地上の楽園を目指すには、それは、「送金」を実行すること

人は、極楽浄土に行きたいと昔から願っていた。そのために、どうすれば、その境地に行けるかを常に考えていた。悟りの世界とは、すなわち、悩みからの解消をどうすればいいのかを考えて、祈った。

その中で、悟りに近づくための祈りとして「南無阿弥陀仏」を唱えて、極楽浄土に行くことができるという教えを説いた宗教家がいた。

すなわち、悟りの世界は、宗教において非常に難しいものだと今まで考えられていたが、それを庶民の誰しも簡単に理解できる教えを説いたことで、大きく普及した。

すなわち、人は、常に心のなかに悩みを抱えている。特に、資本主義経済では、資金が不足するということは、大きな悩みになる。「お金さえあれば・・・」という悩みを多くの方が持っているのである。お金があっても、健康が・・・ということも有るが、大多数の人の悩みは、経済的理由により起こる。

さて、そこで、人類における地上の楽園、極楽浄土への道は、資金不足の解消ということを行うことは、どんな念仏を唱えるよりも確実に効果を生むことができる。

すなわち、人類の大いなる悩みは、お金が足らない という悩みからの解消である。すなわち、お金は、人がルールによって決めて作り出したものである。よって、そのルールを理解した上で、どんどんお金を流通させ、人類の貧困からの解消をすることができれば、どんな念仏を唱えるよりも効果的に地上の楽園への道がある。

すなわち、筆者が訴えたいことは、このブログを通じて、PPP運用における運用益の送金ビジネス「WIRE CASH Transfer」の案件は、すなわち、人の悩みを大きく解消するための作業であり、それが、将来的には、地上の楽園を作るためのプロセスになるのであると確信している。

当ブログは、この制度は、本来非常に複雑な国際金融制度でるが、如何にわかりやすく説明するかに力を入れている。究極に単純な答えを導くことで、それは、世の中に普及すると考えている。すなわち、「送金案件を実行することで世界は、お金がないという悩みから解消されて、地上の楽園になる。 それを行うのは、日本人の使命である。」