を実際に代表者に話を詰める前に、事前に確認をすることをおすすめします。質問がある場合には、当研究所が調査して回答いたします。