Receiverバンクが指定される理由は?

大企業の経営者に無償で提供れる資金の謎について説明しています。これは、PPP運用者(Sender)が、第三国にある指定の銀行口座に資金を送金する際に、第三者の口座(Receiver)を経由して送金する必要があると説明しました。

また、Receiverになる銀行を指定しているのは、Senderにとって対応が行いやすい銀行を指定するというのが、送金ビジネスでは通常行われています。

すなわち、送金者(Sender)としては、自ら対応できる銀行で資金をレシーブ(受ける)ことで、確実にSenderがReceiverに送金をして、72時間以内にSender指定の口座にSender バックできるからです。

確実に作業を実行し、確実に作業を完了させるためにこのような方法を用いています。なぜ、Receiverする銀行が指定されているのか?疑問に思う事があるかと思いますが、理由は、Senderから見て、Receiver bankを指定することで、72時間以内に確実に作業を完了するコントロールが可能になるということです。

全く知らないところに送金すれば、送金の作業を監視できないからという理由もあります。

いずれにしろ、これは、送金ビジネスであり、この制度を理解することで、効率よく資金調達ができます。