送金プロジェクトについて

本ブログでは、欧州の運用会社でPPP運用された資金を東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人

本ブログでは、欧州の運用会社でPPP運用された資金を東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人に資金提供する理由を説明しています。

すなわち、なぜ無償提供するかの理由を言えば、欧州の運用会社で運用しているPPP運用者から見えれば、運用益を自国に送金する際に、運用者自らの口座に直接送金できないルールが有るからです。よって、運用者は(sender)は、第三者の資金を受信者(Receiver)を探す必要があります。Receiverになれる方は、誰でもいいというわけではありません。日本では、「東証一部 資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人」でコンプラチェックなどで問題がない方がこの資金のReceiverになれるという条件があることで、sender側は、Receiverになれる方を募集しているのです。

これは、特殊な国際金融の話になりますが、このような国際ルールがあるから募集しているのであり、当然、sender側からの依頼案件であるので、Receiverには、コミッションが発生します。また、senderとReceiverをマッチングするコンサルタントにもコミッションが発生するというルールで海外ではこの案件は行われています。しかし、日本場合は、募集方法が補助金的な説明をするので、話の理解に苦しむのです。

確かに、この資金は、短期間(国際送金のルール上 72時間以内の処理)で、大きな収益をReceiverが得ることができます。すなわち、Receiverになれる条件を満たした方に、短時間で大きな収益になるビジネスを提案するというのが、本来の仕事だと思うのです。日本ではそのような話で募集しています。

すなわち、日本の場合は、Receiverになれる方の条件が非常に明確にわかるので、非常に探しやすいということが言えます。海外の場合ですと、誰が、その国の金融監督の政府組織や中央銀行から資金の移動許可、使用許可を出すことができるReceiverになれるか、明確な規定がない場合が多いのです。しかし、日本場合は、明確な対象者になれる条件が開示されています。

よって、Receiverになれる方は、先程も書きましたが「東証一部資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人」という日本の国が定めた基準があります。

この世界的に行われている送金プロジェクトに対して知らない方が多いことで、間違った意味で伝えられていることで、この制度に関する誤認識を生んでいます。筆者は、海外生活が15年以上で、海外の経営や政府関係者と話をする機会がありますが、結構多くの方が、この送金の話は理解しています。特に外国の政府の要人に近い方などは、独自の送金チームを作り、ビジネスを展開している方もいます。

日本でも本案件(送金ビジネス)が募集されていますので、当然、その送金プロジェクトを行っている組織があります。

しかし、ここにも混乱を招いている原因があります。

ここには、ごく少数の本物と大多数の偽物が存在するからです。これが一番の混乱を招くきっかけになっています。

しかし、この送金プロジェクトの本筋とつながり、Receiverになれる方にこの制度を理解して頂き、活用することで、日本経済にとっても、社会貢献という観点から、見ても大きな資金を動くことで貢献度が高い話になります。それをソリューションするのが、MSA総合研究所の仕事であると思っています。まさに、これは送金プロジェクトを実行するためのビジネスであります。

金提供する理由を説明しています。

すなわち、なぜ無償提供するかの理由を言えば、 欧州の運用会社で運用している PPP運用者から見えれば、運用益を自国に送金する際に、運用者自らの口座に直接送金できないルールが有るからです。よって、運用者は(sender)は、第三者の資金を受信者(Receiver)を探す必要があります。Receiverになれる方は、誰でもいいというわけではありません。日本では、「東証一部 資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人」でコンプラチェックなどで問題がない方がこの資金のReceiverになれるという条件があることで、sender側は、Receiverになれる方を募集しているのです。

これは、特殊な国際金融の話になりますが、このような国際ルールがあるから募集しているのであり、当然、sender側からの依頼案件であるので、Receiverには、コミッションが発生します。また、senderとReceiverをマッチングするコンサルタントにもコミッションが発生するというルールで海外ではこの案件は行われています。しかし、日本場合は、募集方法が補助金的な説明をするので、話の理解に苦しむのです。

確かに、この資金は、短期間(国際送金のルール上 72時間以内の処理)で、大きな収益をReceiverが得ることができます。すなわち、Receiverになれる条件を満たした方に、短時間で大きな収益になるビジネスを提案するというのが、本来の仕事だと思うのです。海外ではそのような話で募集しています。

すなわち、日本の場合は、Receiverになれる方の条件が非常に明確にわかるので、非常に探しやすいということが言えます。海外の場合ですと、誰が、その国の金融監督の政府組織や中央銀行から資金の移動許可、使用許可を出すことができるReceiverになれるか、明確な規定がない場合が多いのです。しかし、日本場合は、明確な対象者になれる条件が開示されています。

よって、Receiverになれる方は、先程も書きましたが「東証一部資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権者個人」という日本の国が定めた基準があります。

この世界的に行われている送金プロジェクトに対して知らない方が多いことで、間違った意味で伝えられていることで、この制度に関する誤認識を生んでいます。筆者は、海外生活が15年以上で、海外の経営や政府関係者と話をする機会がありますが、結構多くの方が、この送金の話は理解しています。特に外国の政府の要人に近い方などは、独自の送金チームを作り、ビジネスを展開している方もいます。

日本でも本案件(送金ビジネス)が募集されていますので、当然、その送金プロジェクトを行っている組織があります。

しかし、ここにも混乱を招いている原因があります。

ここには、ごく少数の本物と大多数の偽物が存在するからです。これが一番の混乱を招くきっかけになっています。

しかし、この送金プロジェクトの本筋とつながり、Receiverになれる方にこの制度を理解して頂き、活用することで、日本経済にとっても、社会貢献という観点から、見ても大きな資金を動くことで貢献度が高い話になります。それをソリューションするのが、MSA総合研究所の仕事であると思っています。まさに、これは送金プロジェクトを実行するためのビジネスであります。