表現の訂正

MSA協定における資金について説明していたので、MSA資金という表現を使っていましたが、現在では、「企業育成資金」という表現で統一するということでしたので、今後、本資金については、「企業育成資金」という名称で記載します。

償還制度と言われた時代に使われていたファンドと、現在の企業育成資金になってから使われているファンドマネーの出資元が違うということで、それぞれの時代で表現を変えています。

しかし、制度については同じです。10年以上前から本制度を行われていた方は、償還制度といい「30年の償還期間を設定していました。」しかし、現在では、運用方法は、1年以内の中期運用であるPPPにおける運用により、財源を回復することを行っています。

時代とともに制度が変わってきています。
当研究所では、最新の情報をなるべく伝えるべく研究をしています。また、資本主義経済の発展に寄与するための助言を行うことを目的にしています。